2006年08月04日

畠山鈴香のその後のウワサ

3日前の8月1日の夜に、
秋田県警捜査本部は、
彩香ちゃんを突き落として殺害したとされる
藤里町の大沢橋などの現場検証に鈴香を立ち合わせて、
鈴香の自宅から大沢橋までの約3.5キロの経路や、
大沢橋での彩香さんを乗せたとされる欄干の位置などを確認し、
検証しようとしていますが、
彩香ちゃんの遺体の損傷具合から考えると、
本当に大沢橋から突き落としたのかどうかも、なお疑わしく、
またまた供述が変わるのかもしれません。

物証が割合い多い米山豪憲ちゃん殺害事件と違って、
彩香ちゃん事件は鈴香の自白だけが頼りですから、
公判で犯行の立証は、かなり難しそうです。

鈴香は、流されながらも自分に都合よく、
場当たり的に生きてきたのですから、
“動機”自体、鈴香自身でも分からないのだと思います。

警察が誘導尋問的にシナリオを創り上げて、
「こうだっただろexclamation&questionこうしたんだろexclamation&question
と言われて、鈴香も、
「そうだったかもしれないな」
と返事をすることで、
二転三転してしまうのだと思います。

そんな鈴香が公判で供述をくつがえしたり、
また犯行そのものを否認でもしたら、
死刑にはならない可能性は相当高く、
場合によっては公判中に再・精神鑑定の必要も
出てくるかもしれません。

鈴香?.jpg
  鈴香exclamation&question

週刊朝日の8月11日号に、
“臨海点の秋田県警不信 
  鈴香容疑者と警察官の「不適切な関係」”

という特集が掲載されています。

この記事は読んでいないのですが、
「鈴香の売春顧客リスト56人の中に
 秋田県警能代署署員の名前があった」

というウワサのことだと思います。

長野の放火魔「くまぇり」は、
携帯電話の履歴に57人の男があったそうですから、
鈴香の56人は「くまぇり」には負けていますが。

岩手県洋野町の母娘殺害事件で、
岩手県警久慈署捜査本部が、
記者会見で言葉を選び選び慎重に最小限度しか話さないのは、
「秋田県警の初動捜査にミスがあったのではないかexclamation&question
という批判を、相当意識しているようにも思えますが、
ウワサは、このニュアンスとは少し違うのです。

彩香ちゃんの事故・事件の両面捜査をしているときに、
能代署の女性警察官が
『(彩香ちゃんの件は)事故にしておいた方が、
 あなたにとって都合が良いでしょ』

と鈴香に語ったのは有名な話です。

これは、鈴香が言ったものですから、
デタラメとも取れますが、
秋田県警からは否定する発表がされていませんから、
事実なはずです。


鈴香は、能代市内の居酒屋の常連でしたが、
ここで酔っ払い客を誘惑していました、
要するに客引き=売春です。

鈴香SPコースは、
“2万円ポッキリのニコニコ現金前払い”
という支払い条件でした。

ここの客は、人類皆兄弟のようですが、
「この兄弟の中に能代署の署員もいた」
というウワサがあるのです。

豪憲ちゃん殺害事件後、
この居酒屋には、能代署員が鈴香の写真を見せて、
聞き込みに行っていましたね。

「何で、居酒屋が関係あるんだexclamation&question
と、疑問に思った方も多かったと思います。

彩香ちゃんの死亡が、
「もし殺人事件になって、鈴香が事件に関与していた」
となると、
“居酒屋売春”にも捜査上踏み込む必要があり、
秋田県警としてみれば、
「事故で処理しときゃいいよ、どうせ自分の子なんだから」
というので、
あんなことを言ってしまったんですね。

鈴香は取調べの中で
「居酒屋売春の常連客である能代署署員の名前を絶唱し、
 連呼していた」

という話が出ていますから、
鈴香のお客さんは、以外とお偉いさんかもしれませんね。

鈴香??.jpg
  鈴香exclamation&question

女性自身の8月8日号には、
「鈴香は彩香ちゃん殺害直前に謎の男とすき焼き鍋を囲んだ」
「この男の存在が殺害の動機だ」
という鈴香特集が掲載されていますが、
肝心の氏名は誌上ではオブラードに包まれています。

鈴香の近辺で怪しい男は2人いて、
1人は、今年2月から鈴香が付き合いだした
大館市出身の7つ年下の無職の変態男(26歳)です。

鈴香の朝日ヶ丘団地の自宅前で、
ひんぱんに目撃されていた黒い車はこの男の車です。

警察は、彩香ちゃんの殺害(共犯)の疑いで、
当初からこの男もマークしていて、
警察でも事情聴取も受けていましたが、
証拠がないために、今まで任意出頭まで至らなかったのです。

