2006年02月28日

トリノ冬季五輪の平均視聴率は、ワースト2位だった

ビデオリサーチは、
トリノ冬季五輪を中継したテレビ全番組の平均視聴率(関東地区)を、
・ NHK8.3%
・ 民放7.1%
と発表しました。

NHKについては、
1972年札幌五輪以降の冬季五輪大会では、
2002年ソルトレークシティーの平均7.0%に次ぐ
低い数字だったようです。
(民放平均5・6%)

イナバウアー.jpg
2月24日早朝に、女子フィギュアで荒川静香が
金メダルに輝いたNHKの中継では、
31.8%と今大会で最大の視聴率を挙げたのですが、
これがなければワースト記録を更新したのは間違いなかったのです。

過去最高は札幌の平均22.0%ですが、
もうこんな数字は出ないかもしれませんね。

荒川の金メダル.jpg
現地と日本の時差の関係で生中継は夜中〜明け方になったことや、
メダルに届きもしない低レベルの選手をマスメディアが持ち上げ、
また代表選手が悪乗りして、
ビッグマウスだか明治の大砲だか認知症だかスポーツバカだか
分かりませんが
「メダルを狙う」だの「古里レター」だのって、
前評判ばかりあおったわりに、本番では惨敗ラッシュでしたから、
見向きもされなくて当然でした。

何より浅田真央が出場しないことが最大の敗因でしょう。

棚ボタ金メダルの荒川より、浅田真央の実力の方が上なのですから。

視聴率を下げたのは、
浅田真央の足を引っ張った城田オバンが陰の貢献者でしょう。

あと味が悪かったのは、
・ 城田オバンが手柄を手にしてしまったこと

・ 金メダルの荒川に売国奴が国際電話したこと
  「お前なんか知らん、嫌いだ」
  って、荒川は切ってやれば良かったのに。

・ 売国奴が官邸で
  「選手育成の支援も必要」
  と、心にもないことを言ったこと。
  それを言ったら、
  「日本体育協会や各競技団体の指導がなってない」
  ということなんですよ。
  図星ですけど…

HG.jpg

posted by RIUさん at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党永田衆議院議員の「メール問題の言い訳会見」を見た!

歯切れの悪い永田寿康議員の会見をテレビで見ながら書いているのですが、
ガセメールを永田に渡した西澤孝を悪者にして、
自分だけ助かろうというのがミエミエで、
「言い訳会見では、こういうことにしとこう」
という“ストーリー”を思い出しながら話しているので、
聞いていてどうもウソっぽい。

「それじゃあ、しょーがないよな」
「まァ、しゃーないか」
と誰も納得しないような“ストーリー”では、
芥川賞はおろか、学校の作文コンクールだって
入賞できないだろうし、
夏休みの読書感想文だって褒められたことがないのでしょう。

エリート永田にしても、国語が苦手だったのかなexclamation&question

一部では
「土下座パフォーマンスまでするんじゃないか」
という憶測もありましたが、
それをやると民主党首脳陣がモグラ叩きゲームのように
連帯責任問題に波及してしまいますから、
やりませんでしたね。

永田は党員資格停止処分
(除名、離党の勧告よりは軽く、党役職の停止などよりは重い)、
野田佳彦国会対策委員長が辞任
という処分で、逃げ切ろうという魂胆です。

こんな言い訳会見では、
「ウソメールと分かっていながら、なぜ爆弾発言に踏みきったのかexclamation&question
ますます疑惑が深まるだけで、
エリートであるはずの永田のお脳は、
ボクシングの亀田兄弟大仁田厚と同程度の握りこぶし大だったのか、
とガッカリしてしまいました。


そこで、歯切れの悪い言い訳会見を聞いていて、
勝手に「勇み足・永田の“本音”」を探ってみた

・ 白ブタ武ブーの次男とブタエモンとの間にカネのやりとりが確実にあり、
  民主党はキャッチしている

・ 白ブタ武ブーは、皆さんご存知のように、
  権力をカサに踏ん反り返っているものの
  「顔色や表情を正直に出すタイプ」ですから、
  「カネのやり取り追及」で、
  武ブーが暗い顔をしてうつむきかげんで
  元気なく答弁する“つぶやきシロー”状態の姿は、
  “クロ”を示しているのです。

・ ガセネタをトランプを切るくらい持っている西澤と永田は
  以前から知り合いだった。
  これは、会見で永田が認めていました。

・ 武ブー2号のカネの流れのウワサを国会で追及し、
  頼りない前原に代わって、やがて民主党のリーダーになりたい永田は、
  ここで武功を挙げたかったのです。

・ 功名にあせる永田は、
  ガセマン西澤と、個室居酒屋「かこいや」あたりで、
  2人でエンピツなめなめ、
  「あーでもない、こーでもない、ここはこーしとくか」
  と、文書をまとめ上げたのです。
  この席には、ライブドア関係者もいて、
  知っている内容に基づいたのかもしれません。
  どっちにしても永田とガセマンは共犯なのです。

・ ガセマンは芋焼酎を飲みすぎたせいか、
  事務所に戻って打ち合わせたメールを作り上げ、
  ここで間違いをおかしてしまいます。
  メール文書を自分あてに送信し、
  自分でプリントアウトしてしまったのです。
  このメールプリントを永田に差し出しました。
  今度は泡盛にしてね揺れるハート

・ 永田のシナリオでは、
  「この偽メールをガセマンが週刊誌に持ち込み、
   スクープとして取り上げ、それを基に国会で追及する」
  というものであったはずです。

・ でもシナリオは簡単に崩れてしまいました。
  なぜなら、ガセマンはもともとガセの持込みであまりにも有名すぎて、
  各週刊誌から門前払い状態だったからです。
  週間ポストや文春に、
  「どうせ、またいつものガセだろ」
  と相手にされなかったのでした。

