2006年01月27日

東証回復で、またゴキブリのように出てくるカリスマバイヤーたち

ライブドアショックで大混乱の最中、クモの子を散らすように
マスメディアから逃げ出したカリスマバイヤーたちが、
東証が回復してきたことで、
何事もなかったかのように舞い戻って来ます。

本当に彼らがカリスマなら、
ライブドアショックのときに堂々と自分の理論を披露すべきでしょう。

それが、豚エモンショックで大混乱になった途端に、
逃げ出すところをみると、
「自身のことで精一杯」ということになりますね。

素人が株や先物取引に手を出すと、
まずほとんどの人が失敗するのは今始まったことではありません。

プロとアマチュアの差
ゴルフや将棋、囲碁などは全国的に愛好家が多く、
ときには凄腕と言われる人がいますが、
それが彼らのメインの仕事ではありません。

それで生活しているプロはどのくらいいるのでしょうかexclamation&question
ほんの一握りしかいないはずです。

株や商品先物、競馬など、
プロとアマチュアの差は歴然だと思うのです。

長くやればやるほど、大きな変動期ほど、
その差ははっきりしてしまうのです。

一本調子で上がり相場のときは、
思い切った相場を張れる人なら、
誰でも大きな収益があったでしょうが、
ひとたび混乱相場になると、
読みきれる人がどれだけいるでしょうかexclamation&question

大手商社の情報量は膨大で、
世界中の経済・為替・政局・天候などの中身の濃い情報が集まっています。

そうした上での戦略や戦術でも誤るものなのです。

今回のライブドア関連の株でも、
素人筋が大きな損益を出したものと思います。

東証が落ち着きを取り戻してきたことで、
またぞろ出てくるカリスマバイヤーたちが何を言うのか、
注目しているのです。

こういうのは、TV局で公開予想コンテストを開いて、
一定期間にどれだけ収益を上げられたのか、
OPENにしたら良いと思うのです。

失敗した人にはイエローカード、
2度失敗したらレッドカードで追放したら良いと思うのですが
どうでしょうかexclamation&question

今日は疲れているところに島酒を飲んで、頭が回りません。もうやだ〜(悲しい顔)


posted by RIUさん at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会ネタ’豚エモン関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

ライブドア関連ニュースが楽しみな毎日

堀江容疑メ.gif
落ち目の人間を袋叩きにするのは簡単なので、
ホリエモンネタは控えるようにしたいのですが、
ライブドアのバカ騒ぎ忘年会と急転直下のギャップが
あまりにも激しいことや、
kobaryu氏が歌った「大きな古時計」の替え歌の
「大きなのっぽのライブドア」
が頭から離れないので、
少しだけ気にかかるところを書いておきます。

TIME誌.jpg
「堀江社長は何も知らない」と逮捕前まではカッコ良く
堀江をかばっていたはずのbQ宮内が、
逮捕されると変身してベラベラと舌が3枚くらいあるように
積極的に喋り出して、
ホリエモンはますます窮地に陥ってしまいましたが、
小菅拘置所に入ったホリエモンの最初の言葉が
「株価は見れないんですかexclamation&question」というのも寂しいですね。

拘置所では1日に15分だけ新聞が読めるから、
前日の株価だけは分かるから大丈夫でしょう。


キーマンの自殺は、本当は他殺
・ 両手首、首の両側、腹を真一文字に切ったうえで、
火災報知機のボタンを押した
ようですが、
1人でそんなこと全部できますかexclamation&question

・ ホリエモンが、キーマンの自殺報道を聞いて「マジかよexclamation」と仰天し、
以降任意事情聴取(〜逮捕)まで六本木ヒルズ38階の
ライブドア本社会議室に「命を狙われている」と
閉じこもったのはなぜでしょうかexclamation&question

・ 東京地検特捜部が動くというのは大事件であって
今回の容疑だけであれば特捜部でなくても良かったのです。
となると、今回の容疑は別件で、その背後を狙っていることになりますね。

粉飾会計.jpg
ホリエモンの刑期予想
証券取引法違反の罰則(最大)は
「5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金」

ですが、現在の容疑だけでこんなにありますから、
・ 風説の流布等
・ 粉飾決算
・ 有価証券報告書に虚偽記載
・ 有印私文書偽造
・ 詐欺罪
併合罪になると、刑罰が最大で1.5倍になって
「5年以下」=「7年6月以下」にアップしてしまいます。