マスコミ報道で、
「彩香ちゃんを嫌っていて、しばしば殴っていた」
「彩香ちゃんが雪の夜に
 段ボールに入れられて屋外に放り出された」

というのは、
この子供嫌いの年下DV男のシワザなのです。

“逆ハーレム”という
三角だか四角だか五十六角関係だか分かりませんが、
この中でも、しばしばもめ事があり、
鈴香宅前では
「26歳の年下情夫 VS 豪憲パパ」
の口論バトルも目撃されていました。


もう1人の怪しい男は、
当初から名前が出てくる豪憲パパです。

鈴香の最近の供述に、
「東京へ行きたかった。彩香が邪魔でうとましくなった」
というのがありますが、
わが娘を川に突き落とすほどうとましくなった理由は
“親密な豪憲パパの存在”
です。

・ 「娘がいるから再婚もできない」
   と鈴香が繰り返しボヤいていた
・ 彩香ちゃんを川に突き落とした4月9日当日、
  自宅に男がいて、それは豪憲パパだった

という話も出ています。

彩香ちゃんが殺害される4月9日当日、近所の売店に
彩香ちゃんがカップラーメンを買い物に来ていたころ、
鈴香の自宅に“知人の男性”が訪ねていたことが、
捜査本部の調べで判明しています。

鈴香が離婚後、彩香ちゃんと暮らしていた朝日ヶ丘団地の自宅は、
プロパンガスが5〜6年前から取り外されていて、
それ以前でも基本料金に小銭程度のガス料金しか
発生していないように、
自宅は鈴香の“枕営業の仕事場”として利用されていましたし、
鈴香自身も料理はほとんど出来ず、
出来合いの惣菜やカップ麺、インスタントものを中心に
食べていたようです。

朝日ヶ丘団地の自宅前でのゴミ置場では、
近所の人たちから、それらが目撃されていました。

そんな鈴香が、4月9日に
「すき焼きの準備をしていた」
というのです。

この“知人の男性”が帰ったあと、
鈴香は彩香ちゃんを車に乗せ、
殺害場所となった大沢橋に向ったようです。
(ホントに大沢橋から突き落としたのかどうかも
 疑わしいのですが)

この“知人の男性”との親密な関係が、
彩香ちゃん殺害に結びついた可能性があるとして、
捜査本部は鈴香容疑者を追及しているようですから、
この“知人の男性”は、事情聴取に呼ばれる可能性があります。

彩香ちゃんが殺害されたのは4月9日の夕方です。


料理が嫌いなのに、すき焼きパーティの準備をしていながら、
彩香ちゃんの「行方不明」の捜索が始まったことで、
すき焼きパーティは延期になってしまいました。

鈴香は母親の利津子さんに
すき焼きの食材を持って帰ってもらっています。


「鈴香と妻子ある男性が交際していて、
 その夫婦は離婚寸前だった」

という証言は、当初から近所で出ていました。

近所では、鈴香と豪憲パパの親密な関係は有名だったわけです。

豪憲パパはプログラマーで、パソコン操作もプロです。

私のように、左右の人差し指だけで
恐るおそるキーボードを触って
「画面が消えちゃったよ〜exclamation
「なんか様子がおかしいゾexclamation
「なんか変な音がしてんゾexclamation

と、大騒ぎしているのとは、レベルが違いますから、
鈴香の売春顧客リストをエクセルで管理していたのも、
簡単に出来たわけです。

捜査本部は、
豪憲パパが彩香ちゃん殺害の日に鈴香宅を訪れている
と推測し、
・ 娘がいなくなれば、
  想いを寄せる知人男性と新生活が始められる
・ そう短絡的に考えた鈴香が、衝動的に犯行に走った

という疑念を持っている、
というのです。

豪憲パパ宅の夫婦仲は完全に破綻していて、
妻の妊娠も、別の男の子供だという
心ないウワサまででているようです。

豪憲パパは、鈴香と不倫関係にあり、
それがもとで離婚の危機に陥ったことが世間に広まったことで、
大慌てで「週刊新潮」に手記を発表し弁解をしていますよね。

豪憲ちゃんが行方不明になった翌日の5月18日早朝、
遺体発見現場の付近で不審車両が目撃されています。

運転していたのは鈴香らしいのですが、
助手席に男が乗っていて、
旭ヶ丘団地内でのウワサでは、これが豪憲パパだというのです。

「2人の子供をその親たちが共謀して殺害し、
 駆け落ちで東京へ…」

こんなB級サスペンス風の筋書きが、
旭ヶ丘団地内では日に日にレベルアップしているようですから、
最後は、
「駆け落ちする時には、
 地元にヒ素かサリンを撒くつもりだったのではexclamation&question

