2006年10月05日

橋本聖子センセの仕事は、小づくりだけではなかった!〜その3

10月3日(火曜日)に、日本スケート連盟の
元会長・久永勝一郎容疑者(75歳)らが逮捕されたことで、
取材陣が、スケート連盟の橋本聖子センセの
コメントを取ろうと殺到しましたが、
聖子センセは、あろうことか、
目が泳いでいるところをTV報道されてしまいました。

「どえりゃあことになってしまったがねexclamationがく〜(落胆した顔)

聖子センセ.jpgayu.jpg
浜崎あゆみのように、整形した目をバッチンバッチン見開きして、
狼狽していた姿をご覧になった方も多いと思います。

本当だったら、
「膿みは全て出し切り、新体制で信頼回復に努めるがねexclamation
「越前屋や悪代官は、いつの世でも捕まる運命だがねexclamation
と、
スケート連盟の会長として毅然として言うべきところを、
ドギマギしているのですから、
聖子センセが、警視庁に
「スケート連盟を私物化して、
 カネをしこたま横取りした越前屋を早く逮捕してちょうexclamation

と言っていなかった裏返しでもあるのです。

聖子センセは、
来夏の参議院議員選挙に出馬しなければならず、
そのために冬季スポーツ界の票をまとめたいがために、
わざわざ日本スケート連盟の会長職を受諾したのであって、
連盟の“火消し”のためではないのです。もうやだ〜(悲しい顔)

そのため、出来る限り“穏便”に
済ませる方法を探っていたのでした。

そんなときに、警視庁が
久永元会長らを逮捕してしまったのですから、
「どえりゃあことになった」がく〜(落胆した顔)
と、
狼狽してしまったわけです。

聖子センセの親族が、聖子センセの選挙活動費の名目で、
知人女性から2,200万円を借り入れて、
そのうち700万円しか返済しなかったために、
金銭トラブルになっているのです。

聖子センセは、1995年7月の参議院議員選挙に
自民党から「知名度」をあてにされて出馬を要請され、
おだてられて木に登り、
ホントに出馬してしまい、当選を果たしました。

1998年4月に、聖子センセの親族が知人女性に
「選挙資金が必要」
と、
3回に分けて合計2,200万円を借り受け、
その後、200万円は親族が直接知人女性に持参して返済し、
500万円は「橋本聖子事務所」名義で、
知人女性の銀行口座に振り込まれ、
残りの1,500万円が未返済のため、
女性が札幌地裁に提訴していたのでした。

この間、2001年(平成13年)7月の参議院議員選挙で、
聖子センセは、比例代表6番目で、
見事2期目の当選を果たしました。

自民党比例区順位(抜粋)
1位 舛添要一
2位 高祖憲治(橋本派)もうやだ〜(悲しい顔)
   当選して2ヶ月足らずで、
   「郵政一家」の組織ぐるみの公職選挙法違反事件で辞職
3位 大仁田厚もうやだ〜(悲しい顔)
4位 小野清子(江藤派)
5位 岩井國臣(橋本派)
6位 橋本聖子(森派)
 …

昨年11月に、札幌地裁で判決が下りて、
知人女性の言い分が通り、全面勝訴してしまうのですが、
その後も親族や聖子センセの事務所が、
知人女性に返済をしないことで、この女性がぶち切れて、
親族の資産や聖子センセの議員報酬の差し押さえを申請し、
9月1日に、これが認められているのです。

自分の政治生命を最優先するのもいいけど、
スケート連盟だって本気で改革出来ないなら、
「国をどうするか」
なんて、向いてないんじゃないのexclamation&question

聖子センセは、参議院より産院向きかもね。もうやだ〜(悲しい顔)

posted by RIUさん at 16:06| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

橋本聖子センセの仕事は、小づくりだけではなかった!〜その2

日本スケート連盟不正支出の件で、
警視庁捜査2課から事情聴取を受けていた
同連盟元会長の久永勝一郎(75歳)と
同連盟の元専務理事の松本充雄(69歳)、
東京都渋谷区のイベント会社役員の計3容疑者が、3日午後、
同連盟の資金を目的外支出し連盟に損害を与えたとして、
背任容疑で逮捕されました。

19人の役員のうち8人が理事を引責辞任する
異例の事態となった一連の不明朗会計問題は、
スケート界の「ドン」と呼ばれた久永元会長が逮捕されたことで、
ようやく実態解明へ向けて、大きく動き出しました。

捜査2課の調べでは、久永容疑者ら3人は、共謀して、
2002年3月に長野市で開かれた
第92回世界フィギュアスケート選手権大会で、
出場する選手や役員の宿泊の手配などを委託した
イベント会社側からスケート連盟に
580万円水増し請求させて、その差額分(580万円)を、
そっくりそのまま久永元会長に
現金でキックバックするという手口で裏金を簿外にプールし、
同連盟に損害を与えた疑いで逮捕しています。

世界フィギュアスケート選手権大会は、
国際スケート連盟(ISU)が主催する
フィギュアの世界最高峰の大会で、
開催地の長野県や長野市も補助金を出していました。

久永元会長は、同大会開催時を含む1998〜2002年には
国際スケート連盟(ISU)では
フィギュア担当の副会長も務めていました。

久永元会長による同様の目的外支出は、
1998〜2004年の会長在任時にたびたび繰り返され、
総額5000万円を超えるとみられていますから、
今回の容疑は氷山の一角であって、
実態解明はまだまだ始まったばかりなのです。

久永元会長はフィギュア選手出身で、
18年前の1988年カルガリー五輪では
日本のフィギュア監督を務めました。

6年間にわたって会長を務めた久永元会長は
2004年6月、大会経費の不正流用が
内部で問題化したため退任し、
同年10月には、同委員会の事務局も閉鎖しました。

トリノ五輪直後の今年3月、国際大会のずさんな運営で、
3億2000万円を超える赤字を抱えていた問題とともに、
不明朗な経費処理が一気に表面化し、
以降、明らかに刑事事件なはずなのに、
冬季スポーツ界も小さな村社会だということもあって、
膿みを出し切って信頼回復に努めようとする
リーダーシップを取れる人物が不在だったのです。

今回、背任で逮捕となった連盟の簿外資金は、
すでに表面化している不明朗な経費処理とは別で、
その存在が明らかになるのは、初めてのことでした。

“裏金”といわれる水増し請求分は、
国際大会の運営を担当する「国際事業委員会」の委員12人に、
精算の必要のない経費などの趣旨の
『通信・事務運営費』という名目の
“「特別手当」=口止め料”として、
1回数十万円〜百数十万円ずつ不定期に渡されていました。

久永元会長自身も100万円余りを手にし、
私的に使ったとされています。

『通信・事務運営費』の額は、
各委員が実際に使った経費の額などを確認しないまま、
「お前は、顔が気に入らないから、こんだけ」
「お前は、おだてがうまいから、こんだけ」
「面倒くさいから、はいこんだけ」
と、
同委員会の会長を兼任する久永元会長の
一存で決められていました。

同委員会の業務にほとんど携わっていないのに、
多額の手当を受け取っていた委員もいたとみられます。

このため警視庁では、『通信・事務運営費』が、
実際にどのように使われたかについても追及するようですから、
『通信・事務運営費』をスケート連盟に全額返済して
「オラ、関係ないョ」
と逃げ切ろうとした小ズルい元委員たちも、
じき警視庁に招集されることでしょう。

スケート連盟の新旧幹部は、
こぞって久永勝一郎元会長や松本充雄元専務理事に
責任を全てなすりつけて、
「あいつらが連盟を私物化した」
と大合唱ムードですが、
この新旧幹部メンバーの中に、まともな人間がいないから、
越前屋の暴走を許したのですから、
「全部、あいつらのしわざ」
というのは、お門違いで、
自分たち執行部の無能さを露呈しているようなものなのです。


久永元会長が会長に就任した直後、
自らが社長を務めていた健康用品販売会社の
事務所でもある東京都豊島区内の
城田憲子所有のマンションの一室に、
同委員会の事務所を移転し、
新たに職員2人を雇い入れて、
同委員会の事務にあたらせていました。

国際大会の誘致・運営や資金管理を
久永元会長が好き勝手に取り仕切り、
その利権にあやかりたい城田憲子が
久永元会長の肩を揉んだり、マッサージしたり、
山本一犬のような忠義ぶりを示し、
「あっ、肩に糸クズが…」
「ここ、凝ってますね」
とか言って、ゴマをすりつつ、
“女帝”を気取っていたんですね。

昨年絶好調の浅田真央ちゃんの五輪出場推薦を独断で阻止し、
絶不調の安藤美姫をトリノ五輪に送り込んで惨敗させたのだって、
スポンサーの利権がらみですし、
久永元会長とは一蓮托生の間柄なのですから、
城田だって、叩けばいくらでもホコリが出てくるはずです。
警視庁でも布団叩きで、ビシバシしばいてあげて下さい。


スケート連盟の元専務理事の松本充雄容疑者の自宅は、
長野県諏訪市大手町1丁目ですから、
“くまぇり”(諏訪市湖南町)に続いて、
またしても諏訪市は悪名高くなりそうです。

posted by RIUさん at 08:37| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

橋本聖子センセの仕事は、小づくりだけではなかった!〜その1

橋本聖子センセは、
9月28日に第三子目となる男児を出産し、
3日後の30日には
日本スケート連盟の評議員会に出席していました。

6年前の2000年の初産でも
出産後1週間で公務に復帰したように、
“健康だけが売り”で、
「小づくりが一生懸命なのは解るが、
 参議院でいったい何をしているのexclamation&question

と、
ずっと謎に思っていました。

竹中平蔵総務大臣が、無責任な議員辞職をしたことで、
繰上げ当選になった神取忍センセにしても、
橋本聖子センセと同年齢(41歳)で、
こっちも、議会が粉糾したときの会場整理要員とか
浜田幸一元センセのようにバリケードの撤去要員くらいしか
役立つはずがないでしょうから、
「せいぜい、政治ごっこ、頑張って下さい」もうやだ〜(悲しい顔)
と、
国を憂いでいたのですが、
今朝、日本スケート連盟で
不明朗な会計処理が相次いで明らかになった問題で、
ついに動きがありました。

警視庁が久永勝一郎元会長(75歳)を背任容疑で
本日早朝から事情聴取を開始し、
容疑が固まり次第逮捕されることになりました。

橋本聖子センセは、親族の借金トラブルで、
聖子センセの議員報酬まで差し押さえられる事態に
発展していて、
来夏の参議院選挙には、
何が何でも立候補せざるを得ない状況に追い込まれています。

聖子センセが、日本スケート連盟の会長に
7月1日付けで就任したのだって、
冬季スポーツ関係者の票集めが主目的ですから、
日本スケート連盟不正支出の処理は、
あまり積極姿勢ではなかったのですが、
事件報道が余りにも公になってしまって、
聖子センセも警視庁に相談に行かざるを得なくなり、
警視庁でも放って置けなくなって、
捜査2課は、スケート連盟から任意で資料の提出を受け、
関係者から事情を聴くなどして捜査を進めていたわけです。

警視庁や警察本部には、
テレビドラマや踊る大捜査線に出てくるように、
・ 捜査1課 殺人など強行犯
・ 捜査2課 知能犯
・ 捜査3課 窃盗犯
・ 捜査4課 暴力団犯罪
と、それぞれ所掌しています。

それで、今回の背任・横領は2課の担当なわけです。

所轄の警察署の刑事課では、
・ 1係 殺人など強行犯と窃盗犯
・ 2係 知能犯と暴力団犯罪
と分かれているんですね。

警視庁が任意同行を求めたのは、今朝7時で、
東京都練馬区富士見台2丁目の
久永勝一郎元会長の自宅に迎えに行きました。
  久永・元会長.jpg
警察の任意同行は、前夜から張り込みをして、
本人が帰宅しているのを確認して、
朝どこかに出発してしまわないように、
その前(=6〜7時の早朝)に、数台の車でお迎えに行き、
身柄を拘束する、というパターンがふつうです。

捜査当局は、これまでに充分な下調べをしていますから、
本来、任意でも呼ばれた時には、
拒絶することも出来るし、
聴取中に退席することも出来るのですが、
証拠をほとんど押さえられて、
もはや“自供”の段階ですから、
久永勝一郎元会長は、このまま逮捕され、
自宅に戻れないと思いますので、
次回、もう少し詳しく解説することにしましょう。

フィギュアの女帝だった城田だって、
どうなるか解りませんよ。

posted by RIUさん at 12:24| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

スケート連盟の横領・背任疑惑は、結局、ウヤムヤの方向へ

「すぐにでも刑事告訴する」
「6月末までに告発する」
「刑事告訴の方向で検討する」

世間の関心と非難の声が高い間は、
渋々“刑事告訴の検討”を始め、世論を気にして
「今すぐにでも告訴する」
ポーズだけを連発していましたが、
スケート連盟側のトーンが
下がっているのが気になっていました。

スケートという種目は、フィギュアを入れても、
おおよそ名古屋から北海道までの地域が中心の
地域特性の強い冬季スポーツです。

これらの地域では、
学校教育やスポーツ地方団体が密接な関連を保ち、
ピラミッド構造型に構成されています。

国会議員の政党内の派閥のように、
スポーツ社会でも中央の役員や理事の派閥が、
ピラミッドの力関係にも大きな影響を与えています。

密接に、複雑にからみ合った人間関係は、
大げさに言うと、競技者の人生にも
大きな関わり合いがあるはずです。

そういう“村社会”として、
今回の横領・背任疑惑をとらえたときに、
橋本聖子・新会長が、
大先輩たちをお縄にするような“英断”を
下せるのかどうかを危惧していたのです。

また、橋本聖子参議院議員の得票は、
冬季スポーツ関係者が主力のはずですから、
これらの一部を敵に回してまで、
“英断”を下せるのかどうかも疑わしかったですし、
さらに、
「一生懸命に仕事をしているようなフリだけで、
 実は大したことは何もしていない」

という議員特有のズルさを覚えてしまっているようにも、
能弁な挨拶から感じ取っていました。

橋本聖子新会長体制の
日本スケート連盟の今年度初の理事会は、
昨日10日(月曜)、東京都内で開かれました。

50項目近い議題があり、
議事は3時間の予定が5時間以上にもなったそうです。

橋本新会長は
「理事の方々に意見をうかがって相当な時間を費やした。
 今まで以上に現場の意見を吸い上げていきたい」
と記者団に決意を語りましたが、
新会長として、
避けては通れない掲示告訴という“英断”については、
「現在、警視庁と相談している」
と、さらにトーンダウンしてしまいました。

警視庁との相談だって、ホントかどうか疑わしいところです。

国際事業委員会を巡る、
一連の不祥事の反省として設置を決めた「業務改善委員会」は、
会長代行をしていた林泰章副会長を
委員長に選んで発足させたようですが、
「警視庁との間で(相談を)進めていきながら、
 新しい組織として、前向きな展開を考えたい」

「もう1人の副会長と専務理事は、8月初めまでに決めたい」
などと語っているところを見ると、
橋本センセは、
自民党特有の“護送船団方式”を取り入れ、
あっちこっちに余計な相談、根回しをしているうちに、
“大英断”以外の道、
すなわち「示談」での決着を考えるように
なってきたものと思われます。

今回のスケート連盟の横領・背任疑惑は、
明らかな犯罪ですから、
これが普通の会社であれば、
とうに刑事告訴されているはずです。

「示談」は、犯罪をウヤムヤにするだけで、
信頼回復には程遠く、
NHKの不祥事を内部でもみ消すのと同様の行為なのです。

NHKは信頼回復にも結びつかず、
何ら体質も変わらず、不祥事が消えません。

「もう1人の副会長と専務理事は、8月初めまでに決める」
ということですから、
今月はもう横領・背任疑惑では動かないことを意味し、
8月以降もズルズルと時間稼ぎをして、
「人の噂も七十五日」
で、
世間が忘れた頃に「示談」での“完全決着”を
するつもりなのでしょう。

就任早々、センセの力量が露呈してしまいましたね。もうやだ〜(悲しい顔)

エガちゃん.jpg

posted by RIUさん at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

スケート連盟の不明朗な会計で刑事告訴する話はどうなったの?