・ 永田は、やむなく偽メールと知りながら、
  国会で堂々と武ブーを追及する暴挙に出ます。
  武ブーもたじろいだのですが、
  何しろ「メール」はウソなのですから、
  売国奴に「メールがホンモノだと立証してみろ」と
  取って返されてしまったのです。

・ ガセマンは、問題がここまで大きくなってしまい、
  ガセネタ持込みで有名なヤツだということも
  沖縄の果てまで知ることとなって、
  「おら、もうイヤだ」と、
  相棒の永田からも逃げ回っているのです。
  ガセマンは、せっかく全国に名を売ったのですから
  「ガセネタ」を披露するタレントになれば、
  “綾小路きみまろ”はともかく、
  “ゴージャス松野(沢田亜矢子の元夫、松野行秀)”くらいには
  売れるかもしれません。

・ これを良いことに、民主党は
  「永田はガセマンにダマされた単細胞だった、ごめんちゃい」
  で済まそうとしているのです。

・ 民主党首脳陣は、メールはウソだと理解しながらも、
  執行部の退陣がないのは、
  「武ブーbQと豚エモンのカネの流れをつかんでいる」
  ということなのだと思います。
  ブー・コンビ.jpg
  武ブーと豚エモンは家族ぐるみの付き合いなのですから、
  武ブーが追い詰められるのも時間の問題なのです。

・ “きっこ”を暴こうと執念を燃やす【サイバッチ!】は、
  「西澤孝」−「佐藤晶(西澤の会社の役員)」−
  「民主党議員・馬渕澄夫」−「きっこ」
  というラインを
  「一直線につながっている」
  としています。

メールの真偽ではなく、
「武ブーbQと豚エモンのカネの流れがあったのかどうか」
を追求してほしいものです。
おひらき.jpg

posted by RIUさん at 16:56| Comment(0) | TrackBack(2) | 社会ネタ(偽メール事件) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

民主党の永田議員に「@堀江」の偽メールを渡した“西澤孝”は実在する

今日の「きっこのブログ」で、
『フリーライターの“西澤孝”は芸名・偽名で、本名は「F(=藤田)」だ』
というように書いてありましたが、
【サイバッチ!】の今日のメルマガによると、
錘゙V氏の名刺.jpg
“西澤孝”の名刺や会社の全部事項証明書が出てくるので、
やはり実在の人物のようです。
成.jpg

錘゙V氏がミ長の証拠.jpg

“きっこ”を暴こうとする【サイバッチ!】は、
“きっこ”のことを「ガセネタ大魔王」だと決めつけています。

どうも最近の「きっこのブログ」には以前のキレがなくなり、
ごう慢と自暴自棄になりつつあるようです。

拘置所に吸い込まれる豚エモン.gif

posted by RIUさん at 20:37| Comment(2) | TrackBack(2) | 社会ネタ(偽メール事件) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

“ビッグマウス”亀田兄弟はボクシングは強いが、お脳は弱い!

「亀田3兄弟」の2男坊、亀田大毅(協栄)が
プロデビュー戦(6回戦)を圧勝しました。

「長男・興毅のデビュー戦での1回44秒を上回る」
と公約し、
その通り1回23秒で劇的なKO勝ちでした。

でも、相手のサマート・シットサイトン(タイ)は、
過去日本人選手3人と対戦して、
いずれも4回までにKO負けをしている“カモ”ですから、
1回23秒はともかくとしても、
勝って当たり前みたいな相手でした。もうやだ〜(悲しい顔)

しかも、
相手は最初から勝つ気があったのかどうかも疑わしいような、
結末が分かっていて「戦う気力」が失せていたようにも感じましたから、
そういう意味では協栄ジム側の「勝たせる」戦略的な意図が
あったように思われました。

亀田大毅のKOパンチは確かに速かったです。

協栄ジムの金平桂一郎会長によると、
亀田大毅の次の試合は4月17日の李元熙(韓国)戦になるようですが、
次こそ“良い試合”を見たいものです。

それよりも、
亀田大毅が選手控室からリングに向かう“弁慶”のいでたちは
笑わせるためのものだったのでしょうかexclamation&question

「ショー」的要素は、
どんどんエスカレートして、最後は飽きられるのですが、
低次元“パフォーマンス”の「大仁田厚」を連想してしまいました。

また、
勝ち上がった後の勝利者インタビューの内容も、
お脳のレベルを知るのに充分すぎるものでした。

「ハウンドドッグ」の曲も、一人酔いしれてるんるん歌っていたけど、
鳥肌がたってしまったので、
思わずテレビのボリュームをゼロにしてしまいました。

亀田大毅は、掛け算の「九九」って、6の位から上が出来るんでしょうかexclamation&question

あしたのジョーの丹下段平みたいな親父さんも、
殴り合いだけを教えるのではなくて、
もちっと“人間教育”をした方がバカ息子たちのためになるかも。

その前に、丹下段平親父自身に“一般教養”が必要かも。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by RIUさん at 20:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 亀田イカサマボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜最終回

2月11日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!
2月12日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その2
2月13日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その3
2月14日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その4
2月21日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その5
2月22日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その6
2月23日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その7
2月24日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その8

ボンジョルノ〜グッド(上向き矢印)
あれっexclamation&question

中3時代の荒川静香.jpg
荒川静香は棚ボタの金メダルだったexclamation&question
女王スルツカヤと銀メダルコレクターのコーエンが共にスッテンしてしまい、
荒川静香はノーミスだったことが勝敗を分けたようですが、
スルツカヤにも本来の“らしさ”がなく、精彩を欠いていましたね。

コーエンも前半は“冴え”が感じられず、
フリーでの上位3人の中では、荒川静香の金メダルも納得ですが、
荒川もスタンディングオベーションするほど、
感動的な演技でもなかったように感じました。
私だけかなexclamation&question

