2006年05月11日

小泉サプライズは、日本を米国の51番目の州にすることにあった!〜その5

国民年金の崩壊は近い
国民年金の未納率は、
2004年は36.4%で、実に3人に1人は未納です。

年代で見ると、
20代前半は50.4%と、
2人に1人は未納という異常事態になっています。

年齢が上がるにつれて未納率は下がるのですが、
30代後半でも、42.5%が未納なのです。

今年2月に、
厚生労働省が年金未納者の
健康保険の利用を制限する案を発表したのですが、
こんな脅かし程度では
若者が国民年金に振り向くようにはなりません。

2002年度国民年金の納付率 ワースト5(全国)
1位 沖縄県与那城町  27.1%
2位 沖縄県勝連町   27.4%
3位 沖縄県沖縄市   29.4%
4位 鹿児島県天城町  29.5%
5位 鹿児島県徳之島町 31.4%

2002年度国民年金の納付率 
      沖縄県内市町村の40%未満ワースト10

1位  与那城町  27.1%
2位  勝連町   27.4%
3位  沖縄市   29.4%
4位  具志川市  32.4%
5位  豊見城市  35.9%
5位  浦添市   36.9%
7位  名護市   36.9%
8位  那覇市   37.4%
9位  宜野湾市  38.1%
10位 糸満市   38.8%

・ 沖縄県は、単に貧しいだけではなく、
  1972年に復帰して30年目という特殊な事情もあります。


国の年金に対する考え方は、本来は
・ 自営業者、農漁業従事者は“国民年金”
・ 会社で働く人は“厚生年金”
というのが年金制度の図式だったのですが、
今や労働者の3人に1人は
フリーターや契約社員になったことで、
制度の存続が危うくなってきたのです。

彼らは社会保険対象の正社員ではなく、
会社で働いているのに、
安い時間給から個人で支払う“国民年金”組となっています。

収入面でも低く抑えられていますから、
国民年金の保険料を、そう簡単に納められないのです。

国民年金は、
現行では原則25年間払わないと
受給できないようになっていますから、
若いときに払わず、40歳を過ぎてから払い始めても、
もうダメなんですね。

現在、未加入・未払いのフリーターや契約社員たちが
40歳に近づけば、
年金をあきらめる人たちが大挙して出てくるのは明白です。

それほど遠くないうちに、
国民年金対象者のうち、
半数近くが無年金者になるのか確実です。

将来、それなりの年金収入のある人と、
全くの無収入の人が格差拡大が、
ジワジワと広がりつつあるのです。

やがて暴動や一揆が起こったとしても不思議ではないのです。

 小泉ライオン.jpg

城田のオバさんのことを今日書くべきだったかな。
今頃になって、
久永前会長の告訴を渋々検討し始めたのですね。


posted by RIUさん at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の政治・経済ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

小泉サプライズは、日本を米国の51番目の州にすることにあった!〜その4

イラクの場所も知らない笛吹き童子・山本一犬を見ていると、
小泉将軍様の本名は、
もしかしたら「米国一犬」なのかもしれません。

「改革」という名の『改悪』によって、
今や日本社会も米国と同じように
一握りの大金持ちが社会的富のほとんどを独占する
「格差社会」へと変貌を遂げています。

既得権益護持や談合がまかり通る
旧来の自民党保守政治は懲り懲りですが、
自由競争の名の下に上場や企業買収、株など
IT長者や村上ファンド、大企業だけが大儲けし、
真面目に働く者が生きていけない社会なんておかしいのです。

小泉「改悪」で日本社会は崩壊の危機に直面しています。

先月4月23日(日)の3市長選では
小泉党候補が全敗しました。

小泉将軍様が
「日本の財産を米国に献上する売国奴」
「米国型格差社会を構築して日本を貧国強兵化した」
という正体がバレてきたことで、
急浮上した小沢一郎に期待しているだけなのです。

小沢一郎と安倍晋三の風貌が逆だったなら…と悔やまれますが、
小沢民主党が日本の救世主かどうかは、まだ全く未知数なのです。


日本は貧困大国に陥ってしまった
「貧困率」とは聞きなれない言葉ですが、
これは
「年収が全国民の年収の中央値の半分に満たない国民の割合」
を言います。

2002年度の日本の「中央値の半分」は、
238万円、貧困率は15.3%でした。

昨年2月に公表されたリポート
「OECD諸国における所得分配と貧困」
では、
貧困率の高い(=貧困国)順で
1. メキシコ     20.3%
2. アメリカ     17.0%
3. トルコ      15.9%
4. アイルランド   15.4%
5. 日本       15.3%
6. ポルトガル    13.7%
7. ギリシャ     13.5%
8. イタリア     12.0%
9. オーストラリア  11.9%
10.スペイン     11.5%
11.イギリス     11.4%
12.ニュージーランド 10.4%
13.カナダ      10.3%
14.ドイツ      10.0%
15.オーストリア    9.3%
16.ポーランド     8.2%
17.ハンガリー     8.1%
18.ベルギー      7.8%
19.フランス      7.0%
20.スイス       6.7%
21.フィンランド    6.4%
22.ノルウェー     6.3%
23.オランダ      6.0%
24.スウェーデン    5.3%
25.チェコ       4.4%
26.デンマーク     4.3%

日本の貧困率、ワースト5位の意味
2002年の日本の中央値は
238万円×2=476万円(年収)で、
その半分の238万円以下(年収)の所得の人が
国民の15.3%もいる、という意味なのです。