参院議員の橋本聖子センセが、
6月18日に日本スケート連盟の新会長になって、
・ 引き受けた以上、人任せにするつもりは一切ない。
・ 表だけクリーンにしようとしたばっかりに、
  いろいろなひずみが出たのが今回の不祥事だと思う。
  大事なのは財政。
  しっかりした財政基盤をつくりたい。
・ 私は現場主義の人間。
  現場の声を拾ってあげられる連盟でありたい。
などと、
“完全燃焼”宣言をぶち上げていましたね。

さすがセンセだけあって、挨拶だけは立派でしたが、
「問題は実行能力」
なのです。

橋本センセは、
疑惑の中心とされる久永勝一郎元会長の告訴についても
「その方向で行く」
と強い姿勢を打ち出していましたし、
新執行部で副会長に就任した林泰章会長代行は、
「6月中に、久永元会長を背任などで刑事告訴する」
という考えを言明していました。

「司直の手にゆだねれば、
 久永元会長だけでなく関与した人間も出てくる」

と、
他の国際事業委員会の委員(=城エモンたち)にも
飛び火する可能性を示唆していたのです。

今日は、たしか七夕だよねexclamation&question
ということは、
7月に入って7日目ということですが、
“刑事告訴”の話は、
どうなっちゃったんでしょうかね、まったくexclamation
   なつかしの嶋さん.jpg

“刑事告訴”の話は、
もうずうっと言われ続けながら、
なぜか実行に移されません。

昔から
「“今度”と“お化け”は、出たためしがない」
という格言?がありますから、
「今度、今度…」
と言いながら、
人の噂も七十五日で、うやむやにする気なんでしょうかexclamation&question


橋本新会長は、最初の仕事として、
シチ面倒くさい“刑事告訴”なんかは後回しにして、
6月下旬にブダペストで開かれた国際連盟総会に出席し、
6月27日に帰国しました。

なんでも、橋本新会長は、
アジア連盟総会で副会長にも任命されたようで、
国際スケート連盟のチンクアンタ(今度からタクアン)会長から
「新たな改革に取り組んでほしい」
と言われたとか、
帰国後の会見でも、
「各国に女性会長はほとんどいない。
 女性が多いフィギュア関係者からも歓迎してもらった。
 世界を見ても一番若いと思った」
と、自慢話を語っていましたが、
「綺麗に、立派に」
と張り切るのも良いけど、
センセは、まず
「嫌われ者になる覚悟」
をしないと“改革”なんて出来ないんだけど、
わかってないみたいだね。

センセは、
ブダペストの国際連盟総会後は、精力的に
日本オリンピック委員会(JOC)などに
就任のあいさつ回りもする予定だそうですけど、
センセは、典型的な“根性バカ”のようで、
「体力の続く限り、汗をかいて動き回るのが仕事なのさexclamation
と思っているようですね。

そのうち、
夕陽の海岸を走り回り、
「バカヤローexclamation
とでも叫ぶつもりなんでしょうか、森田健作みたいに。

じゃあ、断腸の思いで
「今までご恩になった大先輩たちをお縄にする」
という
避けては通れない試練は、どうなっちゃったのexclamation&question


日本スケート連盟の役員は、
6月末で任期満了の改選になり、
7月1日から2年間は、以下の新しい布陣になりました。
新執行部の役員を見てみましょう。

・ 名誉会長(荘 英介・留任)
・ 会長(橋本聖子)
・ 副会長 (林 泰章・前会長代行
・ 専務理事(有賀豊文・留任)スケート医事委員長
・ 理事  (堀内光一郎)富士急行社長
・ 理事  (平松純子)フィギュア委員長
・ 理事  (大石雅寛)弁護士
・ 理事  (新保 實)スケート委員長、札幌のうなぎ屋店主
・ 理事  (両角 勝)スケート副委員長
・ 理事  (中嶋 進)
・ 理事  (山口広道)
・ 理事  (加藤真弓)
・ 理事  (鈴木恵一・留任)スケート
・ 理事  (田村正人)
・ 理事  (森田勝昭)
・ 理事  (伊東秀仁)
・ 理事  (岩島直巳)スケート副委員長
・ 理事  (山崎弘雄)
・ 理事  (久田順子)
・ 監事  (天野好人)
・ 監事  (黒井重治)
・ 監事  (藤原 林)

任期満了による退任は、以下の16名に及びました。
・ 元副会長 藤森光三 フィギュア強化部長
・ 理事 松本充雄   スケート法制部長、国際、マーケ、
            オフィシャル、HP委員長
・ 理事 小野長久   フィギュア総務本部長、
            国際部長、国際事業部長
・ 理事 亀岡寛治   スケート事業本部長
・ 理事 宮本之男   スケート法制部長、マーケ委員長
・ 理事 須貝安博   スケート財務部長
・ 理事 尼子健二   フィギュアフィギュア事業部長
・ 理事 瀧澤甲子彦  フィギュア普及部長
・ 理事 城田憲子   女子フィギュア強化部長、
            オフィシャルサプライヤー委員長
・ 理事 川上隆史   ショートトラック強化部長
・ 理事 高橋貞夫   スケート、北海道
・ 理事 神山公佑   スケート、東北・青森
・ 理事 星野 仁   スケート、関東・栃木
・ 理事 松山孝司   スケート、関西・京都
・ 監事 工藤祐信   スケート、岩手
・ 監事 鶴田智之   スケート、群馬

退任者は、城エモンや亀エモンを始めとして、
久永元会長に近い人たち、
つまり黒に近いグレーの小悪党の人たちが多いですから、
刑事告訴では、芋ズル式にお縄になるはずでしょう。

橋本センセも、
「やるぞ、やるぞ」
とコブシを挙げるのは、
普天間基地の県内移設反対を叫ぶ人たちに任せといて、
センセは、
ヤル気が充満していることは、もう充分わかったから、
早く“公約”を実行ししてくれexclamation

久永元会長や城エモンが、
北に亡命しちゃったら、どうすんだexclamation&question

 弱気.jpg


posted by RIUさん at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

橋本聖子氏はホントにスケート連盟を立て直せるのか?

「私は貝になりたい」
は、
1958年(昭和33年)の
東京放送(TBSテレビジョン)の前身、
『ラジオ東京テレビ』(KRT)の単発のテレビドラマで、
芸術祭文部大臣賞を受賞した作品です。

フランキー堺が主演していました。

私もハイライト部分だけを見たような記憶があります。

内容は、
平凡な床屋の主人が赤紙で招集され、
戦時中に上司の命令で米兵捕虜を殺害したら、
戦後復員した後の軍事裁判で問われ、
BC級戦犯として処刑される

という悲劇を描いた作品でした。

城エモンも、立派な犯罪者に違いないのですが、
「人の噂も七十五日」と本気で思っているのか、
「スケート連盟の仲間が刑事事件にするわけない」
とタカをくくっているのか分かりませんが、
現在「私は貝になりたい」と死んだフリを継続しています。

昨日18日に、
日本スケート連盟では理事会、評議員会を開き、
スピードスケートの五輪メダリストで
参院議員の橋本聖子センセを新会長に選出しました。
  橋本聖子センセ.jpg  
さすが、国会議員だけあって、
挨拶だけはご立派でしたね。

二重まぶたの手術をされたようで、
そこばかり見入ってしまいました。
少女マンガの主人公の目のようでしたが、
あれで成功だったのでしょうかexclamation&question

ゲスな私は、
ハゲやカツラの人を見ると、
そこだけ凝視してしまうクセがあるのです。もうやだ〜(悲しい顔)

任期は7月1日からの2年間ですが、
この新執行部をけん制するためか、
久永勝一郎スケート連盟元会長は
先週2,270万円を連盟へ返還しています。

この久永ってジイさんは姑息な男で、
連盟をなめきっているようです。

「オラを訴えたら、困るヤツがおるでexclamation
と考えているのでしょうかexclamation&question

「困るのはアンタ」
のはずなんですがねえ。

どうしてセコイかっていうと、
国際事業委員会をめぐる不透明支出などの
一連の問題の中で、
規定にないのに国際事業委員12人に分け与えた
「通信費・事務運営費2300万円」のうち
久永元会長が受け取った450万円と、
久永元会長自身が経営していた池袋の
個人企業を通じて得ていた競技大会記念品納入に際する
転売益約1820万円など
「調査で明るみに出た部分だけ
について、
計2270万円を返還してきたのです。

しかも、本人が直接カネをもってきたのではなく、
弁護士が持ってきたんですよね。

さらに、
「ごめんちゃい」
と、
今ごろになって“和解”を求める文書まで提出してきたのです。

このクソ痔Gに、
連盟内部の動きをリークしているヤツがまだいるってことですね。
城エモンでしょうか。

見苦しい往生際です。

腐ったミカンは、
久永元会長と城エモンだけではありませんから、
新執行部はこの際徹底的に浄化をしてほしいものです。

そんなことをしたら、全員いなくなっちゃうかなexclamation&question

新執行部は、
「今月中に刑事告訴(背任・横領)する」
と言っていますが、
何しろずいぶん前からそんなことを言い続けているので、
耳にタコができてしまって、
もはや“オオカミ少年”状態ですが、
「元会長を刑事告訴する」
と、
「ら」
を付けていました。

一時期は「女帝」と言わしめた城エモンですが、
ついに「ら」という「一味」に格下げられてしまったようです。

「ら」では存在感はないですが、
さすがの城エモンにも
捜査のメスが入ることを示唆しているわけですね。

 女帝の頃.jpg

小菅拘置所では、城エモンも、
先輩のお邪魔モンにしきたりとかをよく聞かないといけません。


できれば、堀エモンと同じ部屋に入ってほしいところです。

この厚顔オバさんも、
堀エモン同様に麦飯健康ダイエットをした方が良いです。

何しろ、女版石塚英彦状態ですからね。
    石塚.jpg

ダイエットして出てくれば、
昔得意だったスケートも出来るようになるだろうし、
仲良しの久永勝一郎と
フィギュア・ペアで
バンクーバー冬季五輪出場を狙っても良いでしょう。

五輪にはシニアの部って、ないのでしょうかexclamation&question

もっとも、城エモンと久永元会長のフィギュア・ペアは
突き出た腹がぶつかるだけで、
柔道の乱取りにしか見えないかも…もうやだ〜(悲しい顔)

posted by RIUさん at 14:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

日本スケート連盟の次期会長に就任予定の橋本聖子氏の手腕は?

久永元会長や城エモンだけでなく、
亀岡理事(6月末で辞任の見込み)や、
理事全員への「通信・事務費運営費」の分配など、
次々に明るみに出る不祥事
に対して、
連盟は
「今すぐにでも告訴するexclamation
という、ポーズをしただけで、
いまだに「告訴した」とは聞こえてこない優柔不断さなのか、
共犯なのか分かりませんが、
6月末の任期満了で大方の理事が任期満了による辞任で、
うやむやを図ろうとしています。

冬季スポーツの、
しかも「スケート」という狭い村社会の中で、
「永年苦楽を共にした仲間を告発する」
というのは、
よほど正義感の強いカリスマリーダーでなければ
出来ないことだと思うのですが、
次期会長候補に、なんと五輪銅メダリストで
参院議員の橋本聖子氏が就任する見通しだそうです。

橋本聖子氏は、スピードスケート代表として
1984年サラエボ大会から4大会連続で冬季五輪に、
自転車競技で1988年ソウル大会から3大会連続で
夏季五輪に出場しました。

1992年アルベールビル五輪1500mでは
冬季五輪として日本女子初のメダルを獲得した英雄です。

名前の“聖”も、「聖火」から取った、
文字通り“五輪の申し子”でした。

その後、自民党の知名度選挙に担ぎ出されて
1995年7月に参院に初当選し、
現在2期目の、
具体的に何をしているか分かりませんが、
立派な?“センセ”なのです。

“ブタもおだてりゃ木に登る”
をまさに実践されているのですが、
またまた“おだて”られて、
大揺れの日本スケート連盟の次期会長の就任要請を
受諾してしまったのです。もうやだ〜(悲しい顔)

「名選手、必ずしも名将にあらず」
という格言?があるように、
選手としての実績と、
リーダーや指導者としての資質とは別なはずです。

橋本センセが“クリーンなイメージ”という
「毒にも薬にもならない無難な人事」
というだけでなく、
「私が会長となって、連盟を立て直すexclamation
という、
ジャンヌ・ダルクのごとく、
燃えるような覚悟で会長職を受諾するなら、
その手腕をぜひ拝見したいものです。

会長としての、最初の仕事は、
「ずさんな経理や元会長による資金の私的流用疑惑の
 解明と告発、腐ったミカンの排除」

という、
苦楽を共にした諸先輩への訴追と永久追放で、
断腸の思いで、再生のために
大ナタを振るわなければならないことなのです。

ホントに立派な“センセ”なら、
そのくらいの芸当はわけないでしょexclamation

posted by RIUさん at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

荒川静香のCM妨害を始めた姑息なJOC

荒川静香は、
日本オリンピック委員会(JOC)
肖像権ビジネスの柱である
「シンボルアスリート(SA)」
の契約が6月末で切れ、
契約更新しないことが確定しています。

荒川は、
トーヨーライス「金芽米」のCMに出演していますが、
荒川がトリノ冬季五輪で、思わぬ棚ボタ金メダルを獲得し、
人気が急上昇したこともあって、
このあたりからス「金芽米」の売れ行きが急増したようです。
トーヨーライス.jpg
トーヨーライスの雑賀社長は大喜びで、
5月23日には荒川に
「特選金芽米を生涯にわたり
贈り続ける(5kg約3千円を年間150s)」

ことをマスコミの前で発表し、
トーヨーライス側も契約延長する前提で荒川と交渉中でした。

ところが、
6月末で荒川のJOCのSA契約が切れることで、
JOCがトーヨーライス側に
「“五輪金メダリスト”とうたっての商品PRはさせない」
と横ヤリを入れ出したのです。

トーヨーライス側としてもJOCと敵対する意思はなく、
荒川との7月以降の再契約は白紙の状態に
なってしまったようです。

荒川は、現在、トーヨーライス以外に、
・ ロッテ
・ 日本コカコーラ
ともJOC経由でCM契約を結んでいますから、
これらも同様の妨害工作や圧力を受けますから、
荒川のCM再契約は厳しいものとなりました。

現在、JOCの公式スポンサーは、
・ トヨタ
・ キリン
・ ミズノ
・ ロッテ
・ アシックス
・ 全日空
・ 日本航空
・ NTTドコモ
・ 味の素
・ 読売新聞
・ 松下電器産業
・ ヤフージャパン
・ 佐川急便
・ 丸大食品
・ クボタ
・ デサント
・ コナミスポーツクラブ
・ 野村ホールディングス
・ 日清食品
・ 日清オイリオ
・ AIU保険
・ エクセルヒューマン
・ ウィルコーポレーション
・ インテリジェンス
・ トーヨーライス
・ はるやま商事
で、
スポーツに理解ある有力企業の多くが集中してますから、
これらの企業のCM契約も難しそうです。

これを目の当たりにした村主章枝や安藤美姫が、
おじけづいて“契約継続”を検討するのも、
自分の“旬”とJOCからの嫌がらせを
天びんで量っているからなのです。

浅田真央ちゃんは、
JOCのSA契約を辞退しましたが、
真央ちゃんはJOCに好かれようが嫌われようが、
国民的人気があるので、
JOCなんか関係なく高額のCM契約がとれるわけですから、
JOCをそでにするのは当然の結果なのです。

JOCという組織は、
選手の“旬期”を拘束し、
上前をピンハネするだけして、
使いどころがなくなると、叩き出した上で
「以後、縄張りでは商売させないぜexclamation
という、
悪徳プロダクションのような団体なのです。

日本スケート連盟のフィギュア委員長の座を、
今月末で、めでたく退任する城エモンを、
JOCは敏腕スカウトに抜擢したらEんじゃないのexclamation&question

posted by RIUさん at 00:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

浅田真央ちゃんがJOCをソデにした!

