2006年04月03日

なにか裏がありそうな沖縄の「広告」

 怖ろしい広告.jpg
「ブリーダーから売れ筋の血統書付きの仔犬を買い取る」
というなら理解できますが、
「雑種犬(仔犬)を買い取る」
というのは、
『動物実験』の他に、
もう1つ考えられることがあります。

沖縄では、ヤギを食べますが、
ヤギ肉と仔犬の肉は似ているらしく、
1972年の復帰前には
「ヤギ鍋に犬肉を入れる」というのは、
特別珍しくなかった光景だったのです。

実際、中国や朝鮮では現在でも犬を食べますし、
宮古島でも赤犬を食べる人がいるようですから、
もしかしたら…。がく〜(落胆した顔)

沖縄では、復帰前は行政が犬を捕まえ、
一定期間後処分した犬の死体を、
ヤギ加工業者やヤギ肉料理店主がずいぶん持ち帰った、
という話を聞きました。

犬肉は、
豚の三枚肉のように、肉と脂が何層にもなっていて、
軟らかく美味しいので、
ヤギ肉料理店では、
犬の肉を混ぜていたところもあったそうです。

 大村昆.jpg

posted by RIUさん at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の哀れな犬の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

沖縄の哀れな犬の現状〜その10

6月27日 沖縄の哀れな犬の現状〜その1
6月28日 沖縄の哀れな犬の現状〜その2
6月29日 沖縄の哀れな犬の現状〜その3
6月30日 沖縄の哀れな犬の現状〜その4
7月 3日  沖縄の哀れな犬の現状〜その5
7月 4日  沖縄の哀れな犬の現状〜その6
7月10日 沖縄の哀れな犬の現状〜その7
7月12日 沖縄の哀れな犬の現状〜その8
7月14日 沖縄の哀れな犬の現状〜その9
7月18日 マナー啓蒙看板!
9月26日 今日26日まで「動物愛護週間」でした!

沖縄県は犬の人口比捕獲数は全国ワースト2

沖縄県庁福祉保健部は、2004年度の
県動物愛護センターと各保健所で捕獲・引取りがあった犬の
抑留数を公表しました。

2004年度は8,428頭と、
2003年度の9,056頭を下回りましたが、
2004年度の人口10万人当たりの全国都道府県での比較では、
捕獲数は437頭でワースト2でした。

狂犬病予防注射数(人口比)はベスト3でしたが、
沖縄県は依然として全国的にモラルの低いことが裏付けられました。


県内の犬の抑留数の推移
1999年度 1万3547頭
2000年度 1万2495頭 (前年比−1052頭)
2001年度 1万1208頭 (前年比−1287頭)
2002年度   9666頭 (前年比−1542頭)
2003年度   9056頭 (前年比− 610頭)
2004年度   8428頭 (前年比− 628頭)
抑留数は減少の一途ですが、これは全国的にも同様です。
県内でのピークは、1996年度の約1万8400頭です。

2004年度の8428頭の内訳
・ 捕獲数 5807頭
・ 引取数 2621頭


県内の殺処分
沖縄の哀れな犬の現状〜その5」に
自治体ワースト20ランキング(平成15年度)
を掲載していますが、その一部を抜粋します。
1. 茨城県  9,868頭
(毎日平均27.0頭が殺処分)
2. 千葉県  9,422頭
(毎日平均25.8頭が殺処分)
3. 沖縄県  7,956頭
(毎日平均21.8頭が殺処分)
と、沖縄県は殺処分数において、全国ワースト3でした。


人口10万人当たりでの全国との比較
・ 捕獲数
  徳島県に次いで全国ワースト2
・ 引取数
  全国ワースト5
・ 狂犬病予防注射数
  全国ベスト3
  市町村に登録している犬のデータなので、
  高率(=good)になっているだけの話です。

  市町村に犬を登録すると数千円の登録手数料を徴収されるので、
  多くの飼主は登録していないし、
  犬を登録すること自体認知されていない
のです。
  「失業率」がハローワークで失業保険の手続き申請をした人の
  データとして出されていて、
  ハローワークに行かない人を含めた実数と
  かけ離れているのと同様ですから、
  この「ベスト3」は全くアテになりません。
  登録していない犬は狂犬病予防注射をしませんから、
  その“実数”も含めると、ワーストひと桁のはずです。
  日本では1956年以降、狂犬病は発生していませんから、
  狂犬病予防注射をしていない犬が多いからと言って、
  特別目くじらを立てられないのは、そのせいなんです。
・ 殺処分数
  全国ワースト3


県福祉保健部薬務衛生課での考え方
・ 全国的にペットはより飼いやすいネコに移りつつある
・ 飼主のモラルは向上しつつある
・ 安易に犬を飼い、面倒見切れず捨てる事例が多い
・ 捕獲された犬の引き取りは2割程度

