2006年10月07日

松浦亜弥の根性!

長野の地獄谷では、日本猿が温泉に入るといいますが、
温泉に浸かって目を閉じる猿の表情が、
松浦亜弥と重なるところがあり、
テレビ番組やCMなどで頑張っている姿を見ては、
猿の生態を連想していたのですが、あややは、
人並み外れた根性の持ち主だということが分かりました。

アサヒ芸能の「50人の暴露白書」という特集の中で、
あややは、東京の鮫洲試験場に、原付の免許取得のために、
17回も受験し続けている記載があるそうです。

スズキのスクーター「アドレス50」の
CMに出演しているあややは、
CM撮影時に免許を持っていなかったので、
スズキ側が
「CM放映中には免許を取ってください」
と要望したことで、受験を続けているのだそうです。

原付の試験は、大きく分けて
視力検査などの「適正試験」と「学科試験」の2つで、
技能試験はありませんから、
学科試験に合格出来さえすれば、
「技能講習」のあと、免許が交付されることになっています。

学科試験(30分)は、
問題は文章問題46問(各1点)と
イラスト問題2問(各2点)で、
「正」か「誤」にチェックするようになっていて、
合計50点満点のうち45点以上が合格で、
合格率は約57%と、バカに出来ない難易度です。

文章が引っかけ式になっていることもあるのでしょうが、
合格率が57%ということは、
勉強しないで受験している人が多いのでしょうね。

受験費用は、東京都の場合
・ 受験料       1,650円
・ 技能講習料    4,050円
・ 免許交付手数料 1,750円
かかるようですから、
あややは2回目から受験料だけを払っているのでしょうかexclamation&question

ふつうは3回くらい不合格が続くとヘコむはずですから、
もはや鈍感ではなく、
並々ならぬ根性の持ち主だと言えるでしょう。

あややは、毎回41〜42点あたりを
ウロウロしているようですから、
自信のない解答には、
逆にチェックを入れたら良いのではないかと思います。

CMの撮影自体は、
スクーターをクレーンで引っ張って動かし、
私有地で撮影したため、
免許の有無自体には問題がなかったのですが、
スズキ側としては、スクーターのCMでもあり、
出演タレントが無免許というのも都合が悪いので、
免許取得を要請したようです。

ちなみに、
「お試し原付免許学科試験模擬問題(21問)」
を、私はやってみたのですが、
18点以上が合格圏のところを、
私は15点でしたから、
あややをバカにできないわけです。

posted by RIUさん at 15:52| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。