浅田真央ちゃんのトリノ冬季五輪出場には、
何の働きかけもしなかったくせに、
真央ちゃんの人気にあやかって
CM差額料を詐取しようと企てた
日本オリンピック委員会(JOC)が、
当の真央ちゃんから、
肖像権ビジネスの柱である
「シンボルアスリート(SA)」
の新規契約を辞退されてしまいました。

真央ちゃんはCMに出ても、
もちろん自由に契約できるのですが、
JOCのSAになると、
1本あたり上限2千万円しかもらえなくなるのです。

現在の真央ちゃんは、1億円近い出演料だそうですから、
JOCはピンはねをもくろんだわけですね。

 真央ちゃん.jpg

JOCという組織は、
悪徳プロダクション化して無用の長物ですから、
五輪の開催の1年くらい前に臨時的に組織化すればEんですよ。
ふだんは日本体育協会が兼務していれば済むはずです。

仕事なんかないんだから。


現在、冬季競技のSAは5人で、
6月末に契約が切れることになっています。

スピードスケート女子の岡崎朋美(富士急)は
継続で合意したようです。

フィギュアスケート女子の村主章枝(avex)も
継続に前向きらしいです。

安藤美姫(トヨタ自動車)は交渉中。

荒川静香とスキー・ジャンプの葛西紀明(土屋ホーム)とは
契約更新しないことが決まっています。

2人分空きがあるなら、
日本スケート連盟の理事を今月末で辞任する城エモンと
何かとしゃしゃり出たがる渡辺絵美でも入れといて下さい。

そう言えば、
城エモンも真央ちゃんにJOCのSAを薦めていましたね。
ポン引きにでもなる気でしょうかexclamation&question
posted by RIUさん at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

荒川静香が、来週ドラマ「七人の弁護士」で検事役で出演するのだと…

「もう逃げ場所はどこにもないですよexclamation
という主役・釈由美子の決めセリフの「七人の弁護士」に、
なんと来週、棚ボタ金メダルの荒川静香が出演します。

荒川静香というと、
稲葉さんという婆さんがブリッジをしようとして
骨折したのをヒントにドイツ人が考案したという
倒れそうで倒れないイナバウアーで有名ですが、
トリノ五輪ではコーエンやスルツカヤがスッテンしたことで、
棚ボタ金を獲得したり、
浅田真央ちゃんが出場できなかったり、
いろいろな幸運が重なったラッキーガールでした。

トリノ後の世界フィギュア選手権は欠場し、
早々と現役引退を決め込み、
いわば“勝ち逃げ”をしたのです。

紫綬褒章を受章しましたが、
水泳界のアライグマ・ラスティーと言われる北島康介選手でも
紫綬褒章を授与されていますから、
勲章も安っぽくなったもんですね。
  北島康介.jpg

ドラマ「七人の弁護士」では、
荒川静香は主役・釈由美子(弁護士)の大学時代の友人で、
現在は検事という役柄で登場するのだそうです。

学生時代の回想シーンでは、
釈由美子と2人でスケートリンクに立ち、
ド素人ぶりで滑るようですが、
演技ではスベってほしくないものですね。

ところで、
ドラマのストーリーは
日本スケート連盟の不正を暴くものなんでしょうかexclamation&question

ということは、
釈由美子が城田憲子に指差して
「もう逃げ場所はどこにもないですよexclamation
と言うのでしょうかexclamation&question

  山本一犬.jpg
posted by RIUさん at 12:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

利権の巣窟・日本スケート連盟の“越前屋”たち〜その3

利権の巣窟・日本スケート連盟の“越前屋”たち〜その1
利権の巣窟・日本スケート連盟の“越前屋”たち〜その2

今日はクドクドと予想外に長たらしくなってしまいましたので、
城エモンに興味のない方は、飛ばしちゃって下さい。もうやだ〜(悲しい顔)


その後、日本スケート連盟は“告訴の検討中”と
「今すぐにでも告訴するぞexclamation
というポーズだけで、
警察にも裁判所にも訴状を提出する動きを見せていません。

越前屋たちは、がん首揃えて
「世間の批判をどうかわすか」
という命題について、
腐った頭で好き勝手な理屈をこねて、今でも討論しているのです。

左がご存知城エモン.jpg
なにせ、越前屋たちは一蓮托生の芋のツルですから、
1人でも告発されることで、
次々に飛び火することを恐れているのです。

新たな疑惑が出るたびに、
「あれっexclamation&questionこんなところにお金が…」
と言って、小出してくる性悪たちなのですから。

往生際も歯切れも悪く、
とてもスポーツの指導者とは思えません。

スポーツの指導者といっても、ただの指導者ではなく、
日本を代表するスケート界の中枢の指導者なのですから、
本来は“範”を示さなければならない立場なのに、
この体たらくです。

「今回の不透明な支出などは3億円以上ある」
と言われていますから、
ジャンボ宝くじで1等前後賞併せて連番で当たった当選クジを
「ここに置いたはずなのに、どっか飛んじゃったのかなexclamation&question
ま、Eさ。今度から気をつけてね。」

と言っているような、およそ常識外れのものなのに、
当の本人たちはまるで異常と感じていないところが
“異常”なのですが…


久永勝一郎元会長は、
1998(平成10年)〜2004年(平成16年)にかけて
会長に就任していたのですが、
それ以前から連盟では“天皇”と言われ、
城田憲子は“女帝”と言われて
2人で好き勝手し放題だったのです。

“天皇”じゃなくて「ノー天気」の間違いじゃないのexclamation&question

“不透明支出疑惑”のポイントをもう一度整理しましょう。

ホストクラブ大好きのバカちゃん.jpg
疑惑1
1998年(平成10年)7月〜
2004年(平成16年)10月まで、
フィギュアの大会などを運営する国際事業委員会の事務室の名目で
久永元会長の個人会社のマンションの居室を使用させ、
月額20−25万円の賃料を連盟に払わせていました。

2001年(平成13年)5月〜
翌年(平成14年)7月ごろにかけて、
世界選手権大会準備室の名目で、
同マンションの国際事業委・事務室とは別の一室を
月額21万円の賃料で連盟に払わせていました。

これらは連盟本部から会計処理も分離して、
支出の大半を勝手に決裁していて、
連盟内で必要な手続きを経ていないのです。

この事務所が置かれたマンションのオーナーは、城田憲子です。
背任の可能性・大ですね。

疑惑2
1999年(平成11年)の長野五輪1周年記念大会では、
「国際スケート連盟(ISU)役員
 招聘(しょうへい)費および雑費」
名目で、
581万7500円が久永元会長を通じて
支出されているのですが、
領収書もなく使途が不明となっています。

業務上横領+特別背任の可能性・大ですね。

疑惑3
2003年(平成15年)に北海道旭川市で行われた
フィギュアNHK杯大会開催準備金で、
久永元会長が「足りなくなった」と追加支出を要請し、
約900万円の流用が不明になっていました。

連盟幹部が開催準備金を管理する国際事業委の口座を
調べたところ、
目的外に使用された疑いが浮上して、
一部で問題視されたことで、
久永元会長は2004年(平成16年)6月に
会長を退く原因になっています。

この約900万円は連盟患部が立替払いをしたのですが、
久永元会長は、これも無視しているようです。

久永元会長が個人的な海外投機に関連して、
連盟の国際事業委員会の資金を
私的に流用していたという疑惑ですね。

久永氏がナイジェリアが発信元になっている資産運用話に乗り、
1998年(平成10年)ごろから、
自分で経営する個人会社の資金などを運用していたのですが、
損失が出て資金繰りが苦しくなったために、
「NHK杯」開催準備金の約1000万円のうち
約900万円を損失の穴埋めに流用してしまったのです。

NHK杯の開催準備金は海外選手の誘致などに使う資金で、
NHK子会社から毎年1千万円が
国際事業委の口座に直接振り込まれていましたが、
2002年(平成14年)以前のNHK杯については、
領収書などの証拠類が残されておらず、
証拠が隠滅されています。

疑惑追及の連盟幹部は、
「松本専務理事は久永元会長から
 資金をもっと出せと言われていた。
 流用の後始末もしていた」
と証言していますから、
久永元会長を中心としたピラミッド型の
鉄の結束をした盗賊集団だったことは明らかです。

久永元会長は使い込みの詳細を明らかにしていませんが、
今回の疑惑解明調査で、
会長時代に使用していた公用携帯電話の通話記録を調べられ、
1999年(平成11年)〜2004年(平成16年)にかけて、
連盟業務と無関係の「ナイジェリア」との
数百回にわたる交信が確認されたのでした。

これも業務上横領+特別背任の可能性・大ですね。

疑惑4
国際大会の記念品や賞品は、
すべて久永勝一郎元会長が経営する個人会社から
高額で仕入れてられていました。

特別背任の可能性・大ですね。

疑惑5
久永勝一郎元会長ら国際事業委の委員ら12人に対し、
連盟規定にない「通信・事務運営費」名目で
4回に分けて合計約2300万円が
当時の委員会メンバーらに支出されていました。

もちろん、城エモンも含まれていますよ。

これは久永元会長が、
委員メンバーを一蓮托生の“共犯”に仕立て上げた
「踏み絵」だったのですね。

デタラメ・オンパレードの犯罪者集団は、
1人として逃がしてはなりません。

これをもらいそこねた幹部によって問題視されてから、
理事会では灰色委員側から
「やばいようだから、オラ返すべ」
と返還の申し出が相次ぎましたが、
今のところ連盟は返還を受理していないようです。

そんなこんなで、
盗賊集団の中心的メンバーだった理事8人が
6月30日付での引責辞任を申し出て
「ごめんちゃい、ではさらば」
とスタコラ逃げ出そうとしているわけです。

この6月30日だって、
「任期途中辞任」ではなく、
「任期満了による引責辞任」という、
たまたま任期満了が目前に迫ったので
「オラ今度は理事にならないよ」
というだけなのです。
だから、まだ城エモンは
平気な顔して連盟に出入りしているのです。

疑惑6(連盟の疑惑)
連盟のフィギュア強化部などが
毎年夏に長野県南牧村野辺山で開催しているアイスショー
「野辺山スケートリンク」で、
4年間にわたる収益と
地元自治体からの補助金などの利益(剰余金)を
同部が連盟の事業収入に計上せず独自に手元に保管し、
連盟に報告していなかった疑惑です。

これは、久永元会長の疑惑解明調査によって、
発覚を恐れた城エモンが、
今年3月下旬になって小野長久フィギュア委員長に
報告したことで発覚したのです。

ショーの収益と、
南牧村と隣接する川上村からの補助金など
約337万円を小野委員長に渡したのでした。

城エモンの言い訳は
「忘れてた」
の一言だったようです。

強化の財源となる多くのアイスショーは
イベント会社が管理しているのですが、
野辺山のアイスショーは、
連盟の特別強化合宿の一部として始まり、
村おこしの機会にもなるために、
強化部が南牧村などと共に運営していたのです。

このアイスショー開催は城エモンの発案で行われたもので、
新人発掘合宿に合わせて開かれ、
荒川静香や安藤美姫ら有力選手が
半強制的に参加要請されていたようです。

フィギュア委や南牧村などで構成する「実行委員会」が主催し、
城エモンが委員長を務め、
村助役や連盟フィギュア強化部委員、
連盟公認のファンクラブ「アイスクリスタル」の担当者らが幹事、
という役柄だったようです。

南牧村と隣の川上村は、
4回のアイスショーで計約540万円の補助金を
フィギュア委に交付し、
この他、南牧村とアイスクリスタルに販売委託した
チケット代が収入源だったようです。

このうち、村が扱ったチケット収入は計約400万円で、
ショー当日、フィギュア委側に現金で手渡していたといいます。

収入から選手宿泊費などの支出を差し引いた剰余金は
約337万円で、
城エモンが今年3月になって
小野委員長に事実関係を初めて報告し、現金を手渡したのでした。

実行委の要綱には
「剰余金が出た場合には、フィギュア委に寄付し、
 選手強化にあてる」
という規定があるようですが、
城エモンは4年間にわたり、
連盟の理事会やフィギュア委に報告せず、
連盟の事業収入に繰り入れていなかったのでした。
忘れていたから。

このため、連盟は税務申告もしていないようです。

城エモンは
「観衆の前で演技をすれば上達する」
との持論から、
トップ選手にアイスショーへの出演を強要していて、
「参加することが大きな大会に出る前提条件だ」
と脅迫まがいの言動もあったようです。

そんなトップ選手への出演料は1万円程度だったようです。

ピンはねもしてたのかなexclamation&question

疑惑7(連盟の疑惑〜未遂)
トリノ五輪で日本選手団総監督を務めた
亀岡寛治・日本スケート連盟理事が経営する
長野県の「野辺山リンク」にショートトラックの合宿が集中し、
しかも2002年(平成14年)には
同リンクを1億円で購入するよう
連盟に要請していた疑惑です。

連盟が1998〜2004年度という
久永元会長が就任期間中に
連盟が主催したショートトラック合宿の約9割が、
亀岡理事の経営するリンクで実施されていたのです。

亀岡理事は1998年から合宿地を決める
スピード委員会の委員長を務めていたことで、
自身の経営するリンクで合宿を行わせていたのでした。

しかも連盟の使用料は通常の3割増だったのです。

合宿費には国の補助金も充てられていますから、
文部科学省も連盟から事情を聴く方針のようです。

 合宿の9割が亀岡理事のリンクに集中していた経緯
・ 1998〜2004年度に
   同リンクで開かれたショートトラックの国内合宿は
   計500日余りで、全体の約90%に及んでいました。

・ 2001年度(平成13年)、
  2003年度(平成15年度)は
  大阪市や長野県岡谷市などのリンクでも
  合宿が行われましたが、
  1998〜2000年度と2002年度(平成14年)、
  2004年度(平成16年)の5年間は
  すべて同リンクで開催されていたのでした。

・ 1998〜2004年度の
  ショートトラックの審判などの講習会も
  全体の8割強にあたる90日が同リンクで開催され、
  フィギュアも毎年夏、新人発掘合宿が開かれていました。

・ 亀岡理事は、長野五輪に向けたショートトラック強化の
  責任者を1994〜1998年に務めるなど
  ショート部門の要職を歴任しています。

・ 同リンクは1997年、
  連盟の推薦で日本オリンピック委員会(JOC)の
  強化拠点施設に指定されました。

・ 合宿地は亀岡理事が1998年から
  委員長を務める「スピード委員会」が毎年選定し、
  連盟理事会で了承されていたのでした。

・ 2004年度(平成16年)に
  ショートトラックとフィギュアの合宿などで
  連盟から得た収入は、
  リンク使用料や宿泊代などをあわせて約3200万円、
  同年、国内でのショートトラック合宿のリンク使用料や
  宿泊費などにあてられる連盟の強化合宿費は約1700万円で、
  うち3分の2が国の補助金なのです。

・ 連盟のリンク使用料は1時間2万円で、
  一般(1万5000円)よりも高く設定されていました。

・ 亀岡理事は、JOC選手強化本部常任委員でもあって、
  スピード部門で惨敗したトリノ五輪後は、
  ナショナルトレーニングセンターの
  地元誘致に意欲を見せていました。

・ 連盟によると、
  全国のスケートリンクは経営難により
  1990年の240カ所から
  2004年には179カ所に減少しており、
  トリノ五輪の棚ボタ金・荒川静香選手が育った
  仙台市のリンクも2004年末に閉鎖されたようです。

さらに、亀岡理事は、
「このリンクを1億円で買い上げてほしい」
と連盟に要請し、
久永元会長は、連盟に子会社を設立して
同リンクを買収する案を理事会に図っていたのです。