1994年の日本の貧困率が8.4%でしたから、
この約10年で2倍近く貧困層が増えたことになります。

日本は、1990年代後半に、
貧困率が1.6ポイント拡大したとも指摘されています。

OECD全体では平均で0.5ポイント拡大とのことですから、
日本は貧困率が高いだけでなく、
貧困率拡大の割合も大きく、
貧困大国まっしぐらの状況なのです。

大型客船やの船長を小泉将軍様、
国民を船客に例えたら、
実は船長はキチガイで、舵をブチ壊したのに、
乗客には知らせず
「台風に向かってまっしぐら」
の絶望的状況の中で
「オラ、そろそろ船長ごっこ飽きたさ〜、次はお前(安倍)やれ」
と言っているようなものなのです。

OECD資料では年齢別の貧困率も出ています。

それによると、
日本は若年層と高齢者で貧困率が高くなっているのです。

さらに、
上記レポートの翌年2003年の
国民生活基礎調査(厚生労働省)では、
年収200万円以下の世帯は18.1%となっていました。

2002年度の所得中央値
476万円の半分(238万円)以下の、
さらに貧困な年収200万円以下の層で
18.1%ということは、
ワースト1のメキシコと同等になっていることを意味しています。

実に国民の5人に1人は貧困層だということです。

小泉将軍様が政権を取ってから、
それまで2万5千人だった年間自殺者が
3万人で推移するようになりましたから、
現在の見せかけの景気回復は
約15万人の血であがなわれていると言えましょう。

 殺意がありそうな犬.jpg

posted by RIUさん at 16:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本の政治・経済ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

ミカジメ料「3兆円」の“意図”を考える

暴力団に、ミカジメ料やショバ代、用心棒代を払って
守ってもらおうと思う人は、
やがてその餌食にされてしまうのは、
極道映画を見ているとよく分かるはずですよね。

日本のお偉い先生方や高学歴の官僚は、
このあたりがよく分かっていないようで、
吉田茂首相から延々とミカジメ料を支払ってきたのです。

「在日米軍再編に要する費用が約3兆円」
だと、目ん玉が飛び出すような途方もない巨額を、
平気で小泉商店に突きつけて、
ついにその正体を現した「世界の暴力団」ですが、
なぜ破産寸前の小泉商店に「3兆円」も突きつけたのでしょうかexclamation×2

ここでは、2つの考え方が見え隠れします。
1つは、単純な見方による「日米関係の悪化」
もう1つは、「巧妙な日本の“軍国化”の戦略」です。

暴力団に渡す「3兆円」なんか、
カラーコピー機で刷るのが面倒なら、
北朝鮮に発注して、
マンギョンボン号で、出前してもらえばEんですが、
もう1つの裏読みの考え方
「巧妙な日本の“軍国化”の戦略」が心配です。

今後、多くの評論家やマスコミが、
「日本は独立国家なのだから、
 安全保障や危機管理を含めた国家戦略・国際戦略は
 自国で創り出せ、
 法外な用心棒代を請求する“米国マフィア”に頼らず、
 自分の国は自分で守れ」

という論法を言い出すはずです。

サラッと聞くと「正論」なのですが、
「3兆円」という途方もない巨額をチラつかせることで、
国民の中に“自衛”を浸透させることを意図しての
“策略”なのかもしれません。

石原慎太郎東京都知事や浜田幸一前・国会議員は、
極右思想ですから、
彼らに任せると「戦争」をおっぱじめますよ。

“検証”は、また後日書きたいと思います。


posted by RIUさん at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の政治・経済ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

小泉サプライズは、日本を米国の51番目の州にすることにあった!〜その3

生活保護100万世帯突破
小泉まやかし内閣の、
“改悪”に伴なう格差拡大社会の影響で、
生活保護の需給世帯も急増しています。

1992年は58万6000世帯だったのが、
1995年頃から急増し、
2001年度では約80万世帯、
2005年度はついに100万2000世帯になりました。

家族も含めた受給者総数は
約142万8000人にもなっています。
実に100人に1人が受給者という
異常事態になっているのです。

需給世帯が100万を突破したのは、
1950年に生活保護制度が始まって以来
初めてのことですが、なお増えつつあるのです。

高齢化社会の進展で、
高齢者世帯が半数弱を占めているのですが、
2001年度以降の増加率を見ると、
・ 高齢者世帯
・ 母子家庭世帯
・ 障害者世帯
などの“弱者”に比べ、
働き盛りの40、50代が中心の「その他の世帯」が、
1.6倍と急激に伸びてきています。

厚生労働省が分析するような
“リストラ”だけの影響だけでもなさそうです。

小泉将軍様が強権を取ってからの貧困世帯の増加は
まさに異常事態で、
いいかげん“催眠術”から目を覚まさせないといけません。

生活保護を受けるに当たって、
自治体は年々“条件”を厳しくしています。

ある意味「門前払い」をするような、
“マニュアル”になっているのです。

・ 生活保護を受けたくても受けられない世帯
・ 生活保護を「恥」と思って申請しない世帯
も大勢いるのです。

「生活保護受給対象世帯のうち、
 わずか6%程度しか受給を受けていない」
という経済学者の分析もあります。

少なく見ても、
実際の受給世帯の10倍以上の世帯が、
生活保護水準以下の暮らしをしている、
ということになります。

2004年度 都道府県別生活保護率WORST12
1. 北海道  20.5%
2. 福岡県  19.8%
3. 大阪府  16.3%
4. 青森県  15.3%
5. 東京都  14.9%
6. 沖縄県  14.5%
7. 高知県  14.1%
8. 徳島県  13.7%
9. 長崎県  12.5%
10.大分県  12.0%
11.鹿児島県 11.9%
12.山口県  10.5%
(全国平均が11.1%なので、
 それより悪い都道府県をリストアップしました。
 また、「保護率)とは、
 人口千人あたりの受給率のことを指しています。)