とか
「子供のタタリで、2人は狂い死にする、南無…」
というところまで行き着くかもしれませんね。

 鈴香???.jpg
   鈴香exclamation&question

今日の記事は、また消されちゃうかもしれません。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by RIUさん at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の畠山鈴香事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

鈴香に対する卒業アルバムの残酷な寄せ書き

このブログは、人のことを散々こきおろしてきましたから、
今さら正義感ぶって発言する権利なんかとてもないのですが、
あまりにひどいと思うので、書いておきます。

   悪ソな卒業文集1.jpg

鈴香が卒業したのは、秋田県立二ツ井高校の家政科ですが、
卒業アルバムでの鈴香への悪らつの数々を見ていると、
これを書いたクラスメートの卑劣さや陰湿さ
と共に担当教員の無責任さに腹立たしくなってきます。

担当教員は、
寄せ書きを見もせずに印刷会社に回したのでしょうかexclamation&question

印刷会社は、学校側に
「これはマズいんじゃないのexclamation&question
と忠告したのでしょうかexclamation&question

鈴香もそうですが、クラスメートのお脳や人格のレベルも、
とても普通とは考えられませんね。
いったい、どんなセンセたちがいる学校なんでしょうかexclamation&question
   悪ソな卒業文集2.jpg

相手が弱いとみると、執拗に集団で寄ってたかって叩き潰し、
相手が強いと、集団でヘイこらするという
農耕民族特有の“卑劣さ”が垣間見れますね。

秋田県立二ツ井高校には、
抗議が殺到しているようで、
HPからは、
メールが使用できなくなったことが掲載させていました。


抗議される方は、お手数でも電話かFAXでどうぞ。

この学校に通学している生徒にも、
そのうち嫌がらせをするヤカラが出てくるかもしれませんね。

   悪ソな卒業文集3.jpg

なお、全国の都道府県の中で、
シンドラーのリフトが設置されていない県は、
2つだけありました。

高知県と秋田県です。

posted by RIUさん at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の畠山鈴香事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

鈴香の保険金殺人の可能性

テレビでは、
再三に渡る鈴香の鬼怒川・川治温泉時代の
三面記事的報道が続いていますが、
週刊誌の一部(実話、文春、新潮)が、
「保険金」関連を調べ上げて、
今週にも特集記事を出すようです。

前から、分かっていたことなのに…

週刊誌の取材では、
「彩香ちゃん殺害の動機は保険金にあった」
という内容で、
「鈴香が彩香ちゃんを殺害した」
と見ているようです。

豪憲ちゃん殺害は、
鈴香による単独犯の可能性が相当高いですが、
彩香ちゃん殺害には、
いまだに“共犯者”の介在がウワサされています。

鈴香は、川治温泉でコンパニオンをやっている頃、
折り合いの悪い実父と和解し、
すぐに川治温泉から元夫と地元に帰ってきて、
スナックやパチンコ店、生命保険会社、葬儀社、
釣具店、デリヘルなどを転々とするのですが、
鈴香は、仕事を変えても
保険の外交のアルバイトは継続していたようです。

それが、枕営業(=自宅売春)につながっているわけです。

保険会社は、年がら年中営業募集をしていますが、
これは新規客を囲い入れるために、
外交員の家族や親戚縁者、友人・知人を
契約させるためのエゲツない戦略なのです。

そのため、多くの外交員は、
自分の家族や親戚縁者、友人・知人までを契約させてしまうと、
その先の見ず知らずの新規客なんか
契約が取れるわけがありませんから、
ノルマを達成できず、
半年もしないうちに退社してゆくことになるわけです。

鈴香も、ご他聞にもれず、
親兄弟から、親戚知人まで軒並み勧誘して回っていました。

彩香ちゃんには、
死亡保険金1,000万円、
事故の時には3倍の保証が付くタイプの
保険に加入していたようです。

それが
「3,000万円の保険」
で、
警察も調べているようです。

鈴香は自己破産したことは知られていますが、
実は鈴香の実家では父以外にも、
母か弟が自己破産しているようで、
実家も生活には困窮していたようです。

週刊誌が、どこまで取材して、
どういう記事が書かれるのか、
それに伴なって、
またテレビのワイドショーが取り上げるでしょうから、
いよいよ核心部分に触れられそうです。