荒川静香のメダルの報奨金
・ JOC(日本オリンピック委員会)
  金メダルは300万円の報奨金
・ 日本スケート連盟
  金メダルは200万円の報奨金
・ プリンスホテル(所属先)
  「社長賞」とかでも、10〜50万円くらいでしょうか?
合計500万円+プリンスホテルの社内褒賞

そして城田女史の高笑いとJOCの無能さが浮き彫りに
2年前のアテネ五輪で、
日本が史上最多のメダル37個を獲得したことが追い風になって、
2005年〜2008年の4年契約で、
3億円もの契約金をJOCに支払い
「オフィシャルスポンサー」になった気前の良い会社が25社もあり、
JOCもウハウハなのですが、
今回のトリノ五輪のような体たらくでは、
今後スポンサーになるメリット性は薄い、と企業に判断されると、
契約会社は激減するかもしれません。

パンダ.jpg
スポンサーの中の1社がロッテで、
昨秋から「ガーナ」チョコレートのテレビCMで、
女子フィギュアの荒川・村主・安藤の3選手を起用し、
狙い通り?浅田真央と中野友加里を蹴落とし、
スポンサーお気に入りの妖怪3人娘が
揃ってトリノ五輪に出場したわけですが、
周知のように、ここで城田女史が大きく介在しました。

でも、荒川静香の金メダルのお陰で、
四面楚歌の城田女史は、
ジャンボ宝くじを連番で買って1等・前後賞も当てたような
「陰の立役者」になってしまったのです。

後味が悪いです。

童夢&メロ.jpg
今井メロもメロメロだった
前評判が高かったメロも、大舞台では全く通用しませんでした。

プロの試合に素人が出ていると思わせるくらい、実力の差があったようです。
熱演賞.jpg
腰を負傷した演技だけが熱演賞ものでした。

結局、“ボードの女王”として人気のあるメロを持ち上げて
スノーボーダーを取り込みたいヒルズ族に
商業的に利用されただけでした。

JOCを始め各競技団体は、
次回バンクーバーへの4年計画に真剣に取組むべきです。

本来の実力を出し切れず、自己ベストも出せずに負け続けるのでは、
万全の状態で本番を迎えるような調整法が取れないコーチやスタッフも悪いし、
メダルの可能性も薄いのに、
ビッグマウスを連発する低いレベルの選手が多いのも問題でしょう。

JOCを始め各競技団体は、
一部の公務員のように「仕事をしてるフリ」をするのではなく、
日本の冬季競技全体の見直しが急務で、
質より量の選手団編成ではなく、
質の高い戦う選手団を編成してほしいものです。

ともかく、
金メダルの荒川に2戦2勝している浅田真央が出ないトリノ五輪が終わって、
やれやれです。バッド(下向き矢印)

冷静なネコ.jpg



posted by RIUさん at 21:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その8

2月11日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!
2月12日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その2
2月13日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その3
2月14日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その4
2月21日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その5
2月22日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その6
2月23日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その7

メダル授与ョ.jpg
嬉しくも、後味の悪い結末に
採点外のニワトリ・バウアーが決まって
荒川静香が金メダルとは驚きでした。
ニワトリ・バウアー.jpg
相当なプレッシャ―の中で、
日本フィギュアの歴史上、初めての金メダルを取ったことは
立派だったと思います。

パンダ.jpg
パンダは順当に4位。

でも、これで大きな問題が。

左のオバはんが城田女史.jpg
妖怪荒川の金メダルは、
日本スケート連盟の城田憲子フィギュア部長の手柄となって、
彼女の首がつながってしまったどころか、
次回のバンクーバーまで“安泰”となってしまったのです。

「いろいろあったけど、まぁ“結果良ければ全て良し”だっちゃァexclamationわーい(嬉しい顔)
と、日本スケート連盟やJOCは安堵していることでしょう。

.jpg
ガテン系美姫ティは、予想通り失敗覚悟で4回転に挑戦し、
当然の如くスッテンしましたが、
それだって彼女のベストとはほど遠い実力なのに、
代表に選出してしまったことで“醜態”をさらすことになったのですから、
ある意味、美姫ティだって被害者なのです。

行きたくないけど、中を覗いてみたい焼肉屋.jpg
ムーミンに出てくるスナフキン体型だった美姫ティは、
アメリカで焼肉をガツガツ食べたせいで
ノンノン(フローレン)体型に変貌していましたから、
これではたかの友梨ビューティコロシアムに行くのが
先だったのではないでしょうか。
.jpg
浅田真央がムリなら、せめて中野友加里を美姫ティと入れ替えておけば、
5位か6位には入賞したはずです。

代表問題でゴタゴタした日本スケート連盟執行部の“手柄”となったからには、
次回バンクーバーでも「不公平な選出がまかり通る」ということです。

残念なのは、「フィギュア女子フリーの24日」は、
今日の夜からかと思っていたことでした。もうやだ〜(悲しい顔)

さらに残念だったのは、昨日の「ガセネタ」のことでした。

@堀江の偽メール事件で、民主党が大ピンチになって大揺れです。

ガセネタで有名な西澤孝は、
今まで“金目当て”であちこちの週刊誌から門前払いになっていたのですが、
なぜ永田寿康議員から金を貰わないで「@堀江の偽メール」を渡したのか、
西澤の背景の意図(自民党なのか?株価操作なのか?)が問われるところです。

この“ガセ”ではなく、昨日の書いた
浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その7
の“ガセ”の方です。もうやだ〜(悲しい顔)

個人的に
・ 中居正広
・ 香取慎吾
・ 島田紳助
・ とんねるず
・ 松本人志
・ 東野幸治
・ 今田耕司
・ グッチ裕三
・ 極楽とんぼ
の出演するテレビ番組は見ないことに決めているので、私も未確認でした。

調子こいて、中居を始めとしたジャニーズホモ軍団のウワサシリーズに
突入するところでした。
モ罪.jpg
「ウソをウソと見抜けexclamation
とか
「真贋の眼を持てexclamation
とかエラソーに言ってたのに、このザマです。もうやだ〜(悲しい顔)
バカだね。

豚エモンの忘年会での「大きな古時計」の替え歌
『大きなのっぽのライブドア』がしばらく頭から離れなかったように、
すでに頭に焼きついてしまった
「ボンジョルノ〜グッド(上向き矢印)
「アルベデルチキスマーク
がチラつくことを考えるとウンザリです。

ちなみに、
イタリア語で「さようなら」は、『ヴェデールチ』だそうです。

あれっexclamation&questionNHK的になってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

カーリング娘.jpg
カーリングの映画「シムソンズ」、観てみたいですね。

posted by RIUさん at 10:59| Comment(1) | TrackBack(3) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

ヤツはアメリカンピットブルテリアに間違われて近所で恐れられていた!