上位7位までは、東京以外は
生活保護率と失業率との相関関係もあります。

沖縄県だけでとらえると、年々微増傾向にあり、
県が意識的に制限していることが伺い知れます。

平成17年12月現在では、
1万3,926世帯、2万962人が受給していて、
保護率は15.1%と
上記ワースト12の2年前(14.5%)よりも
悪化しています。

平成17年10月の国勢調査では、
沖縄県の人口は136万830人で
世帯数は48万7,782でしたから、
生活保護は、県人口の1.54%(65人に1人の割合)、
全世帯の2.9%(35世帯に1世帯の割合)となっています。

小泉将軍様は
「負け組の人も勝ち組になるチャンスを提供する」
と、ノー天気に口先だけで
出来もしないことを強調していますが、
2004年度では受給者の4世帯のうち1世帯が
10年以上も生活保護を受けているのですから、
“脱出”は簡単ではないのです。

ホームレスに転落した人が、
“生還”するのと同じくらいの難易度なのです。

小泉将軍様が
「自立支援策の充実化に取組みたい」
と言ったり、
企業倒産、失業からの再挑戦支援策を検討する
「再チャレンジ推進会議」
を主謀する安倍晋三官房長官が、
「勝ち組、負け組を固定させない」
と、口先だけでスローガンをぶち上げたところで、
彼らは、何ら「具体策」はないのです。

「難しい課題は全て次の内閣へ」
という
責任転嫁型無能指導者お決まりのパターンのようです。

 変身.jpg

posted by RIUさん at 19:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本の政治・経済ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

小泉サプライズは、日本を米国の51番目の州にすることにあった!〜その2

「小泉まやかし改革」のおかげで、
医療費負担や年金掛け金が引き上げられ、
5月1日には酒税改正で第三のビールの税金も値上げになり、
今後はさらなる増税や教育費の値上げも確実視されています。
売国奴小泉.jpg
小泉が米国の犬で、
「ニッポンをぶっ壊す」ために総裁選に出てきたなんて、
国民はコイツにすっかり騙されてしまったんですね。

売国奴・小泉に比べると、
ガセマン西澤孝なんて、
あびるの万引き騒動程度の、かわいいものでしたね。


今日は、「世帯の貯蓄高」について考えてみましょう。

2004年の2人以上世帯の平均貯蓄高は、1,692万円と、
相変わらず「貯蓄好きの日本人」を表わしているかのように、
一見みえるのですが、
貯蓄面でも大きな二極分化が顕著になってきました。

日銀の金融広報中央委員会の調べによると、
貯蓄を持っていない世帯が
2005年度では22.8%もいるのです。

4〜5軒に1軒の割合で、
貯金がない家庭が存在してしまっているのです。
私の貯金がゼロでも、非国民ではなかったようです。

1996年度の貯蓄ゼロ世帯は7.9%でしたから、
この10年間で約3倍に増えたことになります。

単身世帯に限ると、なんと41.1%、
半分近くが貯金を持っていないのです。

この貯蓄ゼロ世帯数は、
2003年以降、最低記録を更新中なのです。

一方では、
「日本の富裕層は世界で2番目に多い」
との指摘もあって、
この1年ほどは株価上昇などでミニバブルと言われて、
舞い上がっている人も多いのですが、
貯蓄ゼロ世帯にとっては、ライブドア株の乱降下や、
村上ファンドや米国のハゲタカファンドの動きがどうだとか、
目の前に有利な投資話が飛び込んできたとしても、
それに乗るだけの資金がなく、
ただ生活を維持するために、
黙々と働き続けなければならないのです。

これらの人も、政治には無関心で、
政治家なんかに期待をするべくもなく、
選挙の投票にも足を運ばないのです。

年金生活では、貯蓄があるかないかの差は、
老後をまっとうに生きれるかどうかの
切実な境界線ともいえますから、
今後の日本人の悲惨な老後は大きな社会問題になりそうです。

posted by RIUさん at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の政治・経済ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

小泉サプライズは、日本を米国の51番目の州にすることにあった!

私は「きっこ」と違って左翼思想でもないし、
もちろん共産主義者でもありません。

要するに、
「無思想・無政党・無宗教」の三無主義者なのですが
(“金”もないし“学”もないから五無主義?)、
今の日本は小泉将軍様が政権を握ってから、
「猪突猛進」のごとく、
悪い方向に突き進んでいることだけは
間違いないと思っている1人です。

5年連続イノシシ年だったのexclamation&question

まるで、映画・陰陽師(おんみょうじ)Uで、
謎の術師・幻角(中井貴一)と安倍晴明(野村萬斎)の
壮絶な死闘が繰り広げられる時の暗雲たちこめる汚い空の下で、
悪政が行われているようです。

アル・カポネのような顔をしている小沢一郎は、
はたして安倍晴明なのでしょうかexclamation&question
でも、映画はつまらなかったね。

東京新聞の「データで見る小泉政権の5年」を、
もう少し掘り下げてみましょう。

若者の失業問題について
・ 平成17年の15歳〜24歳を対象にした
  若年失業率は8.7%、
  男性に限ると9.9%と
  ほぼ1割(=10人に1人)にもなります。

・ 全労働者の失業率が4・4%でしたから、
  若年失業率は2倍以上になっているのです。

・ もともと「失業率」は、ハローワークに、
  失業保険の申請に出向いた数の統計ですから、
  そもそも就職活動に失敗してフリーターになっている人は
  含まれていませんし、
  ニートは求職活動自体を行わない非労働力として、
  専業主婦などと共に、統計にはカウントされていません。