財団法人の子会社設置については
1996年(平成8年)の閣議決定で
「原則として営利企業の株式保有等を行ってはならない」
と制限されているんですがね…

結果的に国際事業委員会の赤字で財務状況が悪化したため、
買収計画は頓挫し、未遂に終わったのでした。

 リンク1億円買上要請の経緯
・ 亀岡理事は2002年(平成14年)4月、
  帝産ロッヂ社長の肩書で当時の久永連盟会長に
  「弊社所有スケートリンクご購入のお願い」
  と題する身勝手な文書を提出しました。

「将来を見通すと、
  スケートリンクを存続させること自体限界がある」

  とし、リンク本体を1億円、
  ローラースケート場など付属施設を
  1000万円で購入するよう要請。
  リンク売却後の管理については
  「実費で」請け負うことを求めたのです。

・ 同リンクは
  連盟の合宿が集中していた2002年(平成14年)当時でも
  年間2000万〜3000万円の赤字で、
  併設する宿泊施設に合宿参加者らを泊めて利益を得ていました。

・ 連盟はリンク取得の業務計画案を作成します。
  連盟や関係者が出資する資本金9900万円の
  子会社を設立し、
  連盟がさらに3000万円を貸し付け、
  リンクと付属施設を計1億1000万円で
  買い取らせる構想を描いたのでした。

・ 資本金を1億円未満に抑えた理由は
  「資本金1億円以上になると大企業として
   税務署ではなく国税局管轄になる」
  ために、税務監査を緩やかにさせる目的だったのです。

・ 連盟は理事会で検討委員会を設置、
  当時の久永会長や亀岡氏らがメンバーに入って
  前向きに進めたかったのですが、
  連盟の国際事業委員会が2003年(平成15年)までの
  3年間で、
  1億5000万円以上の赤字を出したことで、
  計画は立ち消えになってしまったのでした。

公私混同も、ここまでくるともうムチャクチャですね。
  久本も驚く不正ぶり.jpg


連盟の林泰章・新会長代行と有賀豊文・新専務理事は、
スポーツ管轄の文部科学省を訪れ、
・ 公私混同を防止する規定の整備
・ 役員に経営や会計の専門家を登用すること
などを検討することを報告して、
「何とかお手柔らかに、寛大な処分を」
と文部科学省のご機嫌を伺っているのですが、
久永元会長1人に責任転嫁せず、
盗賊集団全てに断固たる姿勢を示さなければ、
「利権体質」は、より巧妙化して継続されるだけでしょう。

5月21日(日曜日)の
連盟フィギュア部長選の任期満了による改選に
「城エモンは再出馬しないらしい」
というのは当たり前ですが、
まさか渡部絵美が立候補なんてことになるのでしょうかexclamation&question
嫌われる絵美ちゃん.jpg

盗賊集団は一網打尽にして、
メンバー全員で、
高い塀の中で合宿するべきでしょうexclamation

posted by RIUさん at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

利権の巣窟・日本スケート連盟の“越前屋”たち〜その2

利権の巣窟・日本スケート連盟の“越前屋”たち〜その1

日本スケート連盟は5月10日の会見で、
国際事業部門の不透明な支出などで
正味財産を3億円以上減少させた久永勝一郎・元会長について、
刑事・民事の両面から法的手段を検討している、
と公表しました。

「やっとその気になったか」
というほど評価されるものではありません。

“検討”しているだけで、告訴していませんから。
“告発”すらしていませんよ。

彼らはこの期に及んで、
いまだに“穏便解決”を目論んでいる証拠ですね。

越前屋・城田憲子が沈黙しているのは、
久永勝一郎・元会長による謝罪と不明金返済による、
うやむや「逆転無罪」から
“復権”を期待しているからなのです。

テレビ番組の「大岡越前」でもEから、
白州に引っ張り出すことはできないのでしょうかexclamation&question
「ロンドンハーツ」の遠山の金さんの白州でもEですけど。

今回、しぶしぶ刑事・民事の両面から
法的手段を検討するように至ったのは、
国際事業委員会をめぐる不透明支出など
一連の問題についての調査報告書を基にしているのですが、
その調査報告書は、なぜ公表しないのでしょうかexclamation&question

報道陣には、口頭で内容の一部を要約しての“公表”です。

報告書をドスンと出して、
「持ってけ、ドロボーexclamation好きにしろexclamation
という公明正大な姿勢とはほど遠く、疑念が残りますよね。

久永と城田のラブホの密会現場を押さえた写真や領収書などの
証拠などが書かれていたのかと、
勘ぐってしまいますよね。

また、この調査報告書では、
平成10年以降の不透明支出を問題にしているのですが、
それなら平成10年度以降の年次総会、
定期的に行われていたはずの理事会では、
なぜフリーパスだったのでしょうかexclamation&question

なぜ、他の理事たちは“黙認”したのでしょうかexclamation&question

選手たちがエコノミークラス+エコノミーホテルで
久永勝一郎・元会長と越前屋・城田憲子だけが
ファーストクラスや一級スィートルームなのに、
当時はなぜ問題視されなかったのでしょうかexclamation&question

「白雪姫と七人の小人」というと、
何やらコスプレチックで、
思わず仲間に入りたい気持ちになりますが、
日本スケート連盟では、
「強欲ババアと七人のムジナ」
という物語で、要するに“盗賊仲間”なのです。

久永勝一郎・元会長を告訴すると、
「オラだけじゃないだろ」
と、
共犯、越前屋・城田憲子も告訴に至り
「オラは確かにこんだけしたけど、
 オマエらだって、こんだけのことしたっペ。
 オラが全部ベラベラしゃべったろかexclamation&question

と言って、
甘い汁を吸った“盗賊仲間”たちが、
イモヅル式に名前が出てしまうことを怖れているのです。

次回から、その数字を追ってみることにしましょう。

越前屋・城田憲子と日本スケート連盟に対しては、
個人的に恨みはありません。
私はスケートが出来ないのですから。もうやだ〜(悲しい顔)


 ヤワラちゃん.jpg
ホントは兄弟exclamation&question

posted by RIUさん at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

利権の巣窟・日本スケート連盟の“越前屋”たち

誰が考えても、
A級戦犯は、“女帝”城田憲子フィギュア強化部長と、
久永勝一郎・元会長が双璧で、
B級戦犯として亀岡寛治理事が登場してくることでしょう。

亀岡寛治理事とは、
日本スケート連盟が主催するショートトラックの合宿が、
亀岡寛治理事が経営するスケートリンクで
ほぼ独占的に行われて、
その使用料が通常の3割増とバカ高く、
しかもその赤字リンクを
日本スケート連盟に1億円で買上げさせようと
たくらんだ“越前屋”なのです。

この3バカトリオだけが、“越前屋”だったのでしょうかexclamation&question

名前が出なくとも、
理事や部長職という肩書きや権力を利用して、
NHKのように
「ちょろまかし天国」の体質にあったのは明白でしょう。

“女帝”城田憲子フィギュア強化部長が再三問題になっても、
他の理事や部長たちが大騒ぎせず、
放置されていたのはなぜでしょうかexclamation&question

名前が出ない“小物・越前屋”たちは、
自分たちの犯罪発覚を恐れて戦々恐々としていたのです。

彼らの罪状は明らかに
「業務上横領、背任、詐欺」
です。

“女帝”城田憲子フィギュア強化部長が
「あれっexclamation&questionこんなところに330万円があったよexclamation
と、とぼけて差し出してきた問題がありましたね。

フィギュア界のスターが集合する「野辺山リンク」の
アイスショーの利益を、
城田憲子が連盟会計に計上せず
個人の手元に保管していたことが発覚した問題です。

これは、連盟の内部調査で「発覚が近い」と判断し、
着服がバレそうになったから、
「オラ、返すの忘れてたダ、ごめんちゃい」
と言って、
あわてて返しに来たという、
呆れたのを通り越して噴飯ものでした。

先日、日本スケート連盟は、
「国際事業委員会の不透明支出」の責任を取る形で、
“女帝”城田憲子フィギュア強化部長や
当時の委員だった藤森光三会長代行ら
“越前屋”ご一行様の理事8人の連帯引責辞任を決めました。

“うやむや”で逃げ切りを図りながら、
表面上は「無実の罪」を訴えようとする汚い腹です。

この期に及んで“勝ち逃げ”しようとしているのです。

だいたい、“女帝”城田憲子は
“メス狐(きつね)”ではなく、
誰が考えても「メス豚」なのですが、
いきなり「メス豚」とだけ言うと、
間違って渡部絵美のことを
連想してしまう人もいるでしょうが、
今回はこのお騒がせオバサンは関係ないのです。

いつもの通り、
騒ぎが起こるとどこからともなくしゃしゃり出てきて、
笛を吹いたり、太鼓を叩いたりして、
騒ぎを拡大する役割の人なのです、渡部おバンは。

江戸時代に「町火消し」という
鳶や大工で構成された“消防組”があって、
延焼を防ぐために木造住宅や長屋を壊したり、
水を掛ける消化活動をしていました。

渡部おバンは、この「火消し」メンバーの中でも、
延焼拡大のためにウチワで仰いだり、
油をかけたりする一風変わった役割なのです。

前回の大仕事は「野村沙知代」という
“大物”を引きずり降ろす大捕物に登場していましたね。

野村沙知代は大物でしたから、
浅香光代、デヴィ夫人、十勝花子の連合軍に、
呼ばれてもいないのに「助太刀参上」して、
騒動後に20キロ以上ダイエットをして
「もう、ブタと呼ばせない」
とかいうタイトルの本を出版したのでしたね。

渡部おバンは、
「リバウンド後の再チャレンジ」
とか
「オラも理事に入れさせい」
とか、
今回も新しい出し物を企画しているのでしょうかexclamation&question

とにかく、「メス豚」というと、
城田憲子→渡部絵美→野村沙知代と、
妙につながって見えてしまうのです。

話は脱線しましたが、
日本スケート連盟は、
「腐ったミカンを取り除く」という、
理事のメンバーを“総とっかえ”だけで
事をうやむやにするのではなく、
一度、ミカンを全て選り分けなければならないはずです。

過去の不透明支出を全て調査・解明し、
膿を出し切らないといけません。

そして、日本スケート連盟の新しい理事たちが、
連盟を利権の巣窟とした“越前屋”たちを
「背任、業務上横領、詐欺で刑事告訴」
しなければいけないのです。

“越前屋”たちは、
市中引き廻しの上、「終生遠島」を申し渡されても、
沖縄以外にしてほしいものです。

視聴率が落ちているTBSは、
こんなときこそ特番を組むべきでしょう。
「“女帝”城田憲子と久永勝一郎・元会長の犯罪」
「“女帝”城田憲子VS渡部絵美のトークバトル」
「“女帝”城田憲子VS渡部絵美の氷上フィギュア対決」

こんなのはどうでしょうかexclamation&question

posted by RIUさん at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

深田恭子主演の「フィギュアのドラマ」を観た!

深田恭子は、富豪の悩める天才スケーターというより、
その体型やバカっぽさから
“美姫ティ”のイメージと重なってしまいました。
美姫てぃ6.jpg
同時に城田憲子のヤツが、
まだとぼけて居座ろうとしていることまで
思い出してしまって、腹が立ってしまいました。

このドラマの経緯は、こちらをご覧下さい。
荒川選手の棚ボタ金メダルフィーバーの中、
   深田恭子主演のスケートドラマのナンセンス


このフィギュアスケートドラマは、
長ったらしいタイトルです。
TBSテレビ50周年
「赤い奇跡〜前編・フィギュア界の女王の初恋は
 人を殺した過去ある男!
 金メダルより大切な人…白いリンクで誓った究極の純愛」

というのです。
何やら、
「土曜ワイド劇場 家政婦は見たexclamation
シリーズのタイトルのようなしつこさで、
タイトルだけ見れば、あら筋も大体分かってしまうようで、
最初から興味が削がれてしまいます。

「観なくてEよ」
という親切なのでしょうかexclamation&question

「シリアス」より「コメディ」を期待したい方は、
後編もお楽しみに。

深田恭子は、
自身の前々世を「マリー・アントワネット」と
言い張っていることもあってか、
バカっぽい役が似合う女優です。
美姫てぃ5.jpg
ホリプロが深田をいろいろな映画やドラマに出演させても、
今イチ、パッとしなかったのが、
映画「下妻物語」でコスプレをしたことが、
彼女にピッタリはまり、
もしかしたら今のアキバ系のきっかけになったくらいの
当たり役だったのです。

その路線でそのまま突き進めば、
“秋葉原のカリスマ”になれたのに…

私は深田恭子のファンではないので、
彼女の出演作のほんの一部しか観ていないのですが、
「農家のヨメになりたい」
とか
「幸せになりたいexclamation
は、バカっぽさが入った役なので、
深田は好演だったと思います。

「富豪刑事」は、
深田がどうしても“富豪”に見えず、
“下町のバカ系”というキャラにしか見えないので、
何かしっくりこないのです。

今日のフィギュアドラマも、
主役の深田は大富豪には見えず、
テレビ局のADやシナリオライターになるドラマ
「幸せになりたいexclamationの役のまま、
出てきたように感じてしまいました。

「前は、貧しかったんだよなー」
「松下由樹は出世したのかなexclamation
「鶴見辰吾が、いつ取り立てに出て来るのかなexclamation&question
って。

浅田舞.jpg
浅田舞も一言だけセリフがありましたが、棒読みでしたね。もうやだ〜(悲しい顔)
得意の名古屋弁で
「私は、ずっとあなたのファンだったがにゃー」
と言った方が良かったかもしれません。


posted by RIUさん at 06:58| Comment(0) | TrackBack(2) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

トリノ五輪有名選手、中絶強要…ネットで“転倒”というのは『成田童夢』のことだ!