久々にヤツ犬のネタです。

2月14日にバレンタインDAY黒ハートの“着ぐるみ”を創ったのですが、
出来栄えに満足できなかったこともあって、
延び延びになっていたのです。

060223RIU.jpg
“ダニの心臓”と言われるほど気の小さいヤツ犬ですが、
身体だけは大きいので、
「闘犬ですかexclamation&question
とか
「土佐犬ですかexclamation&question
と言われたり、
すれ違う散歩の人に露骨に嫌がられたりしていることは
ヤツ犬にとっては珍しいことではないのです。

今日の散歩では、初めて
「アメリカンピットブルテリアですかexclamation&question
と聞かれました。

1995年沖縄本島中部の石川市で、
脱走したアメリカンピットブルテリアに小学生の女児が噛み殺される、
という傷ましい事件があったことで、
「アメリカンピットブルテリアを沖縄から排除するべき」
とする人たちが増えているようなのです。

060223RIU2.jpg
ヤツ犬は近所で、
「あの茶色のバカでかい犬は
 凶暴なアメリカンピットブルテリアに違いないexclamation
と勝手に決められて、
噂が広がっていたようです。

聞いてきた人も、
ヤツ犬がラブラドールのチョコだと理解できたので、安堵していました。

木刀を持って散歩する人がいるので、不思議だったのですが、
ようやく理解できました。

危なくヤツ犬は「あいつは魔女だexclamation」という無実の罪で、
棒切れで叩かれるところだったのです。ふらふら

posted by RIUさん at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | RIUさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その6

2月11日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!
2月12日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その2
2月13日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その3
2月14日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その4
2月21日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その5

女子フィギュアのメダルの可能性は薄い
明け方に起きてまで見るべきものではないので、
ビデオに録画予約していたのですが、
朝NHKを見ると、例の
「ボンジョルノー〜グッド(上向き矢印)
「アリベデルチキスマーク
という呆れ果てた挨拶で、思わず血が逆流してしまう今日この頃、
皆さんいかがお過ごしですかexclamation&question

あれっexclamation&question“きっこのブログ”調がまだ抜けてませんね。

ともかく、電源を入れると女子フィギュアSPが中継中でした。

NHKのアナウンサーは、
「60点以上の上位4人のメダル争いが決定したexclamation×2
と興奮気味に大騒ぎしていましたが、まだまだ予断を許しません。

メダルは、まだ下記の3人の可能性が高いのです。
・ スルツカヤ(ロシア)
・ コーエン (米国)
・ コストナー(イタリア)

スルツカヤとコーエンは、金をめぐる争いで確定的ですが、
妖怪荒川と穴熊パンダ村主は、4位・5位になるような気がします。

“銅”は、地元イタリアのコストナーが取るのではないでしょうか。

「でもSP11位だろexclamation&question
と思う人は、審判の判官びいきがどれほどひどいか理解していないのです。

フィギュアペアで、中国選手が序盤の失敗・負傷・中断から
銀メダルを取ったように、
地元イタリアのコストナーをこのまま見殺しにはしないでしょう。

怒涛の大逆転の可能性もあるのです。

また、妖怪荒川か穴熊パンダ村主が銅メダルを取った場合、
日本のメダルはこの1個の可能性が高くなり、
四面楚歌の城田女史に“手柄”を与えてしまうことになるのです。

城田女史の引責ォ任も近い?.jpg
今後、不公・な裁定をさせないためには、
女子フィギュアは今回メダル無しで終わり、
城田女史が引責辞任をすることが望ましいのです。


posted by RIUさん at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その5

2月11日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!
2月12日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その2
2月13日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その3
2月14日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その4

カーリングの大健闘
2月14日に記載した、
「浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その4」
で、カーリングに触れ、
「メダルの可能性はある」と予測していたのですが、
選手は一杯一杯のところで頑張り抜きました。

実力を“気”でカバーしていましたが、
最後の最後で集中力が切れてしまったようです。

序盤の下位チームとの戦いを取りこぼした黒星先行が
最後に響いた形になりましたが、選手は力を出し尽くし、
「これぞ五輪」というのを見せてくれました。

カーリングで奮闘する選手たちを見ていて、
スポーツでは、「“ハングリー”が大事だ」ということが
改めて思い知らされました。

2月20日に記載した
「メジャーリーグと日本の野球の違い」には書かなかったのですが、
青島健太氏が講演の最後に話されたのが、
革命家の条件は、
「“若くて、貧しくて、無名であること”」

と言っていたのです。

「五輪は参加するだけではダメだ」
という強い意志を持ったスキップ(主将)小野寺歩は
今回の112名の日本代表選手の中でピカイチでした。


060221意地悪ミキティ.jpg
いよいよ、トリノ五輪のメーンエベント、
注目の女子フィギュアの始まりです。

浅田真央を出場させなかったツケが、
「ここまでメダルなし」という最高の舞台で巡ってきました。

060221ロッテのCM.gif
もともと、チョコレートのロッテがJOCの協賛企業となって、
テレビCMで、
・ 妖怪荒川静香
・ 穴熊パンダ村主章枝
・ 爬虫類ミキティ(安藤美姫)
の3人を起用したことが代表選考問題の背景にありました。