・ 今やニートは、三股バカ・杉村太蔵に言われるまでもなく
  84.1万人にも及んでいますし、
  フリーターは学生・主婦を除く15歳〜34歳のうちの
  21.2%にも達しているのです。

・ さらに、人材派遣などを含めた「非正規雇用者」の割合は、
  全労働者の33%(2005年10〜12月)
  にもなっています。
  いまや会社の3人に1人は正
  社員ではない時代になってしまったのです。

・ 企業側からすれば、人件費コストが安く押さえられ、
  不要になればすぐにクビに出来るフリーターや
  人材派遣社員は使い勝手が良いのです。

・ 今後は正社員と臨時社員の賃金格差はますます広がり、
  一生涯フリーターという人も増えるはずです。

・ 非正規雇用、低賃金雇用の増大で、
  若者の結婚にも影響が出ていて、
  25〜29歳の年収別の結婚率でみると、
  1,000〜1,499万円の層の結婚率は72.5%
  250〜〜299万円の層では、
  結婚率は26.3%に過ぎないのです。
  結婚しても、生活して行ける経済的な自信が
  ないためでしょう。
  パソコンや携帯電話が生活の必須アイテムになり、
  その分カネもかかるようになっていますから尚更です。

  晩婚化や非婚化は、
  便利な社会になった副作用的に思われていましたが、
  実は低収入が独身男を非婚に追いやっていたり、
  増税で子供が養えず少子化になったりして、
  経済大国はどこへやら、
  今の日本は「貧困大国」になってしまったのです。


「忠犬」というと、
東京の渋谷駅前の“ハチ公”や、
第3次小泉内閣で大臣の可能性がないとみるや、
いち早く“主人”を変え、
今度は安倍晋三官房長官の革靴を、
人が見えるところでだけフトコロに入れて温める
山本一犬(太蔵と同じレベルだと思われるのがイヤで
「太」を「犬」に改名した)をイメージする人が多いと思います。
「安倍大臣、ちょっとお待ち下さい!肩に糸くずが…」
「安倍大臣だったら出来ますよ、大丈夫ですよexclamation
「私は生涯、安倍大臣に付いて行きます獵」

なんて、一犬は言ってるに違いありません。

世界レベルで見てみましょう。
織田信長を米国として考えると、
信長の草履を懐で温めた木下藤吉郎は小泉になりますね。
この図式は、今や沖縄の小学生だって知っています。

小泉将軍様のご機嫌を取りすぎた中年おばさん小池女史は、
調子に乗って米国産牛肉を食べすぎたせいで
プリオンがお脳に回り、ついに脳梗塞になってしまいましたね。
売国奴・大泉.jpg
小泉将軍様は、「自民党をぶっ壊す」と言って
日本をぶっ壊してしまった狂人です。

小泉改革のテーマ
・ 郵政民営化
・ 道路公団の民営化
・ 法務制度改革
・ 金融サービスの規制緩和政策
は、
将軍様がねじりハチマキの鉛筆舐め舐めで
徹夜で考え出したネタではありません。

米国政府が日本政府に対して
「年次改革要望書」に出してくる課題項目なのです。

これを、さも自分が発案したかのように、
「平成バブルから立ち直るための構造改革」
「聖域なき構造改革」
「改革には痛みを伴なう」
とかのスローガンをぶち上げて、
ヒットラーのように演説をしていましたが、
本当の彼の真意は
『米国のための改革』
にあったのです。

NHKのドラマ「柳生十兵衛」の第二弾、
「柳生十兵衛島原の乱」が始まりましたね。
村上弘明、カッコ良いです。

関が原の合戦(1600年)後、徳川が政権を握り、
幕府は諸藩の力を抑えるために諸藩の石高を上げるのですが、
これは年貢アップ(増税)を意味していました。

島原藩(長崎県)では、
1634〜1637年は凶作になったことや
キリシタンへの弾圧が重なって、
ついに農民の不満が爆発し、
1637年家光が将軍の時に「農民一揆」が起こったのですね。

幕府軍の認識の甘さや藩ごとによる鎮圧作戦、
指揮官の無能さ、合戦経験者の不足などもあって
幕府軍が大苦戦することになったのでしたね。

阿部定事件のあった1936年(昭和11年)には、
腐敗しきった政府要人たちを殺害した2・26事件がありました。

東北飢饉などで、自分の妹が女郎屋に売られたり、
家族が極貧生活を強いられているというのに、
政府はそういった悲劇を省みることなく
金や権力闘争にあけくれていたので、
憂国の純粋な青年将校たちの怒りが頂点に達して
「昭和維新の断行」を叫びながら、
“革命”を決起したのでしたね。

戦後は学生運動が活発化されましたが、左翼思想であったり、
経済的要求ではなく、人間的文化的要求であったり、
訳の分からない分立対立抗争になって、浅間山荘事件に至り、
終焉したのでした。

その後は、
「デモは必ず弾圧され、その後の就職活動にはマイナス」
という風潮になり、
日本人は“無関心”になってしまったのです。

フランスでは今年1月に5万人のデモがありました。
公共部門・公務員の「社会的闘争週間」と題して、
・ 人員削減反対
・ 郵便事業の自由化反対
などをスローガンに上げた運動でしたが、
今から2週間前の4月4日に
「フランスの若者向け雇用制度(CPE)」に
反対する全国デモが起こり、
労組の集計で310万人、
警察集計で103万人が参加しました。

「26歳未満の若者は、
 採用から2年は試用期間として理由なく解雇できる」

という、ムチャクチャなCPEについて、
「納得できないexclamation
と若者の怒りが爆発したのですね。

結果は、
シラク.jpg
4月10日に、シラク大統領が
CPEを撤回することを表明したのでした。

日本人も、
「ダメなものはダメexclamation
と、はっきり言えるようにならないといけない時期に
来ているようです。 


posted by RIUさん at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の政治・経済ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

大仁田は日本語が話せる猿人か?