☆ 犬・猫の比率は全国的に6:4で犬のほうが多いです。
☆ 飼主のモラルは全く向上していません。
  担当課が仕事をしているという実績?を
  勝手に自己評価しているだけです。
  実際に近所での飼い方は全く進歩していません。
  八重山の保健所で抑留犬をホームページで公表しているのも、
  八重山では最近まで、多くの犬が放し飼いで飼われていたから、
  捕獲される犬が多い、
  つまり離島はよりモラルが低いと言えるのです。
  モラルが低い人たちに、どう知らしめるかが
  “モラル向上”の糸口なのですが、
  モラルが高い一部の人とモラルの低い多くの人のギャップは、
  むしろ広がるばかり
です。


沖縄県動物愛護センターを改築する計画(決定事項)で改築後の取組み
・ ペットのしつけ方や飼う場合の相談
・ トレーニングなどの普及啓発への取組み
・ ペットの適正飼育のための地域での取組み強化

☆ 老朽化にしても、県財政が悪化している中で、
  改築する必要性があるとは思えません。
☆ 捕獲・殺処分は民間委託して、
  愛護センターはその管理をしているだけです。
☆ 普及啓発活動も、内容がお粗末すぎます。
☆ 動物愛護センターへの5千万円近い予算は、異常に多すぎます。
☆ 人間並みに、犬・猫の登録制を
  検討するべき(無料で)ではないでしょうかexclamation&question
  南風原町では、登録するだけで3千円も徴収されるので、
  登録しない人が圧倒的に多い。当たり前ですよね。
☆ 現在の市町村での登録は、
  狂犬病予防注射の確認と捕獲された場合の飼主確認のためで、
  「鑑札」を首輪に付けていてもすぐに落ちてしまいます。
  そのため、ヤツ犬は散歩の首輪には「鑑札」を付けていません。

posted by RIUさん at 12:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 沖縄の哀れな犬の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

沖縄の哀れな犬の現状〜その9

沖縄県の動物愛護センターでの犬の収容期限は「5日間」です。

他の自治体は3日間が多いので、まだましな方かもしれませんが、
“命”の猶予期間が「放置自転車」の保管期間よりも短い(千葉市での放置自転車の保管期間は2ヶ月間)のは、おかしいと思いませんか?

飽きられたら捨てられ、捨てられたら“ゴミ”になるのでしょうか。

ゴミは場所を取らないように焼かれて「灰」になり、
事業用産業廃棄物として、業者が処分場で廃棄しています。

無駄に死ぬことを「犬死」と言いますが、
シャレでも何でもなく、殺処分はまさに「犬死」に他なりません。

ムダな繁殖=人間社会のモラルから外れたら「死」を意味する=残酷な殺処分
人間社会が中心的な考え方であることは重々承知の上で、
現状では「ムダな繁殖」を食い止めるしかないのでは?

人間が増えることで、生態系や環境を破壊し、
様々な動物を絶滅させたり、山の奥地に追い込んだりしています。

本土でも、サルや熊が里に下りてくるのは、
もともとの彼らの住処(すみか)を人間が奪い、
彼らをエサの少ない山の中に追いやったことが起因していますし、
沖縄でもハブの天敵とするために導入したマングースが、
今や異常繁殖して、希少種ヤンバルクイナを絶滅に追いやろうとしています。

殺処分数は「年々減少している」ものの、
ムダな繁殖が多すぎる以上、殺処分はなくなることはないでしょう。

沖縄県では、平成15年度の
「動物の保護管理行政に関わる予算規模(概算、人件費別)」
が、4,881万8千円で、担当部署は「もっと予算をよこせ」と叫んでいます。
この予算の1%の自治体も存在しているのに。

沖縄県での動物愛護センターの考えは
「啓蒙活動事業」
を県民にアピールしようとしているようですが、
私は『不妊・去勢手術の補助金・助成金』の割合を大幅に増やすことから手をつけるべきだと提案したい。

“モラルの向上”も大事ですが、
沖縄県は、都道府県の中でも、そのレベルが特に低いのですから、
「啓蒙活動事業」に大金をかけても、効果性は薄く、
担当部署が一生懸命仕事をやっているフリのポーズに
貴重な税金が使われてしまうのは、それこそ“ムダ”というべきでしょうexclamation

動物の愛護及び管理に関する法律

第5章 罰則
第27条 愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、
     1年以下の懲役、又は100万円以下の罰金に処する。
   (3) 愛護動物を遺棄した者は、30万円以下の罰金に処する。

がありますが、ご存知でしたか?
この法律って、警察が担当しているのでしょうか?
実効性が全くない「ザル法」ですよね。

また、
「犬のフンを放置したら罰金3万円」という条例がある自治体も
全国にいくつかあります。

2004年4月山口市で実施したのを最初?に、
同年7月栃木県足利市、栃木県今市市でも同様に実施されたようです。

それでは、ついでに沖縄県もやりますかexclamation&question

でも、強制力はあるのでしょうかexclamation&question
どこの部署が担当し、誰が違反を突き付け、罰金を払わなかった場合の罰則はあるのでしょうかexclamation&question
財産や家屋敷を差し押さえるほどの拘束力があるとも思えませんよねexclamation