契約選手を差し置いて、
浅田真央や中野友加里がメダルを取ることは許されない、
という下劣な思惑がスケート連盟にあったのです。

国際スケート連盟(ISU)が定めた“年齢制限”が
浅田真央のトリノ出場を阻みました。

周知の通り
「ISU規約の年齢制限は、子供の成長に配慮してある」
というのがその理由でした。

それなら、ISU主催の「グランプリ・ファイナル」に
なぜ浅田真央を出場させたのでしょうかexclamation&question

五輪はダメで、グランプリはOKなんて道理は通らないはずです。

ここで不可解だったのが、
・ 日本スケート連盟が正式に嘆願書を出さなかったこと
・ 浅田真央を出せないなら、
  好調の中野友加里を選出すべきなのにこれを外し
  不調の安藤美姫を代表に選出したこと
にありました。

12月20日 それでも「浅田真央のトリノ五輪への道」を閉ざす“不思議”
12月25日 フィギュアの城田憲子強化部長は姉葉建築士と同じ

トリノ五輪で、日本選手にメダルを1つでも取って欲しいのですが、
女子フィギュアだけはメダルは取ってはいけないと思っています。

060221城田女史.jpg
日本スケート連盟の城田憲子フィギュア部長は、日本の3代表を
「世界と戦えるチーム」
と胸を張って公言しています。

それが間違っていることを立証させるためには、
妖怪荒川静香や穴熊パンダ村主章枝には、
残念ですがメダルを取ってほしくないのです。

妖怪や穴熊パンダがいくら頑張っても、
下記の3人でメダルはすでに決まっています。
・ スルツカヤ(ロシア)が金か銀
・ コーエン(米国)が銀か銅
・ コストナー(イタリア)が金か銀

城田女史が虚勢を張る日本のベストチームは何か変で、
060221居飛ヤ穴熊戦法.jpg
村主章枝と荒川静香は
早稲田大学卒の先輩後輩の仲(穴熊パンダが1学年上)なのに、
一言も口を交わさないし、目もそらすような犬猿の仲だし、
060221穴熊.jpg
村主章枝は、なぜ目の周りを黒く塗るのか理解できません。

誰も注意、助言しないのでしょうかexclamation&question

060221レッサーパンダ.jpg
先祖がレッサーパンダなのでしょうかexclamation&question

060221中国の妖怪.jpg
荒川静香も、大きく身体をそらせてリンクを縦断する
得意のイナバウアーが高得点ではないし、
見てても美しいとか優雅だとか思えないのになぜ取り入れるのでしょうかexclamation&question

060221戦意喪クの美姫ティ.jpg
安藤美姫に至っては、
五輪後プロに転向するとか、
男子フィギュアの高橋大輔と結婚・引退するとか諸説ありますが、
米国に行って毎日焼肉食い放題ですっかりガテン系になって、
お腹がポッコリしてしまいました。

年末には中野友加里にも追い越されて実力レベルは急降下中です。

060221最盛期の中3当時の美姫ティ.jpg
現在の安藤美姫は、
4回転を決めて、失敗ゼロで、何とか入賞圏内という実力レベルです。

060221コモドオオトカゲ.jpg
現在のガテン系の体格では、
演技の途中ではスタミナ切れで飛べませんから、
序盤に4回転を持ってくるはずですが、高い確率でスッテンするはずです。

060221宮迫美姫ティ.jpg
事前の練習でもスッテンが多かったようです。

柔道の受身の練習が功を奏し、
頭を打って気絶する場面はなさそうですが、
序盤での大技失敗は、精神的にも大きなダメージになり、
スッテんを誘発する可能性が高いと思われます。

060221トカゲ美姫ティ.jpg
それでも安藤が、一か八かの大博打で4回転にチャレンジするのには、
2つの理由があります。

・ フィギュアペアフリーで、中国選手が序盤の失敗でケガをしながら、
  果敢な挑戦をして銀メダルを取ったこと
・ 万一4回転に失敗しても「果敢なチャレンジ」と言われるし、
  間違って成功でもしたら大儲け、という
  “ローリスク、ハイリターン”と思っていること

060221意地悪美姫ティ.jpg
現在の安藤美姫の4回転は、
そのガテン系体格と練習不足が原因で失敗するはずです。

フィギュアペアフリーでの中国選手の銀メダルも、後で考えると
「失敗したのに、何で銀メダルなのexclamation&question
という疑問が沸きますが、
どうしても人間が採点するので、感情が入ってしまうのです。

地元イタリアのコストナー選手は、実力的には下位ですが、
館内の圧倒的な大歓声を受けて、
審判のえこひいきと判官びいきで何でもありのジャッジが期待できますし、
金メダルに最も近い浅田真央の出場にイチャモンをつけた
国際スケート連盟(ISU)のチンクアンタ会長も
イタリア人の審判なのですから、
金メダルか銀メダルは、明朝朝陽が昇ることより明白なのです。

060221城田女史の落ち武メも近い.jpg
日本の妖怪3人娘がメダルを取れなかったとき、
日本スケート連盟の城田憲子フィギュア部長の不要論が湧き上がるのです。

そして、落ち武者に…


posted by RIUさん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「きっこのブログ」が大変なことに!