曙1.jpg曙2.jpg
大仁田厚参院議員が元横綱曙に来夏の参院選出馬を要請したようです。

大仁田は会見で
「彼(曙)はプロレス界の救世主」
と熱烈ラブコールを送ったのです。

どこまでバカなんでしょうかexclamation&question
国会議員の大仁田.jpg
国会をプロレスの興行と勘違いしているんでしょうかexclamation&question

ヒューザー・小嶋.jpg
ここのところご無沙汰のヒューザーの小嶋に
「大仁田もいいかげんにしてほしいですねexclamationまったくexclamation
と恫喝してほしいところです。

大仁田のバカさかげんの資料は
プロレス時代から山ほどあるのですが、
呆れるほどのバかさかげんなので、他のブログに任せといて、
ここでは主だったものに軽く触れるにとどめておきます。

有刺鉄線での戦い
なぜ「有刺鉄線」にこだわったのでしょうかexclamation&question
ジャイアント馬場.jpg
彼はそもそもジャイアント馬場の付き人から出発して、
プロレスはジャンボ鶴田から
「素質がない」と見放されていたくらい弱っちい選手だから、
他の強い選手と同じリングの戦いはできなかったんですよね。

大仁田は極端な「目立ちたがり屋」で、
「有刺鉄線」で戦っている最中にもお客さんの反応を伺い
「戦いを無視しておにぎりをむさぼり食うお客さんを見るとガッカリする」
と、何と国会の質疑の最中にも発言する阿呆なのです。

橋本真也への嘆願書.jpg
引退試合
過去何度も「引退試合」を繰り返しては、復帰することを繰り返すのですが、
大仁田が最後に「大きな興行」としてぶちあげたのは、
偉大な先輩と戦い「憂愁の美」を飾ることにありました。

引退している大先輩のアントニオ猪木に対し
「猪木、出て来いexclamation」とマスメディアの前で挑発し、
周囲から「大先輩を呼び捨てにするとは何ごとだexclamation」と怒られ、
猪木も全く無視したため、
今度は2年以上前に引退している「長州力」をターゲットにしたんですね。

長州力も相手にしないと思っていたら、
「プロレスをナメる奴は許さないexclamationルールは何でも良い獵
 弱さを見せつけてやるexclamation
と応じてしまったんです。

プロレスラー時代のテレカ.jpg
試合は6年前の2000年7月30日に横浜アリーナで行われ、
大仁田は長州にリンチ状態で何も出来ず、
7分でボコボコにされて入院するハメになったのです。


最初から興行が目的で、
長州力に勝てるとはハナから思っていなかったのですから、
まあ目的は達成されたわけです。

弱さを充分にアピールされてしまった大仁田は
その後二度とリングに復活しませんでした。

選挙ポスター.bmp
国会議員として初登院
明治大学の学生服を着用して登院しようとして、
門の入口で制止され、スーツに着替え直して登院しています。

「ルール」の不勉強では、トリノ冬季五輪の原田雅彦と互角ですね。

ハマコーのカ責.jpg
郵政民営化
昨年8月8日の郵政民営化法案の参議院本会議では
ただ1人着席したまま投票せず棄権しています。

法案否決直後は涙まで流して小泉首相の強権的手法を批判し、
衆議院が解散されたら離党すると発言していたのに、
昨秋の衆院選挙で自民党有利の情勢が伝えられると、
手の平をかえして「民営化こそ改革です」と
自民党新人候補者の片山さつきの応援に出向いたのでした。

「男ってのはなぁ、男ってのはなぁ、
 民営化の為に戦う奴の事を言うんじゃあ。
 戦って、戦って、戦って、日本を全部民営化するまで
 オレは戦うんじゃい、ファイアーッexclamation


杉村太蔵衆院議員の教育係
頼まれてもいないのに、勝手に「教育係」に名乗りを挙げて、
激励文まで送ったのですが、太蔵議員に完全無視され続けて
「男として最低だ」
「のぼせるんじゃねえ」
「なめてんのか、バカヤロー」
などとブチ切れしていましたね。

太蔵教育が天命だと思っていたわけではなく、
大仁田独特の「目立ちたがり的パフォーマンス」だけなんです。

「太蔵の教育係」と騒ぐなら、「大仁田の飼育係」の方が必要でしょう。

大仁田の飼育係は、同類の山本一犬が適任です。

長崎市長選
昨年12月に、今年2月の長崎県知事選に
大仁田が立候補を検討していることが報道されました。

多くの人は、もうわかっていたはずです。
大仁田が本気ではなく、いつものパフォーマンスだということを。

先月の1月10日には長崎県知事選への立候補見送りを表明しています。

理由は
「金子知事が自身の掲げた政策の取り入れを検討する」
としたためでした。
バカバカしくていきさつも省略します。

ゴージャス松野.jpg
5年前のテレビ朝日の年末番組に出演し、
ゴージャス松野(沢田亜矢子の元夫、松野行秀)が
生意気な発言をしたことで、大仁田が激怒し、
松野にパイプ椅子を投げつけて、襲い掛かったことがありました。

大仁田は「正義感」を見せようとするあまり、
彼なりの充分な計算づくでパフォーマンスを演じたつもりでしたが、
共演者がクセモノ揃いで、
デーブ・スペクターやデビ夫人、美川憲一などから
逆にケチをつけられる羽目になって、
立場がなくなってしまったことがありました。