 鈴香?.jpg
鈴香exclamation&questionマンドリルexclamation&question北京原人exclamation&question
モヤでよく見えないexclamation
なかなかインパクトのあるCMのようですね。もうやだ〜(悲しい顔)
マンドリルに会いたい人は「奈良健康ランド」にどうぞexclamation
鹿さんも入ってるかもexclamation
posted by RIUさん at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の畠山鈴香事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

ウンザりしてきた鈴香報道

秋田の小学生殺人事件は、
この下品なブログでも好き放題取り上げていて、
人のことをとやかく言う権利はないのですが、
最近のテレビ報道を見ていると、
鈴香の生い立ち、とくに鬼怒川温泉や川治温泉での
仲居やコンパニオン時代を取り上げて、
「鈴香の変貌ぶり」
を三流週刊誌ぶりに連日ワイドショーで特集しています。

現地に取材に行っている報道陣は、
いろいろな材料を入手していながら、
鈴香の変人ぶりに関する情報だけで創り上げた
「鈴香の人格や人間性」
を誇張して浮き彫りにさせて、
「それが事件の伏線で引き金だ」
と言わんばかりです。

【サイバッチ】では、
「鈴香がAV嬢だったexclamation&question
という画像も出していましたが、
どうもこれは似ているけど別人のようです。
  画像はご勘弁を!.jpg

鈴香が殺害したのは豪憲ちゃんで、
これは決して許される行為ではなく、非難されて当然です。

彩香ちゃんは事故ではなく殺害されたはずですが、
鈴香の極端な警察不信からすると、
鈴香の犯行ではなさそうです。

「事件をあばき、
 二度とこういう傷ましい事件が起きないように
 再発を食い止めたい」

という趣旨の報道ではなく、
梨本ばりの芸能ゴシップを追うような姿勢に、
天下のテレビ局の威厳が感じられずに
ウンザりしてきたわけです。

鈴香の高校の卒業アルバムに書かれた、
鈴香への悪らつの数々は、
これを書いたクラスメートや
それを書き直しさせずに印刷させた教員の
卑劣さや陰湿さを感じさせるのに充分ですが、
これだって、見方によっては
鈴香を変貌させた遠因のはずです。

現地の取材班は、彩香ちゃん殺害に関して、
豪憲パパと大館市の26歳の暴力男が怪しい
というウワサを基に取材していますし、
鈴香が彩香ちゃんにかけていた3000万円の
生命保険も掘り下げているはずなのですが、
名誉毀損を恐れてどこも報道しません。

そのため、
当たりさわりがなくて、面白おかしい内容で話題をつなぎ、
同時にスポンサーのご機嫌伺いのために視聴率も取りたい、
ということが
三流週刊誌並みのレベルに終始して、
それがウンザリ度を増幅させているわけです。

1日に7人しか見ない下品なブログが、
天下のテレビ局を批判してもしょうがないのですが
「取材にカネをかけるなら、もちっと視点を変えてほしい」
と思ってしまうのです。

   怪しい!.jpg
posted by RIUさん at 14:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 秋田の畠山鈴香事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

秋田の事件のウワサ〜その7

秋田の事件は、地元秋田がやはり詳しいようです。

時々チェックされると、良いでしょう。
・ 読売新聞(秋田)
・ 秋田魁(さきがけ)新聞
・ 夕刊フジ

   鈴香?.jpg
飯島愛の寝起き顔のような鈴香が、
豪憲ちゃん殺害を単独犯だと、
少しずつ供述を始めだしたようですが、
鈴香は都合が悪いことを聞かれると、
ダンマリか体調不良を訴えるようで、
5〜10分で済む話が、1〜2時間もかかるそうですから、
まだまだ何がどうなってるのか、さっぱり分かりませんね。