パソコンの電源を入れてから最初に行うのは、
メールチェックの中でも10通近く届く“出会い系”メールを削除し、
それらの送信を禁止する作業ですが、
間違って大事なメールも削除してしまう今日この頃、
皆さんいかがお過ごしですかexclamation&question

今や8万人が見る「きっこのブログ」風に書いてみましたが、
「きっこのブログ」が今、大変なことになっています。

1.「きっこのブログ」を指示していたジャーナリストが
   半信半疑になってきたこと

  批判的なジャーナリストのブログはいくつもあるのですが、
  これまで“きっこ”を賞賛してきたブログ「世に倦む日日」が
  端的に物語っているように思えますので、これを紹介しましょう。

  “きっこ”が、沖縄のカプセルホテル3008号室で惨殺された
  豚エモンの側近・野口英昭氏の奥さんや実姉から相談のメールが入り、
  以降ひんぱんにやりとりしたメール内容が
  「きっこのブログ」に登場しました。

  見た方も多いと思います。

  2月13日〜14日に、
  野口氏の遺族7人(妻、子供2人、実姉夫婦、父母)だけで
  弁護士は同行させずに沖縄県警と監察医を再訪し、
  2月15日に野口氏の妻がテレビに登場し
  「自殺の可能性がある」旨の発言をしたことで、
  「世に倦む日日」は、
・ 野口氏の奥さんや実姉とやりとりしたメールの信憑性
・ 野口氏の奥さんや実姉に対する“きっこ”の対応
などから、
  これまで擁護し、賞賛してきた“きっこ”に対して、
  半信半疑になっているのです。


2.「きっこのチーム」を暴こうとする毒島雷太氏
  下品で低俗さに惹かれて、
  【サイバッチ!】のメルマガを購読しているのですが、
  2月6日以降、毒島雷太氏のターゲットは
  “きっこ”の正体を暴くこと1本に絞られています。

  以下の【サイバッチ!】のメルマガをご覧下さい。
・ 2月 6日 衝撃!!"きっこ"の正体は"人間の盾"
・ 2月 6日 衝撃!!きっこを狙う黒い影
・ 2月13日 「チームきっこ」への宣戦布告!!
・ 2月14日 なぜ、我々はきっこの正体を暴くのか!?
・ 2月15日 「チームきっこ」メンバーに暴力団の影
・ 2月16日 有名コラムニストKへの最後通牒(その1)
・ 2月17日 有名コラムニストKへの最後通牒(その2)

  また、それ以降の【サイバッチ!】メルマガ登録
  しておいた方が面白そうです。
  なにせ、【サイバッチ!】のメルマガは無料ですし、
  いつでも簡単に解除できます
から。

3.「きっこのブログ」の内容も、最近はキレが悪い
  “きっこ”が1行書いただけで、
  沖縄の「サイバーファーム」の株価が暴落するくらい影響力があって、
  「サイバーファーム」側が激怒して
  弁護士や警察に相談する騒ぎ
になっても、
  “きっこ”が、これにコメントひとつしないのはおかしいし、
  沖縄で惨殺された豚エモンの側近・野口英昭氏の
  奥さんや実姉からのメールの信憑性についても、
  “きっこ”が、これに触れたり、釈明したりしないのは
  「世に倦む日日」の言われるように何だか変ですよね。

参考記事
2月 6日 ネット界のカリスマ“きっこ”危うし!
2月 8日 ネット界のカリスマ“きっこ”危うし!〜その2



このRIUブログ自体低俗なのですが、
同等レベルの「しょこたん☆ぶろぐ」が大ブレイク中

“ブログの女王”といえば眞鍋かをりですが、
オタクアイドル中川翔子が“新ブログの女王”というウワサがあるので、
「しょこたん☆ぶろぐ」を試しに覗いてみました。

「いったいこんなの誰が見てんのexclamation&question
というほどの驚きの低レベルです。

例えば、
・ 亀仙流スカジャン、自らがジャンプ魂となってどこへでも参ります
・ この秀逸なDesign、たまらんね、クオリティだね、
  貪欲に沢山着てやるぜ(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)━━━
・ 猫耳きゃんちに強制、GOODスメル!!GOODスメル!!
という幼稚なコメントと画像が頻繁に更新されているのです。

こんなのが1日に70回も更新することもあるのだそうです。

中川翔子は2002年に
「ミス週間少年マガジン」に選ばれて芸能界デビューし、
現在は「王様のブランチ」にもレギュラー出演中の
バリバリアイドルなのです。

ブログに“質”的内容なんか無くても、
アイドルと私生活を共有している感じになれる、
バリバリの“オタク”ご用達ブログだったんですね。

「きっこのブログ」に取って代わるのでしょうかexclamation&question

posted by RIUさん at 00:53| Comment(1) | TrackBack(1) | 社会ネタ(「きっこ」) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

メジャーリーグと日本の野球の違い

昨日、青島健太氏の講演を聞きました。

「スポーツと私」という演題でしたが、
「メジャーリーグと日本の野球の違い」
についての話が、とても印象深かったので、
私の意見ではないのですが、ご紹介します。

以下、青島氏の話です。

1ゲームの平均時間が違う
・ メジャーリーグ  2時間40分
・ 日本       3時間15分
メジャーはスピーディで、ピッチャーも淡々と投げてきますし、
ボールが先行するピッチャーは地元でもブーイングを浴びるのだそうです。

メジャーは「攻撃野球」、日本は「守備野球」
諸説ある野球の始まりの中で、青島氏は
“「Baseball」という遊びから始まった”
という説の話をしました。

それによると、
ピッチャーが打者に打ちやすいボールを投げ、
打者はその球を思い切り叩き、ベースを1周回れるかどうか、
というゲームから始まったのだそうです。

野球が普及してゆく中で、
「低め」「真ん中」「高め」「内・外角」など
打者の好みが分かれてきたので、
打てる位置(ストライク)を決めたのだそうです。

・ ストライク(Strike)
・ ボール(Ball)
の「Strike」は、『打つ、叩く』の動詞で、
「Ball」は『失敗する』という意味合いの名詞です。

アンパイアは別名「Game Of Conductor」と言われる
“ゲームの指揮を取る権限”がある人なので、
ピッチャーが投げた“打てる球”を
バッターが打たない時に、
アンパイアが発する言葉として、
動詞の「Strike」として、命令形の
・ 「打てよ」
・ 「何で良い球を打たないの?」
というバッターへのペナルティとして
「Strikeexclamation」と右手を挙げて叫ぶのだそうです。