そう考えると、この条例も現実的には難しく「有名無実」ですが、
それでも最低限度「モラル向上の警鐘」にはなるかもしれませんね。

沖縄県もやりますかexclamation&question

シンガポールでは、ご存知のように「美化」に力を入れています。
オーチャード大通りはさすがに綺麗で、まずゴミがおちていませんよね。

町やバスの中、地下鉄には「FINE(罰金))」と書かれたマークがあり、
ゴミを捨てたら S$1,000(=約6万6千円)
バスでタバコを吸っても S$1,000(=約6万6千円)
と書いてあります。

でも、1歩奥に入りますと、
アパートの部屋から、ニョキニョキと物干し竿が窓から飛び出していて、
洗濯物が干されている光景をご覧になった方も多いはずです。

そのあたりは、華僑が多いですよね。
けっこうゴミが散乱していますよね。

要するに、観光客の見えるところだけは徹底して取り締まっているだけなんですよ。

話は横道にそれましたが、
私は沖縄県は動物飼育モラルの向上よりも、
『不妊・去勢手術の補助金・助成金』の大幅増額で、
まず「むだな繁殖を食い止めてほしい」
と切に願ってやみませんexclamation
posted by RIUさん at 17:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 沖縄の哀れな犬の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

沖縄の哀れな犬の現状〜その8

平成15年度の犬の殺処分方法について
一般に、二酸化炭素ガスによる殺処分という方法が知られていますよね。
まだ、大半はこの方法が取られていることは事実ですが、
実際には「麻酔薬投与+筋弛緩剤の静脈注射」による殺処分が増加傾向にあります。

平成15年度に「麻酔薬投与+筋弛緩剤の静脈注射」による殺処分を行った自治体
北海道
小樽市
旭川市
青森県
岩手県
秋田市
埼玉県
千葉市
船橋市
東京都
横浜市
川崎市
新潟県
新潟市
福井県
長野市
愛知県
京都市
堺市
兵庫県
広島市
下関市
福岡市

あれっ、沖縄県がないよexclamation
ここに書かれていない自治体は、
いまだに「アウシュビッツ」を敢行しているのですexclamation
だから、沖縄県も当然「ガス」exclamation

かつて、犬猫の殺処分数が100万匹を超えていた当時は、
その絶対数が多すぎて、その処分と、併せて限られたコストを考えると
「炭酸ガスによる殺処分」も止むを得なかったかと思います。

近年は、ガス室自体の老朽化と、殺処分数の減少(平成15年度は約44万匹)、ガス室改築予算が取りにくい(新設で1000万円以上exclamationなどで、より低コストの注射による方法に移行しつつあるようです。

一部の自治体は、弛緩剤だけの投与による殺処分を敢行していますが、
実はこれも残酷な方法なのです。

アメリカ獣医師会では、
「筋弛緩剤の単独使用は安楽死法としては認められない」
としています。

筋弛緩剤の投与によって、骨格筋が弛緩しますので、
痛みを加えても、痛みを回避しようとしてもがいたり、鳴いたりすることができません。
あたかも痛みを感じていないように見えます。

アメリカでの
「イヌに筋弛緩剤を単独投与して心電図と脳電図を調べた実験」では、
脳電図は覚醒状態を示していた、
即ち、痛みを加えても、痛みを表現することなく、頭の中では激痛に苦しんでいる
ということが分かりました。

安楽死の第一条件は、痛みを伴わないことであって、
痛みを感じていないように見えることではありませんexclamation

先に麻酔薬を投与するか、
または筋弛緩剤を注射後、麻酔薬の投与などで致死させてほしい
と思います。
経済的理由から、「筋弛緩剤だけによる殺処分」というのは
断じて許される行為ではありません。

筋弛緩剤とは文字どおり、骨格筋を弛緩させる、
すなわち、筋肉をゆるませる薬のことです。

骨格筋を弛緩させますから、
用量を間違えれば呼吸筋(横隔膜筋など)が動かなくなり、
呼吸が止まり、結果的に心臓が止まり、動物は死んでしまいます。
この量を致死量と言いますよね。

動物を殺すこと自体は法律で認められています。
ただし
「動物を殺さなければならない場合には、できる限りその動物に苦痛を与えない方法によってしなければならない」
(動物の愛護及び管理に関する法律、平成11年、法第221号)
と定められているのです。
いわゆる安楽死です。

時の村山内閣総理大臣は、
「処分動物の処分方法は、化学的又は物理的方法により、できる限り処分動物に苦痛を与えない方法を用いて当該動物を意識の喪失状態にし、心機能又は肺機能を非可逆的に停止させる方法によるほか、社会的に容認されている通常の方法によること。
(動物の処分方法に関する指針、平成7年、総理府告示第40号)」
と言っていました、随分前ですが。