西澤孝の@堀江メール事件で
民主党執行部の総退陣+永田議員の辞職で、
武ブーを始めとした政界ルートの解明が
ますます不鮮明になって、第1幕が下りる、という、
とても納得できないような中途半端さですが、
日本スケート連盟も、
ますます激震がさらに激しくなってきました。

城田憲子・フィギュア強化部長の不透明さに加え、
亀岡寛治理事の「利益誘導疑惑」が表面化になり、
これだけでも“利権の巣”構造疑惑なのですが、
さらに4月4日の夕刊フジ(ZAKZAK)に、
トリノ五輪有名選手、中絶強要…ネットで“転倒”
という見出しの記事が出ました。

記事が見れなくなる可能性がありますので、
以下全文コピーしておきますが、
「トリノ五輪有名選手」というのは、
なんとスノーボードの「成田童夢」のこと
なのです。

今日は忙しいので、
「成田童夢」や「城田憲子」、「亀岡寛治」のことは、
また後日触れたいと思いますが、
ヒューザー・小嶋.jpg
「日本スケート連盟って、
 いったいどうなってんでしょうかねっexclamationまったくexclamation


4月4日ZAKZAK
元カノと公開日記で中傷合戦
トリノ冬季五輪でメダルを期待された若手の代表選手が、
交際相手を名乗る女性を妊娠させ、
さらに堕胎を迫るという内容の告発が
インターネットに流れ、騒然となっている。

代表選手とみられる人物も
「2人の問題なんだから、いちいち公開しないで」
と“反論”しているが…。

インターネット上の会員制ソーシャルネットワークサービス
「mixi(ミクシィ)」上で、
交際相手を名乗る女性が3日未明、明らかにした。

女性は同日午前2時10分に公開した日記の書き込みで
「〇〇(選手名)とは別れました」
と切り出し、
「お腹の中に赤ちゃんがいることがわかりました。
 もちろん、〇〇の子供です」

と告白している。

続いて
「オリンピックが終わり、
 周りから異常なくらいチヤホヤされ、
 他の女のところへ行きました。
 赤ちゃんがいることがわかってて
 今スキー場で遊んでいるみたいですね」

と2人の別れの経緯を説明し、
「今、赤ちゃんは6週目だそうです。
 私は赤ちゃんを産みます」

と宣言。

 さらに
「私は、大切な命を殺せと言う人と付き合っていたと思うと、
 胸が痛くて仕方ありません…」
と、代表選手から堕胎を促されていたことを示唆している。

この日記に対し、代表選手とみられる人物はコメント欄で、
「なんか酷い言われようだな。
 俺らで話し合った事なのに
 わざわざMIXIに載せる必要ないんじゃないのかな?
 てか、二人の問題なんだからいちいち公開しないで!」

と反論した。

代表選手はミクシィにある自身のページで
「人生で初めて浮気しました」
と、女性と別れ、
別の女性と交際していることを明かしている。

ミクシィに残った記録によると、
女性は代表選手が近畿地方に住んでいたころから
交際を続けていた。

遠距離恋愛で
「私たちが会うのは成田空港だけでした。
 成田空港デート♪ 
 もう、空港内はほとんど知り尽くしました(笑)」

と日記で振り返っている。

トリノ五輪のあった2月には、
携帯電話の料金が20万57円に達したと告白した上で、
選手に
「あなたは何を考えているのでしょう…」
とグチをこぼしていた。

代表選手はミクシィで女性との関係を
「関係:ニャンニャンニャン」
と表現。

「とっても可愛い僕の彼女です♪ 
 皆さん仲良くしてあげてください!」

と紹介していた。

自身のページでは彼女の写真まで掲載。

元モデルという女性も、
自身の日記に選手のプライベート写真を掲載していた。

代表選手の父親は夕刊フジの取材に
「20歳を過ぎているので、本人に任せている。
 (妊娠などの)経緯は知らない。
 交際相手の女性についてはノーコメント」

と話した。

また、所属事務所は
「本人に事実を確認中」
としている。

 怒りのタマ蹴り.gif

posted by RIUさん at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

浅田真央ちゃんについての素朴な疑問

浅田姉妹の始球ョ.jpg
3月31日にナゴヤドームで、
浅田姉妹が中日ドラゴンズの開幕戦の始球式を行いましたが、
浅田姉妹は名古屋出身だから、
人気のない中日ドラゴンズに
客寄せパンダとしてお呼ばれしたのですね。

それで、素朴な疑問が。

真央ちゃんって親子や友人の会話は、
名古屋弁で話すのでしょうかexclamation&question

ブタメン.jpg
・ これはブタメンだがや。
(これはブタメンです。)

・ ブタメンはどえりゃーうみゃー。
(ブタメンはすごく美味しい。)

・ レゴやろみゃー。
(レゴやろうよ。)

とか、言うのでしょうかexclamation&question

ブタメンの「おやつカンパニー」って、
聞いたことがないと思っていたら、
三重県津市の「ベビースターラーメン」の
松田食品が1993年(平成5年)に
社名変更した会社名
なのだそうです。

松田食品は聞いたことがあるような、無いような感じですが、
「ベビースターラーメン」は知っていました。

それがリニューアルされたのが、ブタメンだったのですね。

浅田親子.jpg

posted by RIUさん at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

城エモンは、往生際の見苦しさをこれ以上見せるな!

またまた、出ました城エモン。
何度、登場したら気が済むのでしょうか。


日本スケート連盟の国際事業委員会が
不透明な支出をしていた問題で、
今度は、
城エモンが日本スケート連盟の久永勝一郎元会長(74)が
経営していた会社の設立時の筆頭株主であり、
さらに、
同社内に間借りしていた国際事業委員会の事務局次長に
なっていたことが判明しました。

日本スケート連盟の久永勝一郎元会長は元フィギュア選手で、
1988年のカルガリー冬季五輪のフィギュア監督でした。

日本人初の国際スケート連盟副会長も務め、
「フィギュア界のドン」と言われていた権力者です。

城エモンもフィギュア出身で、
久永勝一郎元会長がスケート連盟副会長時代に
「理事」にさせてもらい、
フィギュア強化部長に就任したのです。

愛人関係にあったのかどうかは不明ですが、
城エモンは最大の権力者をバックに、
メキメキと力をつけて、
のし上がっていったわけです。

城エモンは長野、ソルトレークシティー、トリノ五輪の
3大会連続でフィギュア監督となり、
トリノ五輪では、
左のオバはんが城田女史.jpg
金メダルを獲得した荒川静香選手に寄り添っていましたね。

城エモンは、凡作に終わった、
木曜ドラマ「松本清張けものみち」の主人公・成沢民子
「黒革の手帳」の主人公・原口元子と重なって
見えてしまいます。

けものみち ――
それはカモシカやイノシシの通行によって
自然にできた山中の小路
ところが、山で路に迷った人間たちは
けものみちを歩道と錯覚し
思いがけない山奥に迷い込んでしまうことが
ある……


矢沢永吉の「成り上がり」風に、
城エモンの自伝を、
悪女しか出来ない女優・米倉涼子に演じさせてみたら、
視聴率が取れそうです。


日本スケート連盟の久永勝一郎元会長は
長野冬季五輪の前年の1997年8月に、
東京都豊島区に健康用品販売会社を
資本金2,500万円(1株5万円)で設立しています。

資本金の24%の出資金600万円(120株)を
城エモンが出して、筆頭株主になり、
城エモンは取締役に就任しています。

会社の社長である久永勝一郎元会長は
475万円(95株)を出資していましたが、
久永勝一郎元会長と城エモンの、
この会社の配当金を
一緒の口座に振り込んでいた、と言いますから、
2人の関係は、
「タダならぬ間柄にある」
のは間違いないのです。

国際事業委員会が全く機能しないどころか、
赤字を垂れ流すだけなので、
日本スケート連盟でも困っていたのですが、
何しろ久永勝一郎元会長は「フィギュアのドン」で、
ゥ民党.jpg
今の小泉将軍様のような権力者でしたから、
何か進言したら“クビ”になることを恐れて、
放置されてきたのです。

久永勝一郎元会長が2004年6月に会長を辞任すると、
日本スケート連盟はすぐに国際事業委員会を閉鎖しました。

城エモンは、この時点で事務局次長を退任しました。

翌年の2005年3月に城エモンは、
久永勝一郎元会長の会社の取締役を辞任し、
出資金600万円は城エモンの個人口座に振り込まれ、
会社とは無関係な立場になりました。

でも、
久永勝一郎元会長の会社や
この会社内の一角にあった国際事業委員会の
入居しているマンションは、
城エモンの所有なのです。

昨秋から、いろいろな問題や疑惑が出る中でも、
城エモンはヘイチャラでいられるのはなぜでしょうかexclamation&question

荒川の金メダル.jpg
城エモンは
「荒川静香選手の金メダルの功労者は私だよ」
と思っているようですが、
世間は
「1億5千万円の損失を出したのはアンタだよ」
という認識のズレがあるのですが…。

民間会社がこんなことやったら、ふつうは
「業務上横領」や「詐欺」で告発されるとか、
村上ファンドの村上世彰のような
うるさ型株主に知られたら
経営責任を追及されるところです。

城エモンは
「人のウワサも七十五日」
で、とぼけて、ほおかむりしようとしているのです。

名画シェーンのラストシーンのように
「カムバック、シェーン」
というようにカッコ良く去って欲しかったのですが、
今となっては罵声を浴びせられ、
ののしられて去るしかないようです。

場合によっては、市中引き回しになるかも…。

お脳の容量.jpg


posted by RIUさん at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

純粋な選手たちに立ちはだかる“越前屋”「城エモン」!

スポーツは本来、純粋なものでなければなりません。

五輪を目指す競技スポーツ選手は、
同年代の普通の人たちに比べて、
いろいろなものを犠牲にして精進しています。

代表選考では、過去、
各競技団体では“公平”とは言いがたい結果が多いです。

派閥、学閥、地域、後輩、スポンサー、企業力、政治、
個人的な好き嫌いなど
ゴチャ混ぜになって、
寄ってたかって影響力を発揮し、
彼らは“利権”に群がるのです。

競技団体の役員や理事は
例外なく、過去日の丸を付けたような
一流選手だった実績を持つ人たちなのですが、
そういうスポーツマンであった彼らが
「スポーツを食いものにする」
とは、呆れてしまいます。

遠山の金さんに悪役で登場してくる
代官や越前屋の構図と同じなんですね。

鈴木宗男議員が辻元清美議員に言われた
あなたは疑惑の総合デパートですよexclamation
という名言は、
今は日本スケート連盟の強化部長
城田憲子のことを指すのです。

るんるんまたも出〜ました、よさホイのホイ〜るんるん
このおバンは、昨秋からすっかり有名人になりました。

本ブログでは、
城田憲子のことは、
今後“城エモン”と呼ぶことにします。

鈴木宗男はその後改心し更生しましたが、
城エモンは果たしてどうでしょうかexclamation&question


スケート連盟の新たな疑惑に、またしても“城エモン”が

各競技団体を管理するのが「日本体育協会」ですが、
それを所管するのが文部科学省です。

日本スケート連盟が
ずさんな大会運営などで
財政悪化に陥っていることが明らかになって、
アマチュアスポーツ界の頂点である文部科学省が、
日本体育協会を飛び越して、
異例の事実関係の報告を求める、
という事態になりました。

日本スケート連盟の会長・白川博さんは
今月3日に心不全で亡くなられているのですが、
その前の久永勝一郎前会長が
西武の堤義明にそそのかされて
日本スケート連盟の系列団体(国際事業委員会)の
設立を主導したのですが、
ここがデタラメな経理をしたあげく、
赤字1億5千万円を出した問題です。


以下、問題の経緯です。
・ 1998年の長野冬季五輪後に
  「国際大会運営で収益を上げる目的」で、
  当時の久永勝一郎会長の主導により
  「国際事業委員会」を発足しました。

・ 事務局は久永元会長が経営していた
  東京都豊島区の会社事務所と同じマンションに置かれ、
  資金管理は連盟本体から分離されました。

・ 発足当初のこの団体の財産は約5億円ありました。

・ 財政悪化は、2001年2月に
  東京で開催したフィギュアスケートの
  グランプリファイナルの運営失敗が契機で、
  この時は約5千万円の赤字となりました。
  リンク内の看板広告収入を見込んで
  予算を組んだのですが、
  後に広告権は国際スケート連合(ISU)に
  あることが分かる、
  というずさんぶりだったのです。

・ アジア初開催となった2002年6月の
  京都ISU総会にも約5千万円をつぎ込んで
  赤字になっています。

・ 一連の損失を埋めるため、
  日本スケート連盟本丸も
  2003年度までの3期連続で
  赤字決算で処理されました。

・ 長野五輪後に約5億円あった財産は
  取り崩されて2億円前後までに目減りし、
  女子フィギュア人気が高まった2004年度に
  ようやく黒字に転じたのです。

・ 国際事業委員会事務局は、
  久永元会長が2004年6月に会長を辞任した後に
  閉鎖になりましたが、
  事務局の家賃月額25万円が
  久永氏の経営する会社に払われていたり、
  大会記念グッズの仲介に
  久永氏が絡んでいたとの情報もあるなど
  会計面で不透明な面があり、
  昨年9月の評議員会で
  「会計の透明性が足りない」
  と精査を求める要望が出されていたのです。
  構造改革は日本のことではなくて、
  日本スケート連盟のことだったのねexclamation&question

・ しかも、国際事業委員会事務局の入居している
  ビルのオーナーは、城エモンで、
  これまで約1,700万円の家賃収入を得ているのです。

・ 果たして城エモンの正体はいかにexclamation&question

城エモンに呆れた女子アナ.bmp
トリノ五輪に出場した日本の3選手は
全て城エモンの愛弟子たちで、
外された浅田真央・中野友加里・恩田の3選手は
全て山田満知子コーチというのは、
果たして偶然なのでしょうかexclamation&question

城エモンは、浅田真央の嘆願拒否宣言をしたのは有名ですが、
浅田真央がグランプリシリーズフランス大会で優勝した時に
「日本にとって最悪の展開」
と発言していましたね。
これは、自分にとって悪夢のような展開だったわけです。

浅田真央がGPファイナルで優勝してしまったら、
城エモンは、
「五輪のために育ててきた選手もいるのに、
 真央だけのために陳情することはできない」
「たった1人の女子選手のために総会を開いて
 “出すか、出さないか”というのはないと思う」
と言っていましたね。

過去、伊藤みどりについても
「伊藤みどりは精神力が弱く、ひとつの失敗を引きずる」
と酷評していました。
伊藤みどりは山田満知子コーチの愛弟子です。

城エモンは、
「GPファイナルで表彰台に上った者はオリンピック出場」
と言っていながら、
浅田真央が優勝、中野友加里が堂々3位に入ったのに、
なぜ中野を外して、
不調の美姫ティを代表にしたのでしょうかexclamation&question


城エモンのために、
「大きな古時計」の替え歌を創りました。もうやだ〜(悲しい顔)

堀江が忘年会で白のツナギを着て歌い踊った光景を、
城エモンに当てはめて下さい。

「大きな態度の城エモン」

るんるん五輪〜代表〜の〜 風当たり 
    みな知ってたは〜ず〜なのに〜
山田満知子が 教え〜ていた 真央ちゃん、中野〜、恩田〜
山田コーチの門下生〜は 行かせ〜ない 手はず〜だった〜
今はもう 越前屋 城エ〜モ〜ン〜
スポン〜サー企業の  キックバック キックバック
連盟の 利権〜で〜  失態 失態
今はもう 逃げられない 城エ〜モ〜ン〜
るんるん


稲葉さんのお婆さんが万歳して
引っくり返ったのを原形にしたといわれるイナバウアーは、
今や韓国の妖精・金妍兒(キムユナ)も
ちょこっとやるようになりました。

今やイナバウアーをやらないと
金メダルは取れないようです。

稲葉の婆さんのどこが凄いのexclamation&question

感動ポスター.jpg


posted by RIUさん at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

棚ボタ金の荒川選手が表彰式後、日の丸をまとったシーンを映さないNHKに「偏向批判」のてん末

皆様のNHKは、今回のトリノ五輪には、
過去最多の合計657時間という
異常に多い中継スケジュールを組みました。

IOC(国際オリンピック委員会)に支払った放映権料は、
2000年シドニー五輪から2008年北京五輪までの5大会分で
約650億円もふんだくられているのですが、
このうちの約70%(約460億円)がNHKの負担なのです。

トリノに11人の「ボンジョールノ〜グッド(上向き矢印)」アナと
100人を超す大スタッフ軍団を送りこむ、
まさに“現代の「参勤交代」派遣”という大盤振る舞いで、
国民から徴収した受信料を湯水のように使ったのです。

ジャンプの原田雅彦選手が象徴するように、
メダルを期待された選手たちが、次々に惨敗した中で、
荒川選手が「棚ボタによる金メダル」を取り
大きな注目を集めました。

それは、テレビの視聴率にも表れています。
トリノ五輪全体の平均視聴率は
・ NHK8・3%
・ 民放7・1%
でしたが、
フィギュアスケート女子フリーは
最高視聴率が31・8%だったと言いますから驚異的な高率です。

荒川選手は表彰式で「君が代」を歌い、
この後のウイニングランで、
日の丸を身にまとってリンクを廻ったのですが、
このシーンをNHKは「意識的にカット」して、
演技のビデオをはさんだり、
会場の壁などの映像を挿入したりして、
日の丸が見えないようにしたのは「NHKの偏向体質」だということで、
集中砲火を浴びている問題が起こっているのです。



NHK側の言い訳
・ オリンピックの中継映像については、
  「オリンピック放送機構」という国際的な共通の映像で放送している。
  したがって、NHKが単独で中継映像を撮っているわけではない。

・ 荒川選手のケースについては、国際的な共通映像は、
  演技の部分と表彰式の模様の中継で配信が終了したので、
  その後のウイニングランの映像については送られてきていない。
  つまり、放送しようにも中継映像がなかった。