3回「Strike!」をコールすると、アンパイアがキレて、
「Batter Outexclamation」(バッターはボックスから出て行けexclamation
とコールする、という意味でとらえたときに
メジャーリーグはピッチャーはどんどんストライクを投げ込み、
バッターは初球からブンブン振ってゆくという
“攻撃を賞賛する”「攻撃的野球」と考えられるのだそうです。

対して、日本の野球は「守備的野球」で、
“守備側が良いゲームをしたかどうかを見るゲーム”で、
バッターが打てないような変化球を
ピッチャーが織り交ぜながら投球した「Strike」を、
「Nice」とか「Good」とか言って賞賛したり、
鉄壁な守備を賞賛するので、
見ていてあまり面白みがない、ということを話されていました。

メジャーで成功している日本人選手
メジャーで成功している日本人選手は、
日本で野球をやっているときから、
メジャーの「攻撃型野球」をしていて、
イチローや松井秀喜を代表するように、
初球から打ちに行くバッターが成功しているし、
ピッチャーも、「ストレート、ストレート、フォーク」のように
ストライクを投げていた初期の野茂や佐々木が成功していた。

石井一久は、制球難で通用しなかった。

城島も初球から打ちに行ったり、
ボール球でも打つような打つのが好きなバッターなので、
そこそこやりそう。

私のように無知な人間にとっては、
なかなか理論的で興味深い話でした。


以下は、私の貧相理論です。
高校野球については、今まで言いたい放題書いて、
随分と批判も浴びたのですが、
今でも「体力」と「技能」だけを教え込んで、
“野球バカ”を生産する指導者には疑問を感じています。

スポーツには「知力」(思考力・判断力・表現力)も必要なはずなのに、
高校野球ではそんなことは後回しで、
「勝つ野球」「勝てれば何でも良い野球」を目指す指導者が多いのです。

でなければ、高野連が
遠山の金さんの白州のように、
バタバタと「お裁き」を申し渡さないでしょう。

高野連も、ある意味「高校野球裁判所」と化しているのも変なのですが。

今どきタバコの喫煙で大騒ぎすること自体が問題ですよね。

それだけタバコを問題にするなら、
指導者も球児も父兄も親友もクラスメートも
“不祥事”に注意すべきなはずですが、それがないのも問題ですよね。

“野球バカ”の高校球児だけでなく、
指導者も“野球バカ”ですから、問題を起こし続けますし、
昨年の駒大苫小牧高校のように、
学校ぐるみで暴力を隠ぺいするところも増えています。

駒大苫小牧高校は、来月の選抜高校野球でも好成績を残すでしょうが、
「また何か隠しているんじゃないかexclamation&question
と疑念の目で見てしまいます。

高校野球は監督の支配・管理・組織野球が徹底した高校が
勝ち上がって来ていて、
選手は1球ごとに、ベンチの監督を見て指示を受け、
ランナーが1塁に出ると、「送りバント」が定説化して、
スクイズを多用し、“セコさ”を感じます。

監督のサインは、
柳家金語楼と水の江滝子のジェスチャーや
早稲田大学のスーパーフリーの主宰・和田真一郎のパラパラ動画や
「日本をぶっ壊す」と公約した小泉将軍様をイメージしてしまうのです。
 アドルフ売国奴.gif

選手は監督の意のままにしか動かせられないのでしたら、
言い換えると、
対戦する監督同士が、野球場という場所を使って、
テレビゲームをしているようなものだと思います。
・ 「ここはこう打て」
・ 「ここは盗塁だ」
・ 「スクイズだ」
選手は将棋の駒のようなものなのでしょうかexclamation&question

であれば、
いっそのこと「テレビゲーム甲子園」にした方が良いのでは?

わざわざ監督以下選手や関係者、学校の生徒や選手の父兄などが
甲子園に集合しなくても、
地域代表の監督は自宅に居ながらゲームに参加できるわけですから。

過去の参考記事です。
ひどく低俗です。

7月23日 アンチオールスターを望む
8月 5日 明徳義塾高の不祥事辞退に思う
8月23日 スポーツ解説者を斬る!
8月24日 小ズルい駒大苫小牧高校と煮え切らない高野連
8月25日 頑張れ、被害者部員

posted by RIUさん at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?スポーツ「野球」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

日米政府と中国のはざ間で翻弄される“沖縄”

昨日はseesaaブログのサーバーのメンテナンスだったようですね。
こういう、私の操作ミスではないかと、ドキッとしてしまいます。

昨日2月15日の「きっこのブログ」では
「沖縄はニポンの宝」というタイトルで沖縄に触れていました。


内容は、
1月22日(日曜)午後7時半ごろ、
米海兵隊基地キャンプ・シュワブにつながる辺野古の海浜で
焚き火をしていた日山実さん(26)が、
米兵に一時的に身柄を拘束され、
辺野古への普天間飛行場移設に反対して結んだリボンや
砂浜に書かれた英文を消すように強制される、
という事件
に触れて、
日米政府に翻弄される沖縄を憂いごとと捉えたものでした。

きっこの文末は
辺野古に住むある男性は、
「基地ができれば地元にお金が落ちるようになるけれど、
 米兵の犯罪が増えることが分かっているから、基地には反対している」
って言っている。
基地は必要かも知れないけれど、凶悪なアメリカ兵たちの犯罪が恐い‥‥
あたしは、この言葉こそが、
真実の声なんじゃないかと思った今日この頃なのだ。