ゴージャス松野2.jpg
そういえば、ゴージャス松野はその後どうしているのでしょうかexclamation&question
あのキモい顔が懐かしいです。
沢田亜矢子と離婚後、
福岡市の大繁華街・中洲の橋の上で人生相談(易者)をしたり、
ホストやプロレスラーになった話を発言していましたね。

新聞記事.jpg
大仁田は、扁桃周囲炎から急性肺炎を併発して
一時生命の危機がありましたが、
このときの高熱で、猿人並みのIQがさらに悪化したのかもしれません。

あの「きっこのブログ」でも、大仁田を扱ったことがありました。

ネタ切れの大仁田の今後
「ファイアー!」と叫んで、
電話帳を引き裂いたり
有刺鉄線のオリの中で、熊やイノシシと戦ったり
新潟地震の崩れた岩を「ウリャーッ!」と投げ飛ばしたり
万景峰92号を爆破するとか、
議事堂に放火するくらいのパフォーマンスを見せつけてほしいものです。

もしかしたら、9月の総裁選に出馬するかもしれません。
「太蔵、おい、太蔵よ〜。
 男が、いいか男が、男が心を、男が心を語るときは、
 男が心を語るときは太蔵〜、腹から声出すんじゃ。
 おい〜、おい太蔵〜、
 総裁選出馬を、大仁田厚の総裁選出馬を、
 大仁田厚の総裁選出馬を太蔵〜、
 本心で見たいかっどんっ(衝撃)


救いようのないバカexclamation×2もうやだ〜(悲しい顔)

posted by RIUさん at 17:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本の政治・経済ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

12月23日(天皇誕生日)に「日の丸」を掲揚すべきかどうか?

明日12月23日は天皇誕生日です。

少し前までは、祝日には多くの家の玄関に
「日の丸」が掲げられていました。

日章旗が国旗だと法律で決められたのは、まだ最近のことです。

「日の丸」は、
1870年(明治3年)制定の太政官布告第57号商船規則に基づいて、
日本船の目印として採用されて以来、
日本の国旗として使用され国民にも愛着がありますが、
今から6年前の1999年(平成11年)施行の「国旗国歌法」によって、
正式に国旗として定められたのです。

日教組の共産主義者が学校での国旗掲揚にケチを付け出したあたりから、
徐々に掲げられなくなった「日の丸」ですが、
不思議にオリンピックやサッカーその他スポーツでは、
盛んに振られるんですよね。

12月23日は天皇誕生日であると同時に、
「東京裁判」の判決で、
1948年に絞首刑に処された7人の
「祥月(しょうつき)命日」でもあるのです。

左翼の人は「天皇制」や「日の丸」に抵抗して掲げないのですが、
右翼の人は、「祥月(しょうつき)命日」なのに、
天皇誕生日のお祝いとして「日の丸」を掲げることに
抵抗を覚えるのです。

そもそも、大東亜戦争の戦勝国のGHQは、
当時の皇太子(現・天皇陛下)の誕生日に、
わざと合わせて絞首刑を執行したとされています。

であるなら右翼思想の方は、
天皇誕生日に合わせて刑を執行した側を見返す意味で、
GHQ、東京裁判への批判意識も込めて、
むしろ堂々と「日の丸」を掲げるべきでしょう。

12月23日に処刑された7人は、以下の“大物”ですが、
彼らは、多くの軍人や国民に
「生きて虜囚の辱めを受けず」
と命令した側なんですね。
それが、終戦後に堂々と戦勝国の捕虜になり
「生きて虜囚の辱めを受けた」
わけですね。

・ 東条英機元首相,
  (判決理由)昭和16年12月8日ハワイの軍港・真珠湾を不法攻撃、
        米国軍隊と一般人を殺害した罪
・ 板垣征四郎陸軍大将、
  (判決理由)中国侵略、米国に対する平和の罪
・ 土井原(どいはら)賢二陸軍大将,
  (判決理由)中国侵略の罪
・ 松井石根(いわね)陸軍大将,
  (判決理由)捕虜及び一般人に対する国際法違反(南京大虐殺)
・ 木村兵太郎陸軍大将,
  (判決理由)英国に対する戦争開始の罪
・ 武藤章陸軍中将,
  (判決理由)一部捕虜虐待の罪
・ 広田弘毅(こうき)元首相
  (判決理由)太平洋戦争に至る日本の侵略政策作成

東京裁判=戦勝国裁判=中世の魔女狩り的な裁判
・ “偽証罪”は問わない
・ 検証もしない
という、中世の魔女狩り的な裁判でした。

旧日本軍の不法や暴虐、非人間性の犯罪行為については、
それが伝聞であっても、噂話であっても、創作であっても、
デッチあげであっても提訴されて、
裁判所は検証なしで全てこれを採択しようという、
およそ文明国の軌範を脱した裁判でもありました。

まあ、戦争で負けたのですから、しょうがないですよね。
米国が一方的に侵略したイラクの
フセイン元大統領の裁判を奇異に感じている方も多いと思いますが、
東京裁判はこれよりひどかったようです。

ちなみに、上記の7人の処刑後について
江戸時代なら
「市中引き回しの上、打首・獄門・さらし首」
といったところでしょうが、
上記の処刑された7人の遺体は横浜の久保山火葬場で火葬されて、
遺骨は米軍により東京湾に捨てられました。

しかし、2日後の12月25日に
小磯国昭(A級戦犯・首相兼陸軍大将)の弁護人だった三文字正平が
共同骨捨て場から7人分が混ざった遺灰を密かに回収し、
近くの興禅寺に預けたんですね。