当然、併合罪になるはずですから、
少なくとも求刑は10年以上の重罪でしょう。

ホリエモンは首謀者なので、
宮内たちの1.5倍くらいの実刑になると思われます。

孫悟空の猪八戒状態だった豚エモンも、
長い規則正しい生活で出所するときには
見違えるようなスマートに変身しているかもしれませんね。

だいたい、「気をつけ」の姿勢で爪先が見えなかったら、
もう“デブ”なんですよexclamation


ライブドアとオウムの奇妙な類似点.bmp
ホリエモンとオウム麻原を対比させると、
・ 堀江は否認+署名拒否
・ 麻原は黙秘+裁判長期化戦術
・ 堀江と麻原は共に高級“メロン”が大好物
  (「メロン好き」は一般庶民の出身だという証拠!)
と類似点があることで、共通点を挙げようと思ったら、
画像のようにもう着手した人がいたのです。
素早いし、鋭いですね。


「ホリエモンの錬金術」という、
昨年8月頃に「ライブドアが粉飾決算をしている」と見抜いた記事
があって、
内容もなかなか鋭いので、
“旬”のライブドア関連で情報通になりたい人は
是非お時間のある時にご覧下さい。


ライブドアの忘年会で歌われた「大きな古時計」の替え歌
大きなのっぽのライブドア」だけでなく、
現在大問題になっているマンションの強度偽造問題を風刺した内容の
「大嘘つきな古狸」というのも発見しましたexclamation

入居者の方には申し訳ありませんが、これもなかなかイケますよ。
歌詞の一部は次の通りです。
興味のある方は、こちらをどうぞexclamation

るんるんおおきな態度の古狸 小嶋(おじま)さんと 姉歯
百年 もつとうそぶいてた ご自慢のコンビさ
小嶋さんの 指示で姉歯が 偽装した図面さ
いまは もう後がない オジャマモン
土日も 休まずに
築 宅 築 宅 小嶋さんと いっしょに
築 宅 築 宅 いまは もう後がない オジャマモンるんるん

posted by RIUさん at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会ネタ’豚エモン関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

さすらいのギャンブラーだった“ホリエモン”

絶好調の頃.jpg
実社会とTVゲームを錯覚・混同していた“ホリエモン”に
東京地検特捜部が思わぬ強制捜査に入り、
ライブドア関連株が投売りされたり、
東証のシステムに問題が発生したり、
大混乱に陥っています。


ホリエモンについて
1.側近の謎の“自殺”
  ライブドアの前身の「オン・ザ・エッヂ」時代から
  ホリエモンの側近で、マザーズ上場の際に貢献し、
  現在はエイチ・エス証券の副社長・野口英昭(38歳)が、
  なんと那覇市のカプセルホテルで自殺?しました。

  自殺も驚きですが、
  沖縄にもカプセルホテルなんていうハイカラなものが
  あったなんてことも驚きでした。

  今回の事件でも、ライブドアの企業買収に関与していたとして
  地検特捜部から家宅捜索を受け、
  自殺した当日(昨日)には
  任意の事情聴取を受ける予定だったんですね。

  ホントに自殺なんでしょうかexclamation&question

  世間を震撼中の耐震偽装問題でも
  森田設計事務所の森田信秀社長が早々と“自殺”したのだって、
  絶対おかしいですよねexclamation

  大きな事件になると決まってキーマンが“自殺”しますが、
  サスペンスでは、それを暴くのが警察や検察だと思うのですが、
  県警や那覇警察の能力を考えると「自殺」で決定でしょう。

2.愛人・西村美保との破局
  2004年7月に発覚した愛人・西村美保とは
  昨秋には破局していたことが報道されました。

  西村美保.jpg
  西村が「結婚をしつこく迫った」ことが主因です。

  ホリエモンは西村がやりたいと言う宝石デザイナーとか、
  いろいろなものに金を出したのですが、
  彼女に肝心の“センス”がないため、
  何をやってもパッとしなかったんですね。