実験動物の場合は
「実験等を終了し、または中断した実験動物を処分するときは、速やかに致死量以上の麻酔薬の投与、または頚椎脱臼等によって、実験動物にできる限り苦痛を与えないようにすること」(実験動物の飼養及び保管等に関する基準、昭和48年、総理府告示)
と定められています。

炭酸ガスから注射による殺処分に移行している傾向にあるなか、
ある自治体は、パチンコ屋の新装開店のように、施設全面改築をしようとしています。
パチンコ屋は、全面改築ではなく、
機械を含めた内装だけを新しくしたのが「新装」なのですが、
この自治体は全面改築なのです。
2年後に財政破綻が囁かれている、沖縄県です。がく〜(落胆した顔)
どういう理由で、どっから予算を引っ張るつもりなのexclamation&question

全面改築がいかに必要か、その正当性を訴える立派なお話も近く聞けることでしょう。もうやだ〜(悲しい顔)

話は変わりますが、
「悪書追放」の白ポストは、
青少年の教育によろしくない書籍・雑誌・ビデオなどはここに入れろexclamation
という設備で、よく駅とかで見かけますよね。
ゴミを入れる人は見るけど、本を入れる人はめったに見ない。
「あいつはHな本を見たヤツだ」「あいつは変態だ」と認定されるからですよねexclamation

これと、同じ感覚で作られたものに、“不要犬ポスト”というのがあるらしいです。

不要になった犬をそのポストに入れておくというもので、大型犬はそのポストにつないでおくらしいです。
そして、業者が“回収”にやって来る、ということです。

実際に宮崎県にもあったのですが、
動物愛護団体による猛烈な抗議と、九州サミットでの評判を考えて、
あわてて廃止し、それと引き換えにペットの「里親探し」をすることに至ったようです。

北海道では、帯広市が平成5年に、不要犬ポストは全廃したのですが、
道内には未だにそのポストは存在しているらしいですよexclamation&question

posted by RIUさん at 14:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 沖縄の哀れな犬の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

沖縄の哀れな犬の現状〜その7

平成15年度の殺処分数における「成犬」と「仔犬」の割合

徳島県「成犬3,197頭48.8%)  
   「仔犬3,354頭51.2%
    合計 6,551頭
福岡県「成犬4,873頭73.5%)  
   「仔犬1,753頭26.5%
     合計6,626頭
宮崎県「成犬2,687頭66.1%)  
   「仔犬1,380頭33.9%
     合計4,067頭

沖縄県や千葉県、広島県などのように、
殺処分を民間委託しているため、
その具体的詳細内容の把握ができていない自治体も多く、
「成犬」と「仔犬」の割合は正確とは言えませんが、
統計の出ている数字だけをまとめると、次のようになります。

平成15年度の『飼い主からセンターへの持込み』の
「成犬」と「仔犬」の割合
成犬」  54%
仔犬」  46%
飼い主の不妊・去勢手術に対する「モラル」の考え方が
もう少し浸透すれば、悲劇は少なくなるのですが…

自治体や市町村でも、
不妊・去勢手術に対する補助金・助成金の支給額を上げてほしい
と思います。

平成15年度の『犬の捕獲』での「成犬」と「仔犬」の割合
成犬」  76%
仔犬」  24%

平成15年度の『犬の殺処分』における「成犬」と「仔犬」の割合
成犬」  67%
仔犬」  33%
「仔犬」を里子として譲渡する自治体が多いため、
殺処分は「成犬」が多くなってしまうのです。
譲渡される犬のうち、7割以上が「仔犬」と言われています。

平成15年度の『飼い主への返還』における「成犬」と「仔犬」の割合
「処分」  84%
「返還」  16%

過去のシリーズは、カテゴリ『沖縄の哀れな犬の現状』にありますので、
ご興味のある方は、ご覧下さい。

7月 4日 沖縄の哀れな犬の現状〜その6捕獲した犬を【動物実験】に回している
全自治体ワーストランキング(平成15年度)

7月 3日 沖縄の哀れな犬の現状〜その5
犬の【殺処分】数、自治体ワースト20ランキング(平成15年度)

6月30日 沖縄の哀れな犬の現状〜その4
平成15年度の全国の犬猫「殺処分数」Part2

6月29日 沖縄の哀れな犬の現状〜その3
平成15年度の全国の犬猫「殺処分数」

6月28日 沖縄の哀れな犬の現状〜その2
平成15年度の「動物の保護管理行政に関わる予算規模(概算、人件費別)」

6月27日 沖縄の哀れな犬の現状〜その1
平成15年度の沖縄県における犬殺処分の現状について
posted by RIUさん at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の哀れな犬の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

沖縄の哀れな犬の現状〜その6

捕獲した犬を【動物実験】に回している全自治体ワーストランキング(平成15年度)
1.群馬県  191頭
2.青森県  139頭仔犬5頭、成犬134頭
3.鳥取県  108頭
4.鹿児島県  63頭
5.岡山市   59頭
6.熊本県   41頭
7.北海道   11頭
7.福岡県   11頭成犬11頭