その翌年の1949年(昭和24年)5月に
伊豆山中の興亜観音に密かに移されて、ここで葬られました。

その後、1960年8月16日に
愛知県幡豆郡幡豆町三ヶ根山の山頂付近に、また移されました。

三ヶ根山には「殉国七士廟」が設けられていて、
その中の殉国七士の墓に遺骨が分骨されて
安置されて現在に至っているんです。

ここには、右翼以外の方は合掌しに行かないでしょうし、
認知もされていないでしょう。


小泉将軍様が中国や韓国が嫌がるのを知りながら
挑発するように靖国神社に再三参拝に出向きます。

「靖国問題」の原点として
「A級戦犯が合祀されている」ことは知られていますね。

これは1978年(昭和53年)10月17日に
靖国神社が14人のA級戦犯を
「昭和時代の殉難者」
として合祀したことに起因しているのです。

終戦後すぐにA級戦犯が靖国神社に合祀されたと誤解されがちですが、
まだ27年前のことなのです。

A級戦犯が合祀された1978年以来、
昭和天皇の靖国参拝は行われなくなりました。
現在の天皇陛下も靖国参拝はしていません。


靖国神社に合祀されている14人の「昭和殉難者」

・ 絞首刑の7人組と以下の7人の14人です。

・ 小磯国昭(終身禁錮刑)
  1930年陸軍省軍務局長・宇垣一成の腹心として三月事件、
  1932年陸軍次官
  1935年朝鮮軍司令官
  1939年平沼内閣・40年米内内閣拓務相
  1944年首相(東条退陣後の総理大臣)
  1945年4月米軍の沖縄本島上陸を機に辞任
  1950年11月獄中で死亡

・ 松岡洋右(裁判中に死亡)
  外交官から政友会代議士(後に副総裁)
  「満蒙〈まんもう=中国の満州と内蒙古〉生命線」を唱えて
  幣原外交を攻撃
  1933年国際連盟臨時会議首席代表
  (満州国を否認する「リットン報告書」の採択に抗議して退場、
   同年3月国連脱退)
  1935年南満鉄道総裁
  1940年第2次近衛内閣外相
  1941年訪独の帰途に「日ソ中立条約」をまとめる
  侵略戦争を主張した『昭和維新』の著者で反米・親独外交を展開
  1946年6月東大病院で裁判中に死亡

・ 梅津美治郎(終身禁錮刑)
  支那駐屯軍司令官
  広田・林および近衛内閣陸軍次官
  関東軍司令官(総司令官)
  参謀総長(日本陸軍最後の参謀総長として降伏文書に調印)
  獄中で死亡

・ 東郷茂徳(禁錮20年)
  1937年駐独大使
  1938年駐ソ大使
  1941年東条内閣外相兼拓相
  1942年大東亜省設置問題で東条と対立辞任
  1945年鈴木内閣外相
  (終戦工作に従事、大東亜相、
   1948年11月拘禁中のアメリカ陸軍病院で死亡

・ 永野修身(裁判中に死亡)
  1936年広田内閣海相
  1937年連合艦隊司令長官
  1941年軍令部総長
  日米開戦では早期艦船論を展開
  山本五十六を支持して部内で反対が強かった真珠湾奇襲攻撃を承認
  1943年元帥
  裁判中の1947年に死亡

・ 平沼騏一郎(終身禁錮刑)
  検事総長
  大審院院長
  第2次山本内閣司法相
  1924年国本〈こくほん〉社を創設
  1936年枢密院議長
  1939年首相
  第2次近衛内閣内務相、第3次近衛内閣の国務相
  1945年再度枢密院議長
  1952年8月病気のため仮出所直後に死亡

・ 白鳥敏夫(終身禁錮刑)
  東京帝大卒後外務省に入省
  1930年外務省情報部長
  1938年イタリア大使となり国連脱退など軍部と連携して強硬外交を推進
  1938年駐伊大使、在独大使の大島浩と組んで日独伊三国同盟の推進を図る
  1940年外務省顧問となり松岡洋右のブレーンとなる
  大政翼賛会総務になり1942年衆議院議員
  1949年6月3日獄中で死亡(享年63歳)

posted by RIUさん at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の政治・経済ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

“ミニバブル”への警鐘!

バブル崩壊.gif

東京株式市場の異常過熱
昨日11月11日には、
国内総生産(GDP)速報値などが好感されて、
内需関連銘柄を中心に買われ、
日経平均株価(225種)は2001年5月以来、
約4年半ぶりに終値が1万4100円台を回復し
年初来高値を更新しました。

取引時間中には一時、1万4200円台も付けました。

1週間前の11月4日の東京株式市場では、
終値14,075円をつけ、
以降11に日までジワジワと続伸しています。

ちょうど4年半前、小泉政権が発足した当日の終値より、
多少高めになりました。

市場では
「日本のデフレ脱却期待や好調な企業業績などを背景
 および外部環境の好転を手がかり」
として幅広い銘柄に買いが入っているようです。

売上高も過去最高を記録した。

昨日の東京株式市場では、
東証1部の売買代金は、約2兆6492億円でした。

88営業日連続で1兆円を超え、
1兆円超えの最長記録を更新し、
株式市場の活況を裏付けています。

終値は前日比74円18銭高の1万4155円06銭。

全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)も
9・88ポイント高の1494・56と
4日ぶりに反発しました。

出来高は約25億1800万株でした。

11月2日の出来高は37億0358万株、
11月8日の出来高は45億5805株。

こうなると、「ミニバブル」ですね。

加熱の背景には、
インターネットを通じた売買を繰り返す個人投資家や
OL・主婦の投資熱が
異常な盛り上がりを見せていることにあります。

化粧品会社の「コーセー」が
「よくわかる女性のための株式講座」
を開催して大盛況だったり、
日興コーディアル証券の「エクシーズ事業室」は
スタッフ全員が女性だったり、
ネット専業のカブドットコム証券が
女性に中心アクセス数が急上昇したり、
カリスマ女性トレーダーがマスメディアに登場して、
出版したりしています。