・ そこでニュース用の単独のカメラでウイニングランの模様を撮影し、
  その映像を回線で送り、昼のニュースから放送した

・ 国際映像の送信の約束で、
  競技と表彰式だけはリアルタイムで送ることになっていた。
  したがって、ウイニングランの模様も国際映像に含めるという
  事前の協議がなされていれば、
  日本の視聴者はリアルタイムで
  「日の丸ウイニングラン」を見ることが出来た。


NHKが偏向報道した、という側の言い分
・ 荒川選手が日の丸をもらって体に巻きつけるシーンから、
  NHKは、荒川選手が日の丸を持っての
  ウィニング・ランがあることを予想できたので、
  これを意図的に排除し、適当な録画映像に切り替えることを決断した

・ 君が代の後、荒川選手がリンクを回り、壁際に寄った瞬間、
  画面が五輪マークの氷を1秒間ほど映し、
  いきなり他の選手の録画映像が始まるが、
  その録画映像とアナウンサーの話とは何の関係もなく、
  アナウンサーは実況を声だけでもできたはず

・ NHKは”公共放送”のはずなのに、偏向的な報道は許されない

・ 現場スタッフに「日の丸忌避意識」があったに違いない


ともあれ、その時のNHKの映像をご覧下さい。
(全部で24分もありますから、時間のない方は飛ばして下さい)



映像を解説すると、以下のようになります。
・ 7:10 カネの亡者サラマンチが荒川選手に金メダルをかけ、
  落武者風のオバンが花束を贈呈する

・ ガックリしながらも「まァ、しゃーないか」と
  明るく振舞うコーエンが手を振る。手(パー)
  下ろしたての新品の靴で、
  犬犬のフンタを踏んづけてしまって後悔しているような
  暗く沈んだ表情のスルツカヤ、もうやだ〜(悲しい顔)
  「浅田真央が出てこないでホンマ、エガッターわーい(嬉しい顔)」と
  ほくそ笑む荒川選手が映る

・7:11 国家が流れ、荒川選手が歌う姿が映る

・7:12 3人がメダルを自慢する“お決まりポーズ”

・7:14 3選手がリンクを廻り、花束を右手に観客席に応える

・7:15 フィギュアフリーのハイライトシーンに切り替わる

・7:16 またまた、表彰式のビデオに

・ 荒川選手のフリー全演技(約4分)を見せた後も、
  もう1回荒川選手のフリーのハイライトシーン

・ 誰もいないリンクだけ映る

・7:24 悔しさと荒川選手に対する怒りで、
  今にも泣き出しそうなパンダのインタビュー、
  障子にブスブスとゲンコで穴をあけたい心境がありありと伝わる

・7:26 「Passion Lives Here」の看板が映る

・7:27 またまたまた表彰式シーンで、荒川選手が登場し、表彰台へ。
  コーエン、スルツカヤとわざとらしい抱擁、
  銅・銀・金の順で金満サラマンチがメダルをかけ、
  落武者風のオバン(カネマンチの愛人?)が花束を贈呈する

・7:30 金メダルをかけた荒川選手に、
  ニヤケた日本人男性と怪しげな外人電球頭ひらめきが登場

・7:32 金髪オバンによる荒川選手へのインタビュー

・7:33 巨大な5円玉メダルアップと荒川選手の自画自賛の表情

・7:34 「Passion Lives Here」の看板が映って、
ようやく終了に。


午前7時14分に、荒川選手はコーエン、スルツカヤを従えて
リンクを廻るのですが、これもウイニングスケートと言えるでしょう。

そのあと、荒川選手が観客席に近寄り、
日の丸を受け取ったように見えたあたりで、
映像はビデオに変わっってしまいました(7:15)。
なんでexclamation&question

おそらくこの後、
日の丸を身にまとった荒川選手がリンクを廻ったと思われるのですが、
その後の映像もなければ
「ボンジョールノ〜グッド(上向き矢印)」アナウンサーの説明もなかったのは
奇異と思われてもしゃーないかexclamation


NHKは以前から、特に右翼思想の人たちから
「日の丸、君が代を無視する体質がある」
と思われているのですから、
NHKのホームページで、
この問題についての公式な釈明を必要があると思いますが、
どうでしょうか。


このNHK問題は、
今日(3月2日)の「きっこのブログ」でも軽く触れられていますが、
「くだらん」という扱いです。

どうも最近の“きっこ”は、
このブログ以上に「ひねくれ」度合いが高くなってしまったようです。

2月27日には
「西澤孝が偽名で、ホントはF(=藤田)だ」
と言っといて、
実際には「F(=藤田)」が偽名だったのに、そのことにも触れていません。

地球をグルグル回る衛星が、軌道を外れてしまったように感じます。

今の「きっこのブログ」では、とても“2億の価値”なんか無いでしょう。

「じゃあ、見んなよ」
と言われるまでもなく、真剣に見ていません。
内容をチェックしているだけです。

そんなことより、私にとっては
「認知障害には、緑茶を1日2杯以上飲むと効果がある」
という、今日の読売新聞の記事の方が興味深いのです。もうやだ〜(悲しい顔)

武ブー2号.jpg
posted by RIUさん at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

荒川の棚ボタ金メダルフィーバーの中、深田恭子主演のスケートドラマのナンセンス

2月23日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪なんて!〜その7
で、中居正広とTBSクルーを酷評したのですが、
このネタがガセだということで、
コメントのアドバイスに従い3月3日に削除することにしました。

そのTBSで、特別ドラマとして「赤い奇跡」というシリーズで、
スケート選手のストーリーをやる
のだそうです。

なんと、主役は深田恭子。

当初は銃弾で競技生活を絶たれた陸上選手の物語で、
30年前に山口百恵が演じたドラマのリメーク版の予定だったようですが、
深田のイメージが「陸上アスリートに見えない」という理由で
企画が変更になったのだそうです。


深田は米国産牛肉を食べすぎてお腹がポッコリ出た美姫ティより太く、
第一スケートやったことあるのでしょうかexclamation&question

手すりを頼りに、恐る恐る滑るようでは、
フィギュアなんかとてもムリでしょう。

柔道の受身の練習を氷上で行うスポコンドラマにするつもりなのでしょうかexclamation&question

しかもライバルの役で、浅田真央の姉、浅田舞が出演するのです。

浅田舞だって相当な実力者ですから、
彼女より上手な現役選手では、
・ 浅田真央(妹)
・ 荒川静香
・ 村主章枝
・ 中野友加里
・ 安藤美姫
・ 恩田美栄(引退?)
など、日本を代表する選手ばかりですから、
ローラースケートしか経験の無い深田恭子が
浅田舞を相手にフィギュアを演じるなんて、
浅田真央がヤワラちゃん(谷亮子)に柔道で対戦するようなものです。

深田恭子は映画の「下妻物語」で当たったように、
コスプレでバカっぽい役が適役なのですから、
ましてや体型も不向きでスケートもできないのに、
どうしてフィギュアの主役をやるんだか理解できません。

「きっこのブログ」的には、
“よけいなお世話”であることは承知のうえで、
以下の2つの提案をしたいと思います。

1.「フィギュア」ではなく、「ローラーゲーム」に変更する
・ 深田恭子もローラースケートなら出来るでしょう。
・ ローラーゲームは今から30年も前の1970年代に米国でブレイクし、
  日本でもTVでやっていました。
・ アメリカンフットボールのような防具を着て、
  1チーム5〜6人でリンクを追い抜くようなゲームで、
  凄まじい乱闘になる、ローラースケートを使った格闘技です。
・ 当時は土居まさる(故人)とかミッキー安川が司会をしていました。
・ 力道山が反則で血だらけになりながらも
  悪役外国人レスラーを空手チョップで倒したように、
  ローラーゲームも日米対決の構図で、
  もちろんアメリカンチームがヒールでした。
・ 東京ボンバーズとかボルチモアキャッツとかいうチームが出ていました。
・ ミッキー角田、佐々木ヨー子とかの人気選手がいたようです。
・ ローラーゲームなら格闘技ですから里谷多英も出られますし、
  美姫ティだって今の体格なら大丈夫でしょう。

2.どうしても「フィギュア」にこだわるなら、
  あらすじを以下のように変更する

・ 深田の宿敵を美姫ティにする。
・ 深田は下手くそなスケーティングを美姫ティになじられ、
  またダイエットもできず、悩みぬいて細木大先生に相談に行ったら
  「あんたは絶対五輪に出られない、出たら死ぬ」
  と言われてしまう。
・ 城田はスポンサーと癒着し、
  西澤の作成した怪しいメールのやり取りをして3000万円もらい、
  ついに国会議員に立候補してしまう。
  城田は最後は越前屋になって、
  北町奉行所の白州で市中引き回しのうえ、沖縄以外の島流しの刑に。
・ 深田は渡辺絵美に相談し、
  2人で美姫ティと城田の悪口ざんまいを言い合って、
  ついにフィギュアをやめてしまうが誰も止めない。
・ モーグルに転向するが、
  整形が失敗気味の里谷多英に「気合を入れてやる」と殴られ、
  モーグルもやめてしまう。
・ スノボーでは、こけて後頭部を打って失神し、
  目上の人に対する口の聞き方を知らないメロにののしられて退散する。
・ リュージュでは転倒し挫折。
・ 流れ流れて最終回ではカーリングにたどりつき、
  放たれたストーンがクローズアップ、
  しかし放ったのは体型の似ている本橋麻里だった。
・ 次にストーンとボールとほうきで掃く部分がクローズアップ、
  しかし掃いていたのはスキップ(キャプテン)小野寺歩だった。
・ またまたほうきで掃く部分がクローズアップし、今度は深田が登場。
  しかし、掃いていたのは何と観客席の掃除をしている姿だった。
というストーリーではどうでしょうかexclamation&question

どうしても深田のフィギュアにこだわるなら、
4位で気落ちしたパンダか
実力がありながら代表にさせられなかった中野友加里か、
引退がウワサされている恩田美栄(体型が似ている)に、
深田のお面をかぶってもらって演技してもらうしかないでしょう。

いったいどうやって演技の場面の撮影をするつもりなのでしょうかexclamation&question

今日の内容は、レベルが低すぎましたね。もうやだ〜(悲しい顔)
頭が急速に壊れてきているようです。


posted by RIUさん at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

トリノ冬季五輪の平均視聴率は、ワースト2位だった

ビデオリサーチは、
トリノ冬季五輪を中継したテレビ全番組の平均視聴率(関東地区)を、
・ NHK8.3%
・ 民放7.1%
と発表しました。

NHKについては、
1972年札幌五輪以降の冬季五輪大会では、
2002年ソルトレークシティーの平均7.0%に次ぐ
低い数字だったようです。
(民放平均5・6%)

イナバウアー.jpg
2月24日早朝に、女子フィギュアで荒川静香が
金メダルに輝いたNHKの中継では、
31.8%と今大会で最大の視聴率を挙げたのですが、
これがなければワースト記録を更新したのは間違いなかったのです。

過去最高は札幌の平均22.0%ですが、
もうこんな数字は出ないかもしれませんね。

荒川の金メダル.jpg
現地と日本の時差の関係で生中継は夜中〜明け方になったことや、
メダルに届きもしない低レベルの選手をマスメディアが持ち上げ、
また代表選手が悪乗りして、
ビッグマウスだか明治の大砲だか認知症だかスポーツバカだか
分かりませんが
「メダルを狙う」だの「古里レター」だのって、
前評判ばかりあおったわりに、本番では惨敗ラッシュでしたから、
見向きもされなくて当然でした。

何より浅田真央が出場しないことが最大の敗因でしょう。

棚ボタ金メダルの荒川より、浅田真央の実力の方が上なのですから。

視聴率を下げたのは、
浅田真央の足を引っ張った城田オバンが陰の貢献者でしょう。

あと味が悪かったのは、
・ 城田オバンが手柄を手にしてしまったこと

・ 金メダルの荒川に売国奴が国際電話したこと
  「お前なんか知らん、嫌いだ」
  って、荒川は切ってやれば良かったのに。

・ 売国奴が官邸で
  「選手育成の支援も必要」
  と、心にもないことを言ったこと。
  それを言ったら、
  「日本体育協会や各競技団体の指導がなってない」
  ということなんですよ。
  図星ですけど…

HG.jpg

posted by RIUさん at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜最終回

2月11日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!
2月12日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その2
2月13日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その3
2月14日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その4
2月21日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その5
2月22日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その6
2月23日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その7
2月24日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その8

ボンジョルノ〜グッド(上向き矢印)
あれっexclamation&question

中3時代の荒川静香.jpg
荒川静香は棚ボタの金メダルだったexclamation&question
女王スルツカヤと銀メダルコレクターのコーエンが共にスッテンしてしまい、
荒川静香はノーミスだったことが勝敗を分けたようですが、
スルツカヤにも本来の“らしさ”がなく、精彩を欠いていましたね。

コーエンも前半は“冴え”が感じられず、
フリーでの上位3人の中では、荒川静香の金メダルも納得ですが、
荒川もスタンディングオベーションするほど、
感動的な演技でもなかったように感じました。
私だけかなexclamation&question

荒川静香のメダルの報奨金
・ JOC(日本オリンピック委員会)
  金メダルは300万円の報奨金
・ 日本スケート連盟
  金メダルは200万円の報奨金
・ プリンスホテル(所属先)
  「社長賞」とかでも、10〜50万円くらいでしょうか?
合計500万円+プリンスホテルの社内褒賞

そして城田女史の高笑いとJOCの無能さが浮き彫りに
2年前のアテネ五輪で、
日本が史上最多のメダル37個を獲得したことが追い風になって、
2005年〜2008年の4年契約で、
3億円もの契約金をJOCに支払い
「オフィシャルスポンサー」になった気前の良い会社が25社もあり、
JOCもウハウハなのですが、
今回のトリノ五輪のような体たらくでは、
今後スポンサーになるメリット性は薄い、と企業に判断されると、
契約会社は激減するかもしれません。

パンダ.jpg
スポンサーの中の1社がロッテで、
昨秋から「ガーナ」チョコレートのテレビCMで、
女子フィギュアの荒川・村主・安藤の3選手を起用し、
狙い通り?浅田真央と中野友加里を蹴落とし、
スポンサーお気に入りの妖怪3人娘が
揃ってトリノ五輪に出場したわけですが、
周知のように、ここで城田女史が大きく介在しました。

でも、荒川静香の金メダルのお陰で、
四面楚歌の城田女史は、
ジャンボ宝くじを連番で買って1等・前後賞も当てたような
「陰の立役者」になってしまったのです。

後味が悪いです。

童夢&メロ.jpg
今井メロもメロメロだった
前評判が高かったメロも、大舞台では全く通用しませんでした。

プロの試合に素人が出ていると思わせるくらい、実力の差があったようです。
熱演賞.jpg
腰を負傷した演技だけが熱演賞ものでした。

結局、“ボードの女王”として人気のあるメロを持ち上げて
スノーボーダーを取り込みたいヒルズ族に
商業的に利用されただけでした。

JOCを始め各競技団体は、
次回バンクーバーへの4年計画に真剣に取組むべきです。

本来の実力を出し切れず、自己ベストも出せずに負け続けるのでは、
万全の状態で本番を迎えるような調整法が取れないコーチやスタッフも悪いし、
メダルの可能性も薄いのに、
ビッグマウスを連発する低いレベルの選手が多いのも問題でしょう。

JOCを始め各競技団体は、
一部の公務員のように「仕事をしてるフリ」をするのではなく、
日本の冬季競技全体の見直しが急務で、
質より量の選手団編成ではなく、
質の高い戦う選手団を編成してほしいものです。

ともかく、
金メダルの荒川に2戦2勝している浅田真央が出ないトリノ五輪が終わって、
やれやれです。バッド(下向き矢印)

冷静なネコ.jpg



posted by RIUさん at 21:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その8

2月11日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!
2月12日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その2
2月13日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その3
2月14日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その4
2月21日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その5
2月22日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その6
2月23日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その7