現場でも、いろいろなウワサが、
さも現実的に伝わっているようです。


そういう中で、鈴香の愛人の1人が発覚しました。

今年2月から鈴香が付き合いだした男で、
大館市出身の7つ年下の無職の愛人(26歳)です。

鈴香の朝日ヶ丘団地の自宅前で目撃されていた黒い車は
この男の車のようです。

警察は、当初からこの男もマークしているようで、
すでに警察で事情聴取も受けているようですが、
証拠がないため今のところ任意出頭までは至らないのです。

この男の疑いは彩香ちゃんの殺害(共犯)です。

テレビ報道で、
「彩香ちゃんが虐待されていた」
というのが最近出てきていますが、
この虐待はこの男の仕業です。

鈴香は、保険営業から、
複数の男を自宅に引っ張り込むようになり、
“逆ハーレム”状態だったわけですが、
この情夫の1人が豪憲ちゃんの父親だったわけです。

判明したこの26歳の年下情夫の特徴は、
「彩香ちゃんを嫌っていて、しばしば殴っていた」
ことです。

「彩香ちゃんが雪の夜に
 段ボールに入れられて屋外にほうり出された」

と報じた週刊誌がありましたが、これはこの男の仕業です。

“逆ハーレム”という
三角だか四角だか五角関係だか分かりませんが、
この中でもめ事があり、
鈴香宅前では
「26歳の年下情夫VS豪憲パパ」
の口論バトルも目撃されているのです。

豪憲ちゃん殺害が鈴香の単独犯だとしても、
彩香ちゃん殺害には26歳の年下情夫が
関わっている可能性が高まってきています。

彩香ちゃんの死が、
豪憲ちゃん殺害につながっているものと考えると、
鈴香は
「彩香ちゃん殺害は豪憲パパ」
とした上での復讐だったのでしょうかexclamation&question

posted by RIUさん at 17:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 秋田の畠山鈴香事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

秋田の事件のウワサ〜その6

保険金目当ての可能性は捨てきれないexclamation&question
鈴香が離婚後に能代市内で仕事を転々と移り変わる中で、
保険外交員もしていたのですが、
能代市内には、
・ あいおい
・ アフサ
・ 朝日
・ アメリカンファミリー
・ アリコジャパン
・ ジブラルタ
・ 住友
・ ひまわり
・ 第一生命
・ 日本生命
・ フコク生命
・ 明治安田生命
などがあり、
鈴香がどこの保険外交員をしていたのかは、
まだ明らかではありませんが、
彩香ちゃんに2000〜3000万円の保険が
かけられていたようです。

もっとも、保険会社で、
2000〜3000万円の保険というのは、
ごく一般的なものですし、
まして子供の加入ですと保険金も安いはずですから、
当初は鈴香のノルマの一環だったのだと思います。

彩香ちゃんの死亡に関しては、
警察は早々と「事故」との判断を下すという
大失態をしてしまいましたが、
保険会社の調査能力はすさまじく、
「欠点を見つけ出すための調査」
が目的ですから、
少しでも疑問点を見つけ出そうものなら、
たちまち保険金支払いをストップする腹で、タチが悪いのですが、
彩香ちゃんの事故だって、
保険会社からしたら死因には「疑問」なはずで、
保険金支払いはしていないでしょう。

鈴香が「事件の可能性」を主張していたのは、
一種のカモフラージュ作戦のはずです。

「調べたあげく、事故だった」
ことにしたかったのではないでしょうかexclamation&question

豪憲ちゃんに保険がかけられていたかどうかは分からないのですが、
「彩香ちゃんの事件当日に、
 鈴香が彩香ちゃんを白い軽自動車に乗せるところを
 豪憲ちゃんに見られていた」
ので、殺害に至ったのかもしれません。

鈴香は、殺害もほのめかすような供述を始めたようですから、
完全自供も近そうですね。

posted by RIUさん at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の畠山鈴香事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

秋田の事件のウワサ〜その5

保険金目当ての可能性はexclamation&question
畠山鈴香は、
離婚後に能代市内の釣具店やパチンコ店、葬儀屋などで
勤務していましたが、
保険外交員をやっていた時期もあるのです。

当然、保険のプロで、知識も豊富なはずです。

鈴香の自宅売春が、
一部週刊誌や今日の夕刊フジなどで取り上げられていますが、
この発端になったのは、
保険の営業の行き詰まりが原因である可能性が高いと思います。

保険の外交員は、難しい仕事の1つです。

保険会社の戦略は、
保険の外交員の家族や友人・知人を取り込んでゆくために
外交員を利用して契約件数を増やす、
という悪質なものですが、
ほとんどの人がそこまでで、
とても見ず知らずの人の勧誘・契約は出来ず、
数ヶ月で給料が下がって退社する、
というのを繰り返しています。