炭酸ガスで窒息死させることも悲惨ですが、
さらに生き地獄の中で、苦しさを増幅させて死に至らしめる行為は
「残酷」としか言えませんね。もうやだ〜(悲しい顔)

どんな副作用がどれくらいの期間で、どういう具合で出るのかを調べたり、
解剖したりするのでしょうかexclamation&question

「実験」と「拷問」とは違うのですが、いたたまれない気持ちです。もうやだ〜(悲しい顔)

実験払い下げは近年激減傾向にある
・ 過去20年間、連続減少傾向にありますが、近年は激減傾向にあります。
・ 平成14年度は、犬1,579頭平成15年度は上記の犬623頭です。

平成14年度に「実験払い下げを廃止」した自治体
1.旭川市
2.青森県
3.岩手県
4.栃木県
5.群馬県
6.新潟県
7.岡山県
8.福岡市
9.長崎市

「実験払い下げを廃止」検討中の自治体1.仙台市
2.岡山市
3.鳥取県
4.熊本県
5.熊本市
6.鹿児島市
このうち、仙台市と熊本市は実質払い下げが既にゼロになっています。

平成16年度に「「実験払い下げ」をしている自治体は以下の4つ
1.北海道(旭川医大)
2.鳥取県(鳥取大学)
3.岡山市(岡山大学)
4.熊本県(熊本大学)
このうち、
北海道を除く3県は、今年度か来年度中には廃止の予定があり、
残るは北海道の一部の自治体だけ

になります。

1980年代のピーク時には、
「年間10万頭以上」と言われた「動物実験払い下げ」は、
行政からの払い下げにおいては、ついに全国的に終息することになりそうです。
(行政の「動物実験払い下げ」がSTOPしても、
ペット業者や里子詐欺からの払い下げは、なくならないと思います)

ちなみに、沖縄県では、
1997年度に「実験動物払い下げ制度」は廃止になっていますexclamationわーい(嬉しい顔)


posted by RIUさん at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の哀れな犬の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

沖縄の哀れな犬の現状〜その5

犬の【殺処分】数、自治体ワースト20ランキング(平成15年度)
1. 茨城県  9,868頭
(毎日平均27.0頭
2. 千葉県  9,422頭
(毎日平均25.8頭
3. 沖縄県  7,956頭
(毎日平均21.8頭
4. 福岡県  6,626頭
(毎日平均18.2頭
5. 熊本県  6,565頭
(毎日平均18.0頭
6. 徳島県  6,551頭
(毎日平均17.9頭
7. 鹿児島県 5,571頭
(毎日平均15.3頭
8. 香川県  4,806頭
(毎日平均13.2頭
9. 栃木県  4,264頭
(毎日平均11.7頭
10.長崎県  4,147頭
(毎日平均11.4頭
11.宮崎県  4,067頭
(毎日平均11.1頭
12.愛媛県  4,026頭
(毎日平均11.0頭
13.山口県  4,005頭
(毎日平均11.0頭
14.埼玉県  3,962頭
(毎日平均10.9頭
15.兵庫県  3,800頭
(毎日平均10.4頭
16.広島県  3,766頭
(毎日平均10.3頭
17.北海道  3,668頭
(毎日平均10.0頭
18.群馬県  3,523頭
(毎日平均9.7頭
19.佐賀県  3,122頭
(毎日平均8.6頭
19.大分県  3,122頭
(毎日平均8.6頭

にしても、沖縄県はひどいですね。もうやだ〜(悲しい顔)
登場してほしくない場面で、必ずシャシャリ出てくる“ヤな奴”。

沖縄は、ホントに犬の1人散歩、放し飼いが後を絶たず、
フンタの後始末をしない人も多い。むかっ(怒り)
ヤギを食べて、泡盛飲んで、紫外線浴びて、おかしくなってしまったのでしょうかexclamation&question

行政も、「動物の保護管理」に関して、多額の予算を使いすぎだexclamation
6月22日の、
平成15年度の「動物の保護管理行政に関わる予算規模(概算、人件費別)」
をご覧下さい。
沖縄県の予算は「4,881万8千円」でした。


実際の「捕獲」「収容」「殺処分」は民間業者に委託しておきながら、
一連のモラルの低い県民性のレベルアップを図るために、
さらなる予算の積み上げを要求しています。ちっ(怒った顔)

「限られた金額の範囲内で、
最大限効果的に出来るようにするにはどうしたら良いか、
どういう方法があるのか?」
からスタートしなければいけませんよね。

「さらなるレベルアップを図るなら、もっと予算をよこせ」式の、
今までの「予算のぶん取り合い」という前時代的発想(=レベルの低い木っ端役人的発想)
しかできないことが情けないし腹立たしい。ちっ(怒った顔)

少なくとも、今日現在まで、県内において、
犬猫ペットのモラル向上に関する運動ポスターや
行政の活動を目にした記憶がありません。

民間では、ボランティアでやられている方々をお見受けしますが。

私が、「3分経ったら忘れる、即席ラーメン型アルツハイマー」だから
記憶にないのでしょうかexclamation&question

posted by RIUさん at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の哀れな犬の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