メダル授与ョ.jpg
嬉しくも、後味の悪い結末に
採点外のニワトリ・バウアーが決まって
荒川静香が金メダルとは驚きでした。
ニワトリ・バウアー.jpg
相当なプレッシャ―の中で、
日本フィギュアの歴史上、初めての金メダルを取ったことは
立派だったと思います。

パンダ.jpg
パンダは順当に4位。

でも、これで大きな問題が。

左のオバはんが城田女史.jpg
妖怪荒川の金メダルは、
日本スケート連盟の城田憲子フィギュア部長の手柄となって、
彼女の首がつながってしまったどころか、
次回のバンクーバーまで“安泰”となってしまったのです。

「いろいろあったけど、まぁ“結果良ければ全て良し”だっちゃァexclamationわーい(嬉しい顔)
と、日本スケート連盟やJOCは安堵していることでしょう。

.jpg
ガテン系美姫ティは、予想通り失敗覚悟で4回転に挑戦し、
当然の如くスッテンしましたが、
それだって彼女のベストとはほど遠い実力なのに、
代表に選出してしまったことで“醜態”をさらすことになったのですから、
ある意味、美姫ティだって被害者なのです。

行きたくないけど、中を覗いてみたい焼肉屋.jpg
ムーミンに出てくるスナフキン体型だった美姫ティは、
アメリカで焼肉をガツガツ食べたせいで
ノンノン(フローレン)体型に変貌していましたから、
これではたかの友梨ビューティコロシアムに行くのが
先だったのではないでしょうか。
.jpg
浅田真央がムリなら、せめて中野友加里を美姫ティと入れ替えておけば、
5位か6位には入賞したはずです。

代表問題でゴタゴタした日本スケート連盟執行部の“手柄”となったからには、
次回バンクーバーでも「不公平な選出がまかり通る」ということです。

残念なのは、「フィギュア女子フリーの24日」は、
今日の夜からかと思っていたことでした。もうやだ〜(悲しい顔)

さらに残念だったのは、昨日の「ガセネタ」のことでした。

@堀江の偽メール事件で、民主党が大ピンチになって大揺れです。

ガセネタで有名な西澤孝は、
今まで“金目当て”であちこちの週刊誌から門前払いになっていたのですが、
なぜ永田寿康議員から金を貰わないで「@堀江の偽メール」を渡したのか、
西澤の背景の意図(自民党なのか?株価操作なのか?)が問われるところです。

この“ガセ”ではなく、昨日の書いた
浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その7
の“ガセ”の方です。もうやだ〜(悲しい顔)

個人的に
・ 中居正広
・ 香取慎吾
・ 島田紳助
・ とんねるず
・ 松本人志
・ 東野幸治
・ 今田耕司
・ グッチ裕三
・ 極楽とんぼ
の出演するテレビ番組は見ないことに決めているので、私も未確認でした。

調子こいて、中居を始めとしたジャニーズホモ軍団のウワサシリーズに
突入するところでした。
モ罪.jpg
「ウソをウソと見抜けexclamation
とか
「真贋の眼を持てexclamation
とかエラソーに言ってたのに、このザマです。もうやだ〜(悲しい顔)
バカだね。

豚エモンの忘年会での「大きな古時計」の替え歌
『大きなのっぽのライブドア』がしばらく頭から離れなかったように、
すでに頭に焼きついてしまった
「ボンジョルノ〜グッド(上向き矢印)
「アルベデルチキスマーク
がチラつくことを考えるとウンザリです。

ちなみに、
イタリア語で「さようなら」は、『ヴェデールチ』だそうです。

あれっexclamation&questionNHK的になってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

カーリング娘.jpg
カーリングの映画「シムソンズ」、観てみたいですね。

posted by RIUさん at 10:59| Comment(1) | TrackBack(3) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その6

2月11日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!
2月12日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その2
2月13日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その3
2月14日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その4
2月21日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その5

女子フィギュアのメダルの可能性は薄い
明け方に起きてまで見るべきものではないので、
ビデオに録画予約していたのですが、
朝NHKを見ると、例の
「ボンジョルノー〜グッド(上向き矢印)
「アリベデルチキスマーク
という呆れ果てた挨拶で、思わず血が逆流してしまう今日この頃、
皆さんいかがお過ごしですかexclamation&question

あれっexclamation&question“きっこのブログ”調がまだ抜けてませんね。

ともかく、電源を入れると女子フィギュアSPが中継中でした。

NHKのアナウンサーは、
「60点以上の上位4人のメダル争いが決定したexclamation×2
と興奮気味に大騒ぎしていましたが、まだまだ予断を許しません。

メダルは、まだ下記の3人の可能性が高いのです。
・ スルツカヤ(ロシア)
・ コーエン (米国)
・ コストナー(イタリア)

スルツカヤとコーエンは、金をめぐる争いで確定的ですが、
妖怪荒川と穴熊パンダ村主は、4位・5位になるような気がします。

“銅”は、地元イタリアのコストナーが取るのではないでしょうか。

「でもSP11位だろexclamation&question
と思う人は、審判の判官びいきがどれほどひどいか理解していないのです。

フィギュアペアで、中国選手が序盤の失敗・負傷・中断から
銀メダルを取ったように、
地元イタリアのコストナーをこのまま見殺しにはしないでしょう。

怒涛の大逆転の可能性もあるのです。

また、妖怪荒川か穴熊パンダ村主が銅メダルを取った場合、
日本のメダルはこの1個の可能性が高くなり、
四面楚歌の城田女史に“手柄”を与えてしまうことになるのです。

城田女史の引責ォ任も近い?.jpg
今後、不公・な裁定をさせないためには、
女子フィギュアは今回メダル無しで終わり、
城田女史が引責辞任をすることが望ましいのです。


posted by RIUさん at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その5

2月11日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!
2月12日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その2
2月13日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その3
2月14日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その4

カーリングの大健闘
2月14日に記載した、
「浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その4」
で、カーリングに触れ、
「メダルの可能性はある」と予測していたのですが、
選手は一杯一杯のところで頑張り抜きました。

実力を“気”でカバーしていましたが、
最後の最後で集中力が切れてしまったようです。

序盤の下位チームとの戦いを取りこぼした黒星先行が
最後に響いた形になりましたが、選手は力を出し尽くし、
「これぞ五輪」というのを見せてくれました。

カーリングで奮闘する選手たちを見ていて、
スポーツでは、「“ハングリー”が大事だ」ということが
改めて思い知らされました。

2月20日に記載した
「メジャーリーグと日本の野球の違い」には書かなかったのですが、
青島健太氏が講演の最後に話されたのが、
革命家の条件は、
「“若くて、貧しくて、無名であること”」

と言っていたのです。

「五輪は参加するだけではダメだ」
という強い意志を持ったスキップ(主将)小野寺歩は
今回の112名の日本代表選手の中でピカイチでした。


060221意地悪ミキティ.jpg
いよいよ、トリノ五輪のメーンエベント、
注目の女子フィギュアの始まりです。

浅田真央を出場させなかったツケが、
「ここまでメダルなし」という最高の舞台で巡ってきました。

060221ロッテのCM.gif
もともと、チョコレートのロッテがJOCの協賛企業となって、
テレビCMで、
・ 妖怪荒川静香
・ 穴熊パンダ村主章枝
・ 爬虫類ミキティ(安藤美姫)
の3人を起用したことが代表選考問題の背景にありました。

契約選手を差し置いて、
浅田真央や中野友加里がメダルを取ることは許されない、
という下劣な思惑がスケート連盟にあったのです。

国際スケート連盟(ISU)が定めた“年齢制限”が
浅田真央のトリノ出場を阻みました。

周知の通り
「ISU規約の年齢制限は、子供の成長に配慮してある」
というのがその理由でした。

それなら、ISU主催の「グランプリ・ファイナル」に
なぜ浅田真央を出場させたのでしょうかexclamation&question

五輪はダメで、グランプリはOKなんて道理は通らないはずです。

ここで不可解だったのが、
・ 日本スケート連盟が正式に嘆願書を出さなかったこと
・ 浅田真央を出せないなら、
  好調の中野友加里を選出すべきなのにこれを外し
  不調の安藤美姫を代表に選出したこと
にありました。

12月20日 それでも「浅田真央のトリノ五輪への道」を閉ざす“不思議”
12月25日 フィギュアの城田憲子強化部長は姉葉建築士と同じ

トリノ五輪で、日本選手にメダルを1つでも取って欲しいのですが、
女子フィギュアだけはメダルは取ってはいけないと思っています。

060221城田女史.jpg
日本スケート連盟の城田憲子フィギュア部長は、日本の3代表を
「世界と戦えるチーム」
と胸を張って公言しています。

それが間違っていることを立証させるためには、
妖怪荒川静香や穴熊パンダ村主章枝には、
残念ですがメダルを取ってほしくないのです。

妖怪や穴熊パンダがいくら頑張っても、
下記の3人でメダルはすでに決まっています。
・ スルツカヤ(ロシア)が金か銀
・ コーエン(米国)が銀か銅
・ コストナー(イタリア)が金か銀

城田女史が虚勢を張る日本のベストチームは何か変で、
060221居飛ヤ穴熊戦法.jpg
村主章枝と荒川静香は
早稲田大学卒の先輩後輩の仲(穴熊パンダが1学年上)なのに、
一言も口を交わさないし、目もそらすような犬猿の仲だし、
060221穴熊.jpg
村主章枝は、なぜ目の周りを黒く塗るのか理解できません。

誰も注意、助言しないのでしょうかexclamation&question

060221レッサーパンダ.jpg
先祖がレッサーパンダなのでしょうかexclamation&question

060221中国の妖怪.jpg
荒川静香も、大きく身体をそらせてリンクを縦断する
得意のイナバウアーが高得点ではないし、
見てても美しいとか優雅だとか思えないのになぜ取り入れるのでしょうかexclamation&question

060221戦意喪クの美姫ティ.jpg
安藤美姫に至っては、
五輪後プロに転向するとか、
男子フィギュアの高橋大輔と結婚・引退するとか諸説ありますが、
米国に行って毎日焼肉食い放題ですっかりガテン系になって、
お腹がポッコリしてしまいました。

年末には中野友加里にも追い越されて実力レベルは急降下中です。

060221最盛期の中3当時の美姫ティ.jpg
現在の安藤美姫は、
4回転を決めて、失敗ゼロで、何とか入賞圏内という実力レベルです。

060221コモドオオトカゲ.jpg
現在のガテン系の体格では、
演技の途中ではスタミナ切れで飛べませんから、
序盤に4回転を持ってくるはずですが、高い確率でスッテンするはずです。

060221宮迫美姫ティ.jpg
事前の練習でもスッテンが多かったようです。

柔道の受身の練習が功を奏し、
頭を打って気絶する場面はなさそうですが、
序盤での大技失敗は、精神的にも大きなダメージになり、
スッテんを誘発する可能性が高いと思われます。

060221トカゲ美姫ティ.jpg
それでも安藤が、一か八かの大博打で4回転にチャレンジするのには、
2つの理由があります。

・ フィギュアペアフリーで、中国選手が序盤の失敗でケガをしながら、
  果敢な挑戦をして銀メダルを取ったこと
・ 万一4回転に失敗しても「果敢なチャレンジ」と言われるし、
  間違って成功でもしたら大儲け、という
  “ローリスク、ハイリターン”と思っていること

060221意地悪美姫ティ.jpg
現在の安藤美姫の4回転は、
そのガテン系体格と練習不足が原因で失敗するはずです。

フィギュアペアフリーでの中国選手の銀メダルも、後で考えると
「失敗したのに、何で銀メダルなのexclamation&question
という疑問が沸きますが、
どうしても人間が採点するので、感情が入ってしまうのです。

地元イタリアのコストナー選手は、実力的には下位ですが、
館内の圧倒的な大歓声を受けて、
審判のえこひいきと判官びいきで何でもありのジャッジが期待できますし、
金メダルに最も近い浅田真央の出場にイチャモンをつけた
国際スケート連盟(ISU)のチンクアンタ会長も
イタリア人の審判なのですから、
金メダルか銀メダルは、明朝朝陽が昇ることより明白なのです。

060221城田女史の落ち武メも近い.jpg
日本の妖怪3人娘がメダルを取れなかったとき、
日本スケート連盟の城田憲子フィギュア部長の不要論が湧き上がるのです。

そして、落ち武者に…


posted by RIUさん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その4

2月11日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!
2月12日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その2
2月13日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その3

ホント?.jpg
やはり加藤条治でもダメでしたね。
いよいよ日本はメダルなしで終わりそうです。

困っッチング.jpg

今日の見所
スピードスケート女子500メートル
吉井小百合、大菅小百合の“小百合”コンビと岡崎朋美の登場ですが、
吉井と大菅にはかすかにメダルの希望があります。

この種目は今季W杯3勝の中国の王曼利の実力が抜けていて、
その他の選手は日本代表3名も含めて7人ほどが横一線状態なのです。

岡崎は現地でインフルエンザにかかり、体調を崩してしまいました。

女子は男子以上に体調管理が難しいようで、
スタートしてみないとわからないところがあるのです。

そういう意味では、“小百合”コンビに期待したいですが、
果たしてどうでしょうか。

その後どうなった?.jpg

カーリング
誰も期待していないカーリングに予期しないメダルの可能性があるのです。

日本の世界ランキングは8位ですが、
昨年の世界選手権5位のロシアを下しています。

カーリング代表は、前回のソルトレークシティ五輪での
2勝7敗の8位で予選敗退に屈辱感を覚えていて、
「何としてもメダルを取ってやる」
と燃えているのです。

その気構えが、
モーグルの上村愛子やスピードスケートの加藤条治にあったでしょうかexclamation&question

日本代表の司令塔・小野寺歩は前回のソルトレークシティ五輪後、
地元の北海道常呂町に戻ったところ、
「基幹産業は畜産とホタテ漁」という過疎の町に若い女性の就職口はなく、
引退して嫁に行くかどうかを考えたのだそうです。

そんな時、
「青森市が市民の生涯学習の一環として専用カーリング場を造る」
という話を聞きつけ、
ソルトレークシティ五輪からの同僚・林弓枝と2人で施設運営会社に就職し、
カーリングを続けることが出来たのです。

就職と言っても身分が嘱託なので、給料は一般のOL以下でしかなく、
スポーツ専門員という肩書きでコーチをしたり、
スポーツ会館の受付業務なども兼任して生計を立てて
五輪を目指し厳しい練習を続けていました。

海外遠征費などの捻出に資金がかかるため、
爪に火をともすような生活をしていたはずです。

飲み屋でワイワイ騒ぐことも、お付き合いする男性ももちろんないのです。

地元ではない青森市でも、
さすがに青森市内にひとり暮らしして苦労しながら
オリンピックを目指す彼女のひたむきさに心を打たれ、
青森県・青森市・地元商工会が先頭に立って、
街頭募金で1千万円の遠征費用を集めてもらえ、
その資金を基にチームのメンバー5人は
昨年9月から3ヶ月以上もカナダ・バンクーバーで合宿を張ることが出来、
世界選手権5位のロシアを下しているのです。

昨年11月に、
小野寺はスキップ(主将)として国内最終予選で
「チーム長野」との激闘を制し、
2度目の五輪切符をもぎ取り、
トリノには前回五輪の雪辱にやって来ているのです。

意外と大きなことをやってくれるのかもしれません。

カーリング連盟は赤字団体ですから、
万一メダルを取っても、連盟やスポンサーからの報奨金は一切ありません。

報奨金はJOC(日本オリンピック委員会)から出るだけですが、
それは下記の通りです。
・ 金メダル 300万円
・ 銀メダル 200万円
・ 銅メダル 100万円
ちなみに報奨金には所得税がかかります。

カーリングには選手の奮起を期待したいところです。


posted by RIUさん at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その3

2月11日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!
2月12日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その2

今回のトリノ冬季五輪では、
日本人選手のメダルはゼロになるかもしれませんね。

気合を入れろ!.gif

今夜の見所
スノーボード女子ハーフパイプ(HP)では
期待されていた今井メロが
予選1回目(バルドネッキア)のジャンプで転倒したことが影響して
予選落ちしてしまいました。

ネコの食事.jpg
今日はこれからスピードスケート男子500メートルに、
金メダルの期待がかかる加藤条治が登場します。

世界一巧みと言われるカーブワークで
昨年11月のW杯第1戦で34秒30の世界新記録をマークしています。

それまでの清水宏保の記録を4年ぶりに0秒02更新した成長株で、
世界が注目しているわけです。

五輪本番前に優位になると、精神的に重圧がかかります。

過去には世界スプリント王者の黒岩彰が
サラエボ五輪では10位に惨敗しています。

ダン・ジャンセンも
アルベールビルでは世界記録保持者として出場しましたが、
4位に終わっています。

今日の500メートルという種目は、
技術・体力以上にメンタル面やコンディショニングが大事なようです。

今季W杯総合1位の韓国の李、
総合2位のカナダのウォザースプーンの方が
安定感では加藤を上回っています。

加藤は良くて銅メダル、
プレッシャーがあるようだと4〜6位くらいになるかもしれません。

清水はとっくに全盛期が過ぎていますから、上位入選は困難でしょう。

日本のメダル獲得の可能性は加藤1人にかかっていますから、
加藤がもしコケたら、
今回のトリノ冬季五輪では日本人選手のメダルはゼロになるでしょう。

もちろん、フィギュア女子もメダルには届きません。
そしたら、城田オバンはどーすんのexclamation&question

犬語翻訳機.jpg
厚顔無恥の城田ですから、
日本スケート連盟の上層部のジジイの弱みでも握っていそうな城田ですから、
言い訳でも考えているのでしょう。


posted by RIUさん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その2

2月11日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!