鈴香は結果的に、
朝日ヶ丘団地の自宅で『肉弾接待』を使い、
複数の男性に保険の営業をかけていたと思われます。

“肉弾接待”を受けていた男性の1人がGO憲ちゃんの父親です。

彼はパソコンのプログラマーで日中は自宅にいるのです。

GO憲ちゃんの母親は、パートで留守にすることがあります。

朝日ヶ丘団地では、
昼間、家に居るのは高齢者を除くと、
GO憲ちゃんの父親と鈴香くらいのものですから、
以前から2人の関係はウワサになっていたようです。

「彩香ちゃんには多額の保険金がかけられていた」
というウワサもあるようですから、
それが本当なら“動機”は納得できますね。

 任意出頭する鈴香.jpg 

豪憲ちゃんの遺体の着衣に、
ウサギの毛が付着していたことがさきほど明らかになり、
朝日ヶ丘団地の鈴香の自宅でも、
数か月前までウサギが飼われていたことが分かっていて、
その毛の分析・照合を始めた模様です。

完全自供は近そうですね。

共犯者がいるのかいないのかexclamation&question
共犯者がいるとしたらウワサのあの人でしょうかexclamation&question

鈴香は、秋田県立二ツ井高校家政科を卒業しているのですが、
家政科の卒業のわりには、家事がまったくダメで、
子供に対する愛着もなかったようですね。
posted by RIUさん at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の畠山鈴香事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋田の事件のウワサ〜その4

彩香ちゃんは保険金目当ての殺人だったexclamation&question

「豪憲君と同じ地域に住む女性」
として伝えられていた彩香ちゃんの母親・鈴香は、
現在起訴された被告でもありませんし、それ以前の
「疑わしい」という単なる容疑者でしかありませんが、
状況的にはクロなのです。

5月18日に豪憲ちゃんが死体で発見された直後から、
捜査線上に鈴香は浮上し、
その日のうちに翌午前2時まで警察で事情聴取を受け、
それ以降警察は重要参考人と決めつけて
24時間張り込み態勢を続けていました。

もちろん、逃亡よりも証拠隠滅を恐れていたからです。


豪憲ちゃんの死体発見2日目の5月20日には、
もう報道陣が大挙して取り巻き始めていました。

5月27日の彩香ちゃんの四十九日法要では、
「直後に逮捕」
というウワサが出ていたことで、
マスコミは100人以上に膨れ上がり、
大混乱になって収拾がつかなくなったことで、
鈴香がマスコミ各社をやむなく自宅に入れて
取材を受けることになったのです。

鈴香が死体遺棄容疑で逮捕されてからは、
マスコミが実名で報道をし始めましたが、
鈴香のマスコミを追い散らす姿は、
和歌山カレー事件の林真須美と重複して見えます。

黒いマントみたいな服だって、
女暴走族の元締めや元ヤンにしか見えないですよね。

鈴香は典型的なDQNなんです。

鈴香の一連の態度を見ていると、
自分の一人娘が事故か殺人かは別にしても、
2ヶ月前に愛娘が亡くなっているなら、
異常に平然として他人事のように冷静で居られることが
不自然ですよね。

ふつうだったら、寝込んでしまって
立ち上がれないような状況なはずだと思うのです。


鈴香が離婚後彩香ちゃんと暮らしていた朝日ヶ丘団地の自宅は、
プロパンガスが5〜6年前から取り外されていて、
それ以前でも基本料金に小銭程度のガス料金しか
発生していなせんでした。

ここは鈴香の“仕事場”として利用されてたからです。

もっとも、鈴香は料理はほとんど出来ず、
出来合いの惣菜やカップ麺、インスタントものを中心に
していたようで、
朝日ヶ丘団地の自宅でのゴミは、
それらが目撃されていたようです。

そのため、鈴香の生活からすると
プロパンガスは不要なものだったんですね。

当然、彩香ちゃんも
「学校の給食しか、まともな食事が出来なかった」
ということでは本当に悲惨な話です。

鈴香の動機は、今のところ全く不明ですが、考えられるのは
「保険金目当て」
です。

いろいろな可能性がある中で、
これにマスコミが触れないのも何かおかしいと思うのですが…

「生活保護下なので、保険金なんか払えない」
はずですが、
鈴香は、朝日ヶ丘団地の自宅で、
・ 60分1万円で売春をしていたこと
・ 黒い車を中心に、頻繁に車が付近で駐車されているのを
  目撃されているので、
  それなりに“繁盛”していたことが分かっているのです。
これは、すでに週刊誌に書かれている通りです。

若いうちに出産して、早々と離婚したことで、
女手で幼子を抱えていたら、
現代社会で生き抜くことは大変なことですから、
鈴香も現代社会が産んだ「弱者」であることは
間違いないのですが…


posted by RIUさん at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の畠山鈴香事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋田の事件のウワサ〜その3