  愛人の身分のままでいれば、まだ関係は続いていたはずですが、
  東京地検の強制捜査を受けた今からすると、
  西村も別れて良かったのかもしれません。

  ヒルズ族の別の成金をめっけて乗り換えたのかもしれませんね。

  捜査当局も、
  もしかしたら西村から任意で事情を聞くかもしれませんが、
  彼女は何も知るわけがないでしょう。

  西村は「ホリエモンに捨てられた女」から
  「ホリエモンから逃げ出した女」として
  アピールする絶好のチャンスが巡ってきたようです。

  “旬”である今、TVに登場しなかったら、
  もうチャンスはないのではexclamation&question

  合コンの日々.jpg
  西村との破局騒動後、フジTVの女子アナやタレントを中心に、
  ホリエモンの争奪戦が始まっていました。

  「懲りない女高島AYAの動きがリード」
  という展開でしたが、どうなったのでしょうかexclamation&question

  昨年10月に約30億円で購入したという自家用ジェット機で、
  年末年始に取り巻きや吉川ひなの等総勢30人くらいで
  パラオで静養し、ラスベガスに移動して
  ギャンブルを楽しんだようですが、
  吉川ひなのは変人なのでホリエモンと合うかもしれませんね。

3.ホリエモンの秘密口座
  昨年6月、ホリエモンは突如として4,000万株もの
  ライブドア株を売却し、
  総額142億8,000万円をGETしています。

  一時「宇宙事業に進出する?」と騒ぎ立てられたときの金ですね。

  実際にはケイマン、スイス、香港に隠し持つ秘密口座で
  その金は運用されているのです。

  なかでも香港には4つの極秘口座を持ち、
  600億円もの資金を投じてポンドの売買をしています。

  ホリエモンは今回の東京地検の強制捜査は
  全く予知していなかったので、
  社内の対策が十分なされていないために、
  東京地検が持ち帰って分析を急いでいる
  「メールの履歴」「消したデータの復元」などにより、
  最悪は逮捕(1月下旬〜2月上旬予定)、
  逮捕されなくても辞任は免れないところでしょう。

  私が受験して見事に不合格だった東大に簡単に入学しながら、
  「得ることがない」と中退してしまったホリエモンですから、
  非合法な株価操作でいずれ検察の介入があることは予期していて、
  そのため海外で一生遊んで暮らせるだけの資金は
  海外で運用されているわけですね。

  当然、捜査当局や国税も知るところで重大な関心を持っていますから、
  そのうち新聞紙面にも出てくることでしょう。


4.亀井静香氏の「刺客」として
   “ホリエモン”を送り込んだ小泉自民党の失態

  小泉将軍様は、ホリエモンのメディアでの露出度、存在感に期待して
  宿敵亀井静香の「刺客」として
  “無所属”で立候補した“ホリエモン”を送り込みました。

  『「無所属」だから関係ないよ』
  というのは、小泉自民党幹部の連中が今頃になって言っている
  「言い訳」なんです。

  “ホリエモン”はITというものを材料にしてマネーゲームを展開し、
  「カネを儲けることが全て」、「カネで人の心も買える」、
  という言動や思想は余りにも有名です。

  昨年9月の衆院選選挙の争点は、
  単に「郵政民営化の賛否」ではなく、
  郵政政局はポスト小泉をめぐる権力闘争でした。

  そのため、亀井静香や平沼赳夫、野田聖子といった
  ポスト小泉候補として意欲を示す議員たちも政治生命をかけたんですね。

  そこにホリエモン的な異次元の異物を入れてはいけなかったんです。

  後に“ホリエモン”は、
  「天皇制は廃止するべきだ」
  「日本は大統領制にするべきだ」
  という馬鹿げた考えを披露しました。

  『選挙に勝てさえすれば「刺客」は誰でも良い』、
  というムードが優先してしまって、
  太蔵くんも含めて当選議員のメンバーを見渡すと、
  残念ながらそれは明白ですよね。もうやだ〜(悲しい顔)

  小泉将軍様自ら“ホリエモン”に会い、立候補を促したのです。

  「社長を辞めるのが条件」とされて、
  “ホリエモン”は自民党公認をあきらめますが、
  武部幹事長同伴で、
  自民党の記者クラブで「無所属出馬」の記者会見を
  行なってしまったのでした。