昨日の予想通り、モーグル女子は上村愛子が5位、里谷多英が15位と、
メダルに届きませんでした。

でも、上村も里谷も、自身の持ち味を十分出して大健闘だったと言えます。

里谷も決勝で一発勝負をかけて失敗したことは、
彼女自身後悔はなく、完全燃焼できたはずです。

里谷とジャンプの原田雅彦は、過去の実績と経験を買われて
年功序列式に五輪代表枠に選出されたベテランですが、
里谷が15位とはいえソコソコの結果を出したのと対照的に、
原田は「ルールミスで失格」という初歩的ミスで幕を下ろしてしまいました。

引き際はもっと早くても良かったのかもしれません。

結果論ですが、代表枠の“辞退”の道もあったのかもしれません。

何しろ37歳の原田は、
ここまで第一線の現役としてやってきたことは立派ですが、
直前まで絶不調でした。

直前の全日本選手権ジャンプのラージヒルでは、
五輪出場組でただ1人出場し39位、
前日も得意のノーマルヒルで13位に惨敗して、
調整のはずの大会で不安ばかりを残していました。

とても五輪に出場するレベルにはなかったのは明らかでした。

シドニー五輪の想い出.gif
今夜の見所
スノーボード・ハーフパイプ男子にメダルの期待が寄せられていますが、
果たしてどうでしょうかexclamation&question

今日はこの競技以外でのメダルの可能性はゼロです。

ハーフパイプ男子には、
昨季W杯総合3位の国母和宏(17歳)がかなり期待されていますが、
この競技は圧倒的に米国とフィンランドが強いのです。

W杯で国母和宏や女子の今井メロが優勝した時は
米国などの有力選手が欠場していましたから、
国母は意外と苦戦するかもしれません。

モーグルの上村と同様に4〜6位くらいの
善戦で終わったとしても、悔いのない会心の滑りをしてほしいです。



posted by RIUさん at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!

ついに、イタリアのトリノで冬季五輪大会が開幕してしまいました。

060211意地悪ミキティ.jpg
浅田真央の出ないトリノ冬季五輪は、
昔風に言えば「クリープを入れないコーヒー」、
今風に言うと「堀江のいないライブドア」のようで、
060211スッテンミキティ.jpg
最大の見所は、女子フィギュアの
・ 妖怪荒川
・ 穴熊パンダ村主
・ 爬虫類ミキティ
がメダルに届かず、
「それ見ろっ!」と声を大にして言いたいことと、
利権の雌豚・城田の第一声を聞きたいというだけにあるなんて
情けない五輪になりました。

しかも、各テレビ局のキャスターの顔ぶれも最悪です。
フジテレビ
・ お笑いの浜田雅功

日本テレビ
・ アイドルの上戸彩

TBS
・ SMAPの中居正広

テレビ東京
・ お笑いの藤井隆とブログの女王・真鍋かをり
・ 真鍋は2月13日の「スノーボード女子ハーフパイプ予選」から
  26日の「アイスホッケー男子決勝」まで担当することになっています。
・ 藤井にはおちゃらけでキャスターを担当してほしくないですね。

これら民放がバラエティー番組のノリで、
緊張感と集中力で出番を待つ選手たちを困らせています。

昨日もTBSでは中居正広が
バラエティー風にバカバカしく構成していましたね。
060211性悪ミキティ.jpg
「ミキティと氷上デート」とか「岡崎朋美の感動レター」だとか。
バカバカしくて観ませんでしたけど。

テレビ局側がこれだけ必死に頑張っても、
視聴者の関心が高いかどうかは疑問でしょう。

前回のソルトレークシティ冬季五輪では
NHKの平均視聴率は、五輪としては過去最低の7.0%、
民放各局平均でも5.6%でしかなかったのですから。

ましてや、今回は
最もメダルに近かったはずの浅田真央が出場しないのですから。


五輪の放映権料は、
NHKと民放各局で構成するジャパン・コンソーシアム(JC)が
IOCから、シドニー五輪から北京五輪まで5大会分を
5億4,540万ドル(約643億円)で一括購入しているのです。

誰が考えても法外な料金で買った失敗を棚に上げておいて
「五輪は4年に1度のお祭りだ」
とばかりに昼も夜も五輪を中継するのです。

NHKの番組では「受信料支払い」を促すお知らせを再三入れて、
トリノ五輪を受信料対策のチャンスと一儲けをたくらんでいるわけです。

トリノ五輪をNHKと民放キー局5社は、
延べ860時間という、
冬季五輪としては過去最大の放送を予定しているのです。
NHKは、
・ 総合テレビで長野冬季五輪を上回る124時間
・ 衛生第一で300時間
・ ハイビジョンで233時間
と、
17日間の大会期間中、のべつ幕なしに五輪中継を垂れ流し続けるのです。

国民の受信料でムダな予算組みしたわけですね。

危険な牛肉の名産地である米国では、
NBCが過去最多の中継を行うのですが、
それでも420時間でしかありません。

イタリアのトリノと日本の時差を考えると、
注目競技が深夜から早朝にかけて行われる日本が、
米国より長時間放映するメリットがどこで出てくるのでしょうかexclamation&question
大会終了後の視聴率が楽しみです。


大日本選手団
日本は総勢239人の大所帯で、
長野五輪を除くと、日本史上最大規模になります。

開会式も大名行列のようでしたね。

メダル確実な浅田真央を出場させないくらいですから、
「出場枠があるから」と年功序列や水増しで選ばれた選手も
多数紛れ込んでいるわけです。

「ジャンプ」の原田選手も痛々しいですね。

日本の選手団は、選手が112人なのに対し、
役員・コーチが127人もいるのです。

例えば、フュギュアスケートは、
選手6人に対し、
トレーナーや総務担当といった裏方が13人も
ゾロゾロと金魚の何かのように付いて行っているわけです。

JOCの年間予算は例年60億円前後で、
半分は国などからの交付金や補助金です。

予算を余すと翌年の補助金額に影響するので、
公務員感覚で「使いきり予算」化しているのです。

今回の大名行列も無関係ではないのです。

選手団とは別便で行く幹部役員も多く、
現地の高級ホテルに泊まり、スポンサーの接待を受け、
大量のお土産を抱えて帰国する越前屋が多いということです。

五輪を観光・接待旅行と勘違いしているのですね。

こういうヤツはトリノではなく、
国内の雪国で“雪かきツアー”をしてほしいものです。


テロの危険
日本のマスメディアが「選手情報」や「メダル予想」に浮かれている間にも、
五輪がテロの標的にされる可能性もあるのです。

イタリアのピザヌ内相が
「具体的なテロ情報はないが、その可能性は排除できない」
と注意を呼びかけています。

イタリアは米・英に次ぐ約2,600人の部隊を
イラクに駐留させています。

国民の反対で派兵を拒否したギリシャと違って、
アルカイダの標的になる可能性は高いのです。

イタリア政府は、五輪期間中は地元警察のほか、
約9,000人の警察官を警備に動因しているのですが、
五輪関係予算が6,400万ユーロ(約89億円)も不足している影響で、
警備人数はアテネ五輪の7万人と比べると、8分の1でしかないのです。

警備範囲は山岳地帯を含む12の競技施設、3つの選手村、
プレスセンターなど広範囲に及び、警備は手薄となっています。

何事もなければ良いのですが。


深夜のモーグルの見所
上村は空中で身体を横に2回転するセブン・オー(7o)という
高難易度の3Dエアが最大の武器で、メダル候補に上がっています。

この技を使えるのは世界でも4〜5人しかいないと言われています。

上村はトリノ五輪のために、セブン・ツー(72o)という
身体を斜めにしたまま横に2回転する新技のチャレンジは断念して、
安定感を優先して旧来の「セブン・オー(7o)」で本番に臨むのですが、
この辺に上村の気の弱さが垣間見れます。

海外の有力選手は、五輪本番に向け、
より難易度の高いエアを特訓してきていますから、
上村がエアで差をつけられないとすると、
メダル奪取は苦しいのではないでしょうか。

メダルが期待される上村には相当なプレッシャーがかかっています。

2度目の五輪出場となった前回ソルトレイクシティー五輪でも
メダルが確実視される中で結局6位に終わっています。

ここ一番でめっぽう弱いのが上村の精神力なんですね。

適当に美人で発言にもソツがなく、優等生っぽくて、
なんだかNHKのようで私は好きになれないのですが、
悔いの残らないように滑ってほしいものです。

むしろ、里谷の方は「心臓に毛が生えている」と言われるほど、
図太さ、ふてぶてしさ、度胸があります。

昨年の六本木のクラブでの暴行事件もありましたね。

事件後、里谷は離婚も経験し、五輪強化選手からも外され、
人生のどん底から這い上がってきました。

騒動後の昨年7月に、
オーストラリアの大会で里谷と再開した全日本スキー連盟の林会長は
「里谷のあまりの精かんな顔つきに驚いた」
と言わせるくらい、精神的なタフさを兼ね備えているのです。

里谷の「前方宙返り」の大技は、
調整の遅れからこれまでほとんど失敗続きで、
里谷自身も腰も強打し、とても万全ではないし、
エアには弱いのであまり期待はできないかもしれません。

上村・里谷は現地や大会組織委員会の展望でも
「メダル圏外」という予想が出ていますから、
上村羅もも里谷も、もう開き直って100%の力を出し切ってもらえれば、
メダルよりそのチャレンジを評価したいと思います。

posted by RIUさん at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

フィギュアの城田憲子フィギュア強化部長は姉葉元建築士と同じ

フィギュアスケート・全日本選手で、昨日「大失態」がありました。

またしても城田憲子フィギュア強化部長の登場です。

今回やらかしたのは、男子の“採点ミス”でした。


私は冬季スポーツには無縁なので、
フィギュアでの2回転と3回転なのかも識別できませんし、
トリプルアクセルとかルッツとかループとかトゥーループとかも、
さっぱりわかりません。
そのため衣装や化粧が気になって、
村主章枝は穴熊パンダのようだとか、
荒川静香は中国の妖怪のようだとか、
安藤美姫の先祖は爬虫類に違いないとか、
その程度の低いレベルでしかないのですが、
私が気にしていたのは城田憲子フィギュア強化部長の
浅田真央を五輪に行かせない“方針”が、
「突発的な実力者より養成者(=強化選手)を最優先すべき」
という考え方が、間違っているのではないか、ということ
でした。

明らかに実力のある選手を五輪に派遣させないで、
どうして「日の丸」を揚げさせることができるのか、
という点が納得がゆかなかったのです。


今回城田大先生がやらかしたのは、単純な確認ミスでした。

城田大先生は、採点のチェック役の
「テクニカルコントローラー」
という大事な役割でいながら、織田の減点を見落としてしまいました。

役員席でふんぞりかえって、隣の人とおしゃべりしていて、
採点の確認をしなかったんですね。

100%人為的なミス=人災。

計算するといっても、項目が少ないので、
電卓で10秒もあれば小学生でも計算できるはずから、
おそらく城田大先生は、
今までに1度も“確認”をしたことがないのではないか、
と疑いを持たれてもしょうがないと思うのです。

城田大先生は姉葉元建築士のように“偽装”したのではないのですが、
姉葉で明るみになった「節約設計=手抜き設計」を、
姉葉関連物件だけでなく全国的な「太閤検地」のような
“全棟検査”が必要なのでは?という考え
に基づいたときに、
「城田大先生が関わった過去の採点も全て調べるべきではないか」
となると、
表題のように「城田大先生は姉葉元建築士と同じ」問題提起を
したことになるのです。


(財)日本体育協会は文部科学省の管轄化に置かれていますが、
(財)日本体育協会の中にあらゆるスポーツ団体が
「加盟団体」として組み込まれています。
・ 日本サッカー協会
・ 日本陸上競技連盟
・ 全日本柔道連盟
など全てそうです。

この(財)日本体育協会によって
『21世紀のスポーツ指導者‐望まれる指導者とは‐』
というのが定められています。

この中で、
第U章 「求められるスポーツ指導者像」
2.求められるスポーツ指導者
として、以下のように書かれています(原文の通り抜粋)。

・ 単に技術・戦術の指導に優れているだけでは
  プレーヤーに信頼される指導者にはなりません。
  指導者の人格がプレーヤーに尊敬されてこそ
  信頼を得られるのです。

・ スポーツマンシップとフェアプレーに代表される
  スポーツのマナー、エチケットの
  手本となるような態度・行動が重要となります。

・ スポーツ指導者は、多用なニーズに的確に対応するため、
  常に自己研鑽を図り、自ら成長・発展し、
  周囲から尊敬・信頼される人間であることが求められています。
とあります。

城田憲子フィギュア強化部長は、
はたしてスポーツ指導者としてふさわしいのでしょうかexclamation&question
尊敬・信頼されるのでしょうかexclamation&question


トリノ冬季五輪への1枚の切符を
関大の先輩・後輩がベストを尽くして争い、
“人災”によって織田信成に与えてしまった
心の傷は一生消えないでしょう。

代表切符を当確にした高橋大輔にしても、
後輩でライバルの織田の心情が理解できるだけに、
とても素直に喜べないはずです。

五輪出場をかけた大一番で日本スケート連盟が犯した罪はあまりに重く、
後味を一層悪くしてしまいました。

もはや「ごめんちゃい」では、とても済まされないと思うのですが…。

物言わぬ(=物言えぬ)役員が多く居る環境で、
誰がネコに鈴を付けるのでしょうかexclamation&question
そもそもそういう構図では、
「全員スポーツの指導者たる資格がない」のではexclamation&question

一蓮托生で、仲良く全員連帯責任を取って、
この際役員を総入れ替えした方が良いのかもしれませんね。

城田大先生が引責辞任しないとしたら、
役員の愛人問題などのスキャンダルや
横領など何らかの弱みを握られている、としか思えませんね。


先ほど、全国高校駅伝大会の女子がスタートしました。
昼からの男子と共に、沖縄がまたしても北海道に負けるかどうか、
というのが私が注目しているところ
です。

女子のスタート区間第1区間では、
27位 沖縄県 南部商業
37位 北海道 札幌静修
と、沖縄が先行しましたが、それでも今年も負ける予感が…。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by RIUさん at 10:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。