沖縄の哀れな犬の現状〜その4

050630看板.jpg

平成15年度の全国の犬猫「殺処分数」Part2

全国犬猫処分数が“1万匹”以上の都道府県別ランキング
1. 千葉県  2万3328匹
2. 福岡県  2万3700匹
3. 愛知県  2万1069匹
4. 長崎県  1万7835匹
5. 茨城県  1万6853匹
6. 兵庫県  1万6848匹
7. 広島県  1万5612匹
8. 大阪府  1万5300匹
9. 沖縄県  1万3456匹
10.静岡県  1万3303匹
11.北海道  1万1932匹
12.東京都  1万1899匹
13.神奈川県 1万1058匹
14.熊本県  1万1007匹
15.埼玉県  1万 567匹
16.宮城県  1万 316匹
17.徳島県  1万 243匹

全国で、犬猫処分数が年間“1万匹”を超える地域は、
17」にも及びましたが、
平成12年度には「28」、
平成13年度には「23」、
平成14年度では「18」、
平成15年度には「17」と、
減少傾向にはあります。

このうち、Best6は、毎年同じ顔ぶれです。
表彰ものですねexclamation

各都道府県は、人口がまちまちですから、
ついでに「人口1万人あたりの犬猫殺処分数」で、比較しちゃいしょうexclamation×2

人口1万人あたりの犬猫殺処分数、ワースト20ランキング(平成15年度)
1. 徳島県  犬80.3頭  猫45.2匹
   合計125.5匹
2. 長崎県  犬33.2頭  猫86.1匹
   合計119.3匹
3. 島根県  犬36.6頭  猫79.7匹
   合計116.3匹
4. 高知県  犬35.6頭  猫74.9匹
   合計110.5匹
5. 沖縄県  犬58.8頭  猫40.7匹
   合計99.5匹
6. 香川県  犬56.2頭  猫28.4匹
   合計84.6匹
7. 佐賀県  犬35.9頭  猫36.8匹
   合計72.7匹
8. 宮崎県  犬38.5頭  猫33.8匹
   合計72.3匹
9. 鳥取県  犬20.9頭  猫50.1匹
   合計71.0匹
10.山口県  犬30.1頭  猫35.2匹
   合計65.3匹
11.熊本県  犬37.0頭  猫22.5匹
   合計59.5匹
12.愛媛県  犬31.2頭  猫25.6匹
   合計56.8匹
13.茨城県  犬33.0頭  猫23.3匹
   合計56.3匹
14.和歌山県 犬17.9頭  猫36.9匹
   合計54.8匹
15.広島県  犬19.4頭  猫34.9匹
   合計54.3匹
16.鹿児島県 犬33.8頭  猫18.3匹
   合計52,1匹
17.大分県  犬29.8頭  猫20.5匹
   合計50.3匹
18.山梨県  犬18.4頭  猫31.0匹
   合計49.4匹
19.福岡県  犬18.0頭  猫26.9匹
   合計44.9匹
20.宮城県  犬10.0頭  猫33.5匹
   合計43.5匹

沖縄県は、上位安泰です。
これが、甲子園球場の高校野球なら良かったのですがもうやだ〜(悲しい顔)

千葉県が入りませんでしたねexclamation
人口が多かったからでしょうかexclamation&question

ワースト20の地域を、さらに「地方」でまとめると、どうなるかexclamation&question
茨城県、和歌山県、山梨県、宮城県以外は、
全て、3つの「地方」に収まりましたexclamation×2

「四国」   全4県
「九州・沖縄」全8県
「中国」   岡山県以外の4県

日本の「地方」って、南に行くほど、「痴呆」exclamation&questionもうやだ〜(悲しい顔)
posted by RIUさん at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の哀れな犬の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

沖縄の哀れな犬の現状〜その3

平成15年度の全国の犬猫「殺処分数」

犬  16万4209
猫  27万5628
合計 43万9837匹となっています。

この数字は、あくまで行政側の数字だけで、
ペット関連業者、繁殖業者が自らの手で行われる処分は含まれていませんので、
「最低数字」として、捉えておきましょう。

繁殖業者らの殺処分や実験動物に回される実態は、
暗闇に閉ざされ、極秘のうちに行われている以上、その把握は困難ですから。

この4年前の、平成11年度以降との比較では、
平成11年度  犬 28万 819頭  猫  27万4463匹  
合計55万5282匹
平成12年度  犬 24万9274頭  猫  27万8015匹  
合計52万7289匹
平成13年度  犬 21万3019頭  猫  28万3305匹  
合計49万6324匹
平成14年度  犬 18万1858頭  猫  27万2260匹  
合計45万4118匹
平成15年度  犬 16万4209頭  猫  27万5628匹  
合計43万9837匹