博打に熱くなると大損する
小泉将軍様のまやかしの1つは、
大企業だけを優遇して、数字上帳尻を合わせていることです。

株に熱くなっている人たちの多くは、
景気回復期待からの企業業績の好転を“先取り”しているのでしょうが、
株価の上昇が早すぎて、実態が置いてけぼりになっています。

こういうときこそ。冷静にならないといけません。

1929年10月24日のニューヨーク、ウォール街の
株式市場の大暴落(「暗黒の木曜日(ブラック・サースデイ)」)に
端を発した「大恐慌」の直前に、
チャップリンが高値で株を売り逃げたのですが、
その理由は
「靴磨きの少年が、株の話をした」
ことにありましたね。

誰でも株買いに入ってきて、
「株価の一人歩きが危険」だと察知したんです。

くれぐれも、株式高騰に浮かれないようにして下さい。


株式高騰の背景
“株式高騰”というのは、表面的な現象です。

ジワジワと為替が”円安”にふれてきていることに注目して下さい。

年初1ドル=105円の水準だった為替が、
現在、1ドル=118円台で推移するように
一貫して”円安”にふれてきています。

ブッシュ不人気を「イラク侵略」と言い立てる
マスメディアが多いのですが、
元凶は『ガソリン代金の暴騰』にあります。

GM、フォードの大型車は、燃費が悪いことで
軒並み売れ行き大不振に陥っています。

”省エネ”に優れた日本車がブームになっていますね。

この傾向は世界的で、
中国でもトヨタ、ホンダに人気が集中しています。

米国は来年の中間選挙を控えて、
GDP成長3・5%達成を目標としています。

このためにガソリン代を人為的に下げる妙案とは
『ドル高誘導』しかないのです。

原油高はインフレ懸念を強めます。

米国の連邦準備制度理事会(FRB)のグリーンスパン議長が
最も嫌いなのは「インフレ」です。

以前の米国はデフレ懸念が拡大し、
そのために“ドル安”路線を踏襲してきましたが、
今年に入ってから、反対の“ドル高”路線になりました。

すでに米国の有力な投機筋および投資ファンドは
海外展開を次々と手じまいし、
高金利、ドル高の米国へ巨大資金を環流させつつあります。

“ドル高”は異様なスピードで進行中なのです。

年末には、1ドル=120円、
来年2006年は夏ごろまでに一時的に、
一ドル=130円になる可能性が大きいと思います。

日本の株高は、米国の“ドル高”を背景にした、
ちっぽけな恩恵に過ぎません。

世界的な動きを無視して、素人が目先の博打に熱くなると、
結果は自ずと明らかです。


posted by RIUさん at 20:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本の政治・経済ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

今回だけ、RIUさんの政局への思い!

日ごろ、政治と宗教の話はしないように心がけているのですが、
今回の衆院選挙は印象的でしたので、思っていることを書いておきます。

民主党が大敗した最大の原因は、
岡田代表に政権を担う覚悟と自信が無かったからでしょう。

上目遣いでカメラに向かい、
覇気の無い声で唸る「日本を諦めない」と言う
ネガティブで意味不明なコピー。

セリフを忘れた俳優では、名演技はできませんでしたね。


今回投票した多くの人は
「民営化しようがしまいが自分には殆ど関係がない」
と郵政民営化の得失について熟慮したのではなく、
「“民営化?いいんじゃないの”」
と言った程度の認識で投票したのだと思います。

自民党のマニフェストに120もの公約があって、
その中に「増税」や「軍国化」があるなんて知りませんでしたからね。

自民党は大勝したものの、勝利の中身は実際には極めて希薄であって,
逆風が吹けば次回は民主党が大勝する可能性も大いにあるでしょう。


小泉首相は「派閥解体」などといって
敵対派閥(橋本、堀内、亀井)だけを壊滅させましたが、
自分の派閥(森)だけはぬくぬくと太らせ、
またキリシタンの「踏み絵」を巧みに使い分け、
イエスマンだけを回りに置くことに成功しました。

お気に入りのオバさん刺客をはべらせて、
まさにハーレム気分でしょう。

別れた奥様だって、田中真紀子の時だって、
相思相愛が一転して追い出されたように、
小泉首相は根っからの気分屋で「熱しやすく冷めやすい」性格ですから、
オバさんたちも浮かれまくっていると、痛い目に合いそうですよ。

小池百合子は渡り鳥のジジイキラーですから、
小泉首相が翻弄されるのかどうか、興味は尽きませんが、
これで「結婚」だなんて言ったら笑っちゃいますよね。

「自民党をぶっ壊す!」と言ったのは
「敵対勢力を追い出し、絶対服従の奴隷家臣を揃える」
ことだったのですね。

そのうえで次期後継レースから有力だった亀井静香、平沼赳夫を
見事に排除し、高村正彦をコーナーの隅へ追いやって、
麻生太郎、谷垣禎一などの二級を浮上させつつ党内を強く統率し、
実は巧妙に次期本命の安倍晋三を排撃したのですね。

郵政民営化に反対票を投じ、自民党大勝を見て「民意」だといって、
賛成へ寝返った中曽根康弘を始め、
鞍替えを画策する多くの人たちのしょうもない様子を見ていると、
信長に反対したり賛成したりした松永弾正、三好入道、筒井順慶、細川晴元や
背後にあって政局を引っかき回した陰謀将軍足利義昭など、
あの時代と全く同じですね。

となると、誰が明智光秀になり、
本能寺の変はいつになるのか、
次の見どころはそれでしょうexclamation
posted by RIUさん at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の政治・経済ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。