  これは大失態です。

  “ホリエモン”は郵政民営化反対派の急先鋒、
  亀井静香氏の「刺客」になりました。

  結果、“ホリエモン”は落選しましたが、
  彼を祭り上げた「小泉自民」執行部(特に武部)の
  責任が問われることは間違いないのです。

  小泉構造改革は
  「強者と弱者、勝ち組と負け組という“2極分化”」
  を作り出しました。

  そういう意味では“ホリエモン”は「勝ち組の筆頭」であり、
  「ヒルズ族」の象徴でもありました。

  薄っぺらい小泉改革とホリエモンが何となく重なって見えてくるような
  イメージすらありますね。

  「カネがすべて」というホリエモン式錬金術は、
  法の隙間を狙う危うさに満ちていました。

  そういう風潮が蔓延していくのを検察が見逃すはずがないのです。

  じっくりと内偵捜査を進め、
  立件しやすい部分から強制捜査に着手しましたから、
  “確証”を持っている、ということです。

  「証拠」が出れば、一巻の終わりですね。

  万一、証拠不十分で立件されなかったとしても、
  検察としては目的を十分に果たしたことになるのです。

  少なくとも今回の強制捜査よって、
  堀江型のマネーゲームに歯止めがかかることになるのは
  間違いないでしょう。


5.乗っ取り屋の末路
  1980年代の米国では、“乗っ取り”がブームでした。

  乗っ取り屋は、
  社会的にはとても良いイメージとは程遠く異端者扱いです。

  いくら米国が資本の論理で振り回されるとはいえ、
  常識的な不正義は、たとえ法律的に合法であろうとも不正義であって、
  モラル違反はいずれ厳しく追及される運命にあります。

・ 「乗っ取り王」といわれ、
  自家用飛行機で全米を駆け回って
  80年代後半には米国所得番付1位、
  『タイム』の表紙も飾ったT・ブーン・ピケンズは
  日本にまで遠征し、小糸製作所の筆頭株主にもなりましたから
  ご記憶の方も多いと思います。
  そのピケンズは、その後離婚、自社の倒産、
  そして強度のストレスからくるうつ病との闘いで亡くなっています。

・ カール・アイカーン(ユダヤ人)は、
  TWA航空を乗っ取り、自ら経営に乗り出しますが、
  同社は数年を経ずして会社更生法を申請し、
  スッテンテンになりました。

・ これらの乗っ取り王の内部情報に預かり、
  インサイダー取引で巨額の利益をあげたのが
  理論家で、投機家のアイバン・ボウスキー(ユダヤ人)たちでしたが、
  彼らはやがて塀の中へ入る運命をたどりました。

・ またこれらの乗っ取り王に資金を提供したのが
  ジャンクボンドの発明者マイケル・ミルケン(ユダヤ人)でしたが、
  彼も塀の中に入りました。

なぜかユダヤ人が多いですね。

アングロ・サクソンの「合法なら何でも挑戦しよう」という伝統を、
ユダヤ人は「合法すれすれ」のレベルから
「より黒に近いゾーンでも展開しよう」と
高度の法律テクニックを用いるようになりました。

その荒っぽいやり方は決して米国人全体が好意的に受け入れたわけでもなく、
映画「ウォール街」では彼らは悪役に描かれましたね。

日本でも「乗っ取り」はそれほど古い商いではありません。
・ 白木屋デパートを乗っ取った横井秀樹
・ 乾汽船やよみうりランドを乗っ取った糸山英太郎
・ 東急を興し、三越などを乗っ取った五島慶太
・ 熱海ホテル、山中湖ホテル、強羅ホテルを乗っ取った
  国際興業の小佐野賢治
・ 敗戦のドサクサにまぎれて貴族の土地を二束三文で買い叩いて
  一代財をなした西武の堤康二郎

彼らが業績を伸ばしたのは乗っ取りによる拡大路線が基本にありました。

そして、彼らも“幸福”な人生とは程遠いようです。
好き勝手して死んだ西武コンツェルンの総帥堤康二郎を除いては。

ライブドアの堀江が風前の灯になり、
楽天の三木谷浩史社長はTBS経営統合に失敗し大きな深手を負いました。

はたして、村上ファンドの村上世彰には
今後どういう“天誅”が下るのでしょうかexclamation&question

にしても今日の沖縄は晴れ日中24度以上もあって、
半袖でも十分な暑さでした。


posted by RIUさん at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会ネタ’豚エモン関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。