飼い主の意識の向上や行政の努力などで、「殺処分数」は減少傾向にあるようです。

猫の殺処分の数字は、ほとんど毎年変わらない状況になっています。

猫は、犬に比べて安易に「飼育」され、
安易に「放棄」されていることが考えられます。

私が、昨年まで住んでいた住宅街も、『ネコ捨てタウン』で、
野生の野良猫が、ネズミ算式に増殖していました。

家内が、「可哀そうだ」と餌付けしたノラ猫が住み着いてしまい、
やむなく6匹の猫の不妊・去勢手術をするはめになりました。

飼い猫ではなく、「ノラ猫」なので、割引交渉を動物病院にしたところ、
最終的に1匹1万円で応じてもらえましたが、
素人同然のインターン獣医師による実験台になり、縫合箇所も、ひどいものでした。

「ノラ猫」でも、餌付けをすると、人になつき、捕まえられるので、
安価で不妊・去勢手術ができるような、
より一層の補助金・助成金制度の拡充が望まれます。


下記サイトは、哀れな、悲惨な「殺処分」の記事が詳しく出ていますので、
ご興味があれば、お時間のあるときにご覧下さい。
    地球生物会議 ALIVE
    ペットの里親詐欺 
    里子に出す前に    
    探偵ファイル ペットブームの陰に 1回目
    探偵ファイル ペットブームの陰に 2回目
    探偵ファイル ペットブームの陰に 3回目
    探偵ファイル ペットブームの陰に 4回目



posted by RIUさん at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の哀れな犬の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

沖縄の哀れな犬の現状〜その2

050627ペット供養寺.jpg

平成15年度の「動物の保護管理行政に関わる予算規模(概算、人件費別)」

沖縄県では、4,881万8千円の予算でした。
主要な内訳は、
   ・ 施設管理費 3,748万4千円
   ・ 啓発事業費 1,134万4千円
です。

施設管理費に3,748万円余も要るのでしょうかexclamation&question

平成15年度の予算に対し、なんと
   ・ 担当人員の不足
   ・ 希望予算6,000万円
を打ち出しているのです。

平成19年には、沖縄県の財政が破綻するかもexclamation&questionという、このご時勢に。
なんと「ノー天気」な考え方でしょうか?

啓発事業費だって、月に100万円くらい使っているわりには、
こういう運動が、県民にはほとんど知らされていません。
ポスターだって、どこに貼ってあるの?
その金は、どこに流れてるの?

沖縄県の人口は136万人ですが、
人口に対して、4,881万円余が高いのか安いのか?
という検証に入る前に、
多府県との比較をしてみましょう。

まず、沖縄県よりムダ使いをしているランキング上位から、
「1億円」以上の大判振舞いの県は以下の4県、
1. 兵庫県 1億6,000万円
      ・ 「予算・人員とも充足」当たり前だっexclamation×2ちっ(怒った顔)
      ・ 犬・猫の「輸送」だけを外部委託している。
2. 山口県 1億3,755万円
      ・ 「もっと、啓発事業を充実させる必要がる」何だってぇexclamation&questionちっ(怒った顔)
      ・ 「輸送」「保管」「殺処分」の全てを外部委託している。
3. 滋賀県 1億2,632万円      
      ・ 「予算充足も人員不十分」どうしてっexclamation&questionちっ(怒った顔)
      ・ 犬・猫の「輸送」だけを外部委託している。
4. 大阪府 1億  780万円
      ・ 「予算・人員とも不十分」何したいのexclamation&questionちっ(怒った顔)
      ・ 猫の「輸送」だけを委託している。

犬・猫にそれだけの予算を回せる余裕があるなんて、すばらしいですねexclamation
福祉も充実し、人が住みやすい、活力のある県なのでしょうねexclamation&question

次は「1億円未満」の上位から、
5. 神奈川県 9,700万円
      ・ 「予算・人員とも不十分」
6. 福岡市  9,240万円
      ・ 「予算・人員とも不十分」
7. 千葉県  9,017万円
      ・ 「予算・人員とも不十分」
8. 愛知県  8,900万円
      ・ 「予算・人員とも不十分」
9. 仙台市  8,667万円
      ・ 「予算・人員とも不十分」
10.広島県  8,032万円
      ・ 「県財政全般が苦しい、人員充足」
11.札幌市  8,000万円
12.和歌山県 6,930万円
      ・ 「予算不十分7,900万円に増額希望、人員不十分」
13.名古屋市 6,550万円
      ・ 「予算・人員とも充足」
14.栃木市  6,417万円
15.大阪市  6,111万円
      ・ 「予算・人員とも不十分」
16.愛媛県  6,060万円
      ・ 「予算充足、人員が不十分」
17.岡山県  5,862万円
      ・ 「予算・人員とも充足」
18.さいたま市5,746万円
      ・ 「予算充足・人員が不十分」
19.千葉市  5,223万円
      ・ 「予算・人員とも充足」
20・長野県  5,008万円
      ・ 「予算は減額傾向にあるが、人員も不足」
21.沖縄県  4,881万8千円