豪憲ちゃんの遺体に付着していた毛髪のDNAが、
鈴香のDNAと一致しました。

それまで、かたくなに
事件とのかかわり合いを否定していた鈴香でしたが、
さすがに言い逃れは難しく、
豪憲ちゃんの遺体を遺棄したことを大筋で認める供述をし始め、
秋田県警も状況証拠や物証が整いつつあると判断して、
逮捕に踏み切ったとみられます。

今後は殺人容疑と共犯者の有無、
動機について調べる方針のようです。

鈴香は任意出頭の前の報道陣に対する取材に対しては、
豪憲ちゃん殺人事件とのかかわりを一切否定していただけでなく、
犯人扱いする取材先には名誉毀損で訴えると息巻いていました。

そんな鈴香ですから、
「殺人はやってない」
「共犯者はいない」

と言っても、とても信じられないわけです。


鈴香の生い立ち
・ 地元の小、中学、秋田県立二ツ井高校家政科を卒業後、
1991年に栃木県の温泉ホテルで仲居として就職したが、
1年ほどで地元に戻ってきた

・ 鈴香は21歳のとき彩香ちゃんを妊娠して
トラック運転手の前夫と翌年1995年に
地元でできちゃった結婚をして藤里町の町営住宅に入居

・ 1996年11月に彩香さんを出産したが、
遊びでの妊娠結婚のためか、
わずか5か月後の23歳で離婚し、彩香ちゃんを引き取る

・ 彩香ちゃんを能代市の実家に預けて、
能代市内の釣具店やパチンコ店などで働いたが
病気を理由に辞めている

・ パチンコ店には約4年間勤め、
勤務ぶりはまじめで率先して精力的に動いていたという

・ そのころ、複数の消費者金融からの借金を抱え、
パチンコ店を退職する1カ月ほど前から、
借金の返済を督促する電話が職場にかかり始めていた

・ 鈴香は店員に電話の取次ぎをしないことを懇願し、
自己破産をするための弁護士を探していた

・ 当時の鈴香は
「携帯電話は命の次に大事。1カ月7万円くらいかかる」
と、“交際”範囲の広さをほのめかしていた

・ 退職直後の2003年には自己破産

・ その後数年間は生活保護を受けていた

・ その後、自宅売春で生計を立てていた

昨年11月ごろ、地元の民生委員は
「汚れた服を着続け、いつもおなかをすかした児童がいる」
と、藤里小から連絡を受けていたようです。
彩香ちゃんのことです。

ここ数カ月間は、黒い車に乗った人を中心に、
鈴香の家で駐車していた車が目撃されています。

共犯者がいるとすれば、
この中にいそうです。

共犯者はウワサのあの人でしょうかexclamation&question

  畠山鈴香.jpg
posted by RIUさん at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の畠山鈴香事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋田の事件のウワサ〜その2

彩香ちゃんの母親・畠山鈴香が
先ほど死体遺棄容疑で逮捕されました

  鈴香.jpg

死体遺棄の決め手
・ 鈴香は彩香ちゃんが『水死』してから
ほとんど実家で暮らしていた


・ 豪憲ちゃんが殺されたその日、
鈴香は実家から12km離れた朝日ヶ丘団地に戻っていた

・ 豪憲ちゃんの姿が確認された直後の
5月17日午後3時30分ごろ、
鈴香が自宅(実家)脇に止めた白い軽自動車の
トランクを閉めているのを近所の人が目撃していた

・ その後、鈴香は軽自動車で外出し、
午後6時ごろまで所在不明となっていた

・ 豪憲ちゃんの遺体発見現場は、
実家から約80メートルの至近距離

・ 豪憲ちゃんの遺体が発見された日は、
鈴香は1人で自宅(実家)にいた

・遺棄現場で白い軽自動車が目撃されている

・ 豪憲ちゃんのランドセルから発見された指紋には
鈴香のものは含まれていなかったが、
遺棄現場に残されたブレーキ跡は
鈴香の軽自動車のタイヤと一致した

鈴香は事件との関連を否定しているようですが、
状況証拠が固まったので「死体遺棄」での逮捕に踏み切り、
完全自供に追い込むようです。

豪憲ちゃんが殺されたその日、
鈴香の家の前に別の車が停まっていたのも
目撃されていますから、
この車の所有者が共犯者である可能性が高いかもしれません。


鈴香は典型的なDQNで、地元では“異色”な有名人
・ 鈴香は21歳のとき彩香ちゃんを妊娠して
トラック運転手の前夫とできちゃった結婚をしている

・ 遊びでの妊娠結婚のためか、
  5ヶ月後の23歳で離婚し彩香ちゃんを引き取る

・ 能代市内の釣具店やパチンコ屋で働いていたが
  病気を理由に辞めている

・ その跡、自己破産をし、数年間は生活保護を受けていた

・ その後、自宅売春で生計を立てていた

彩香ちゃんは鈴香の仕事中、
1人で公園で肩を落としブランコに乗っていたり、
豪憲ちゃんの家に遊びに行ったりしていたようですが、
冬に外で段ボール箱に入っていたり、
鈴香から小銭を持たされ、
近所の店でカップラーメンを買って、
お湯が入れられずに途方に暮れていたとか、
悲惨な話が多いです。

共犯者は、ウワサ通りあの人なのでしょうかexclamation&question
posted by RIUさん at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の畠山鈴香事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

秋田の事件のウワサ

彩香ちゃんの四十九日法要が明けた月曜に任意聴取の予定が、
1週間遅れて、今日の朝7時に任意聴取になりました。

遅れた理由は、
ランドセルの指紋や現場のタイヤ跡では決定打にならないこと、
状況証拠しかないこと、共犯者を特定できなかったこと、
「彩香ちゃんが事故」と断定してしまったことで、
県警も、今度は慎重になってしまったんですね。

テレビ報道では、匿名で
「豪憲君と同じ地域に住む女性」
としていますが、
彩香ちゃんの母親・鈴香です。

万々が一、真犯人じゃなかったら
名誉毀損・人権蹂躙(じゅうりん)になることを恐れて、
名指ししないだけなのです。

捜査本部の調べでは、
・ 豪憲君が最後に確認された直後の
  5月17日午後3時30分ごろ、
  鈴香が自宅脇で、
  白い軽自動車の後部トランクを閉めているのを
  近所の人が目撃していたこと

・ 鈴香はその後、白い軽自動車で外出していたこと

・ 白い軽自動車が豪憲君の死体遺棄現場で目撃されていること

・ 遺体遺棄現場のタイヤ跡が鈴香の車のタイヤに似ていること
を、任意聴取の理由にしています。

現在、任意聴取を受けて8時間近くなりますが、
今のところ事件とのかかわりを一切、否定しているようですが、
任意なら拘束力はないのですから、鈴香も帰ったってEんですよ。

逮捕は時間の問題で、共犯者(男)もいるようです。

ウワサされている豪憲君の父親を始めとして
数人がリストアップされているようですが、
鈴香をまず逮捕して、自白させる作戦にしたようです。

逮捕は今日にでもされそうです。

動機に対しては、今のところまったく分かりません。

 畠山鈴香.jpg 
posted by RIUさん at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の畠山鈴香事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

秋田県の事件のウワサ

小学生の悲惨な事件があると、
全国的に、親が子供を校門近くまで
登下校の送迎をする姿が目立つようになります。

しばらくの間だけ。

犯人が捕まったりすると、「もう安心」とばかりに、
とたんに“安心”してしまうのか、
面倒くさいのか分かりませんが、
“期間限定”なんですね。

沖縄の田舎でも“送迎”が大流行しています。

うっかり、小学校の近くを散歩したり、
小学生に声をかけたりしたら、
たちまち「変質者」と認定される変な時代になりました。

昔は、近所にうるさい親父やババァがいて、
ずいぶん教育させられたものでしたが。


秋田の事件では、
明日にでも犯人が“逮捕”というウワサが出ています。

逮捕されると言われているのは、
最初の水死事件の畠山綾香ちゃんの母親(鈴香)です。

最初は例によって
【サイバッチ!】が最初に言い出したのですが、
ここは誤報も多いので放置していたのですが、
あちこちからこの種の話が入ってくるようになりました。

昨日27日(土曜日)は、綾香ちゃんの四十九日法要だった
秋田県能代市二ツ井町麻生にある鈴香の実家で
親族だけで法要が行われたようですが、
実家前には覆面パトカーが24時間体制で監視を続け、
マスコミも約100人が集結し、
逮捕の瞬間を待ち受けている状態のようです。

だとすると、
豪憲ちゃんが殺害に関するインタビューも、
妙に冷静に落ち着いた受け答えをしていたことも
納得できますね。

・ 白い車
・ タイヤ痕
・ 土地勘
・ 警察が最初から名指ししていた女性の名前

一部週刊誌は
「綾香ちゃんの母親は犯人ではないexclamation
という特集を組み、
明日発売するところもあるようですが…

その他、今はこれ以上書くのを差し控えておきましょう。

posted by RIUさん at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の畠山鈴香事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。