次に、動物の保護管理行政に、金をかけない自治体ランキングの上位から、
1. 姫路市  40万円  
      ・ 「予算・人員とも不十分」
2. 旭川市  70万円
      ・ 「予算・人員とも不十分」
3・ 松山市  74万円
      ・ 「予算・人員とも充足」
4. 長野市  92万円
      ・ 「予算・人員とも充足」
5. 川越市 121万円
      ・ 「予算・人員とも不十分」
6. 大分市 230万円
      ・ 「予算・人員とも充足」
7. 富山市 359万円
      ・ 「予算・人員とも不十分」
8. 新潟市 389万円
      ・ 「予算充足・人員が不十分」
9. 郡山市 528万円
      ・ 「予算充足・人員が不十分」
10.熊本市 628万円
      ・ 「予算・人員とも不十分」
11.船橋市 770万円

自治体によって、いろいろな予算が入り組んでいるので、
一概に「比較」は難しいところはありますが、
人件費を別にして、
動物の保護管理行政に関わる「施設管理費」「啓発事業費」「保護費」「捕獲費」の合計金額なので、
参考にして良いと思います。 

沖縄県では、
「輸送」「保管」「殺処分」を外部委託しています。

外部の業者が、
毎日収容期限を満了した犬・猫の区別なく、
「ガス室」で殺処分をしています。

愛護センター職員は、自ら直接「手」を汚すことはありませんが、
皆さん「気持ちが良い仕事」だとは思っていませんし、
「モラルの向上」を心の底から望んでいる人たちだと思いますが、
愛護センターは、老朽化した施設を「全面改装」する計画があり、
そのあたりの「役人根性」を“全面改装”してほしいです。
パチンコ屋じゃないんですからexclamation

どこの自治体や市町村も、小泉首相の三位一体改革で、
財政悪化が懸念されています。

金は「生きた使い方」をして欲しいと、願っています。

 

posted by RIUさん at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の哀れな犬の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

沖縄の哀れな犬の現状〜その1

050627愛護センター.jpg

平成15年度の沖縄県における犬殺処分の現状について


・ 飼い主自ら、愛護センターへ犬を処分するために連れてきたケース 2,940頭
  茨城県、香川県、千葉県、広島県、福岡県に次いで全国6位exclamationもうやだ〜(悲しい顔)

・ 愛護センター側が、放浪犬を「捕獲」したケース  6,116頭
  堂々全国1位exclamation×2もうやだ〜(悲しい顔)

・ 飼い主から問い合わせがあり、無事飼い主に返還されたケース  677頭
  東京都、北海道に次いで全国3位exclamation×2わーい(嬉しい顔)揺れるハート

・ 愛護センターから里親に犬を譲渡したケース  423頭  
  愛知県、北海道、群馬県、東京都、岐阜県、長野県に次いで全国7位exclamationわーい(嬉しい顔)揺れるハート

・ 【殺処分】  7,956頭
  茨城県9868頭、千葉県9422頭に次いで、堂々3位exclamation×2もうやだ〜(悲しい顔)

・ 交通事故などでの負傷で、愛護センターに収容されたケース  123頭
  福岡県、茨城県に次いで、全国3位exclamationもうやだ〜(悲しい顔)

・ 負傷収容のうち、飼い主に無事返還されたケース  9頭exclamationわーい(嬉しい顔)
  岡山県、福岡県、東京都、神奈川県、茨城県、愛知県、山梨県に次いで、
  長野県、宮崎県と並び全国8位タイ。

・ 咬症による現行犯、または通報による捕獲、収容したケース  61頭
  堂々日本一exclamation×2もうやだ〜(悲しい顔)

沖縄県動物愛護センターは、沖縄県庁福祉保健部の管轄になっていて、
愛護センターでは、犬の「捕獲」「殺処分」「灰の処分」は、
民間業者に委託しています。

愛護センターのホームページの中に、
迷子になった犬・猫の収容状況
がエクセルで見れるようになっていますので、
是非、ご覧下さい。

沖縄県での収容期限は、「5日間」です。

「収容した月日」、「収容期限」、「収容場所」、「犬の種類」、
「性別」、「推定年齢」、「体格(大・中・小)」、「毛色」、「首輪の有無」
が記載されています。

犬の種類では、「雑種」が中心ですが、
「シェパード」、「ゴールデン・レトリーバー」、「シェルティー」、
「ビーグル」、「マルチーズ」、「ポメラニアン」、「シーズー」、
「チワワ」、「ダックスフンド」
などもいますね。

愛護センターでの里親譲渡は、
仔犬(生後2ヶ月くらい)に限定されています。

「成犬は、ここにきた時点で、人間不信になっている」
「仔犬と違って、成犬は、なつかきにくい」
「なつかないという理由で、また捨てる飼い主が過去多数いた」

というのが、その理由です。

エクセルの表に載っている、ほとんどの犬は、
収容期限の度に、炭酸ガスで殺されています。

沖縄県だけでも、毎日20頭以上の犬が、
「殺処分」
されているのです。





posted by RIUさん at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の哀れな犬の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。