と結んであるのですが、
この男性はこのあともう一言話しています。
「お前もヤマトンチュ(大和人)だ。
 押しつけられるウチナンチュ(沖縄人)の心はわからんよ」

この男性はビールでほろ酔い気分なので、
思わず正直な気持ちが出てしまったのですが、
実はこのあたりに大きな問題があるのです。


沖縄は、その昔は琉球王国でしたが、
1609年 薩摩藩(島津家久)の琉球侵略
1829年 廃藩置県
1945年 沖縄戦(米軍上陸)
1952年 講和条約
1972年 日本統合(復帰)
と、1609年に日本に植民地化され、
沖縄戦後一時米国の統治下に置かれましたが、
1972年に琉球国として独立を許されることなく、
再び日本に統合され属国となって現在に至っているのです。
1609年から、実に400年になろうとしています。

薩長連合の倒幕によって日本は近代化しましたが、
薩摩藩の倒幕資金は年貢ではなく
琉球が清との交易で得た莫大な利益なのです。

その後、日本政府は沖縄を
「生かさず殺さず状態」で管理し続けているのです。

こういった沖縄の歴史が、
前述の酒気帯び男性から
「ヤマトンチュ(大和人)」発言として出たのです。


今日の「きっこのブログ」を見て、改めて考えさせられました。

日米政府に翻弄されている沖縄に住んでいる私自身も、
日常的な米国人との摩擦やあつれきには慣れてしまっていて、
本来“異常”な出来事が
「またか」
「どうせダメだよ」
という一種のあきらめに近い気持ちが増殖していることに気づきました。
040813沖縄国際大学.jpg
狭い沖縄には世界の60カ国以上の人々が住んでいると言われる
世界的にも有数の国際化社会ですが、
その中でも米国人だけは異質なのです。

「Yナンバー」で始まる在日米軍人とその家族らが使っている車には、
沖縄県民は特に交通事故に注意していますが、
それも本土の方からすると“異常”な出来事だと思います。

沖縄県民が「Yナンバーに気をつけろ」というのは、
交通事故にあっても、米軍関係者の場合、
保障が受けられないことなどがあるからです。
040813米軍ヘリ残骸.jpg
米軍基地や施設は、沖縄だけでなく
横須賀や厚木、横田、座間、佐世保、三沢、岩国などにもありますが、
日本の米軍基地の75%は沖縄にあるし、
“主権”は日本政府に握られていて、
日本政府も「日米地位協定」を気にしているために、
沖縄では特権的な米国人に対しては、
ある意味「“触らぬ神”状態」なのです。

沖縄の照屋寛徳(社民党、弁護士)衆院議員の働きかけで、
約3万台の「Yナンバー」が
車庫証明なしで自動車登録されている問題にもメスが入りつつありますが、
米軍は表面的な態度は紳士的ですが、
沖縄を植民地としてしか考えていないので、なかなか前進しないのです。

売国奴.jpg
「きっこのブログ」に刺激されて、隣国、特に中国の脅威も含めて
・ 中国の台湾問題
・ 中国国内の共産党と軍の力関係の問題
・ 発展する都市部と内陸の貧しい農村部の問題
・ エネルギーや食糧輸入国と化した問題
・ 日米と、国境の問題
など、沖縄をとりまく環境について
今後書くことが多くなるかもしれません。


posted by RIUさん at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄独立論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

大仁田は日本語が話せる猿人か?

曙1.jpg曙2.jpg
大仁田厚参院議員が元横綱曙に来夏の参院選出馬を要請したようです。

大仁田は会見で
「彼(曙)はプロレス界の救世主」
と熱烈ラブコールを送ったのです。

どこまでバカなんでしょうかexclamation&question
国会議員の大仁田.jpg
国会をプロレスの興行と勘違いしているんでしょうかexclamation&question

ヒューザー・小嶋.jpg
ここのところご無沙汰のヒューザーの小嶋に
「大仁田もいいかげんにしてほしいですねexclamationまったくexclamation
と恫喝してほしいところです。

大仁田のバカさかげんの資料は
プロレス時代から山ほどあるのですが、
呆れるほどのバかさかげんなので、他のブログに任せといて、
ここでは主だったものに軽く触れるにとどめておきます。

有刺鉄線での戦い
なぜ「有刺鉄線」にこだわったのでしょうかexclamation&question
ジャイアント馬場.jpg
彼はそもそもジャイアント馬場の付き人から出発して、
プロレスはジャンボ鶴田から
「素質がない」と見放されていたくらい弱っちい選手だから、
他の強い選手と同じリングの戦いはできなかったんですよね。

大仁田は極端な「目立ちたがり屋」で、
「有刺鉄線」で戦っている最中にもお客さんの反応を伺い
「戦いを無視しておにぎりをむさぼり食うお客さんを見るとガッカリする」
と、何と国会の質疑の最中にも発言する阿呆なのです。

橋本真也への嘆願書.jpg
引退試合
過去何度も「引退試合」を繰り返しては、復帰することを繰り返すのですが、
大仁田が最後に「大きな興行」としてぶちあげたのは、
偉大な先輩と戦い「憂愁の美」を飾ることにありました。

引退している大先輩のアントニオ猪木に対し
「猪木、出て来いexclamation」とマスメディアの前で挑発し、
周囲から「大先輩を呼び捨てにするとは何ごとだexclamation」と怒られ、
猪木も全く無視したため、
今度は2年以上前に引退している「長州力」をターゲットにしたんですね。

長州力も相手にしないと思っていたら、
「プロレスをナメる奴は許さないexclamationルールは何でも良い獵
 弱さを見せつけてやるexclamation
と応じてしまったんです。

プロレスラー時代のテレカ.jpg
試合は6年前の2000年7月30日に横浜アリーナで行われ、
大仁田は長州にリンチ状態で何も出来ず、
7分でボコボコにされて入院するハメになったのです。


最初から興行が目的で、
長州力に勝てるとはハナから思っていなかったのですから、
まあ目的は達成されたわけです。

弱さを充分にアピールされてしまった大仁田は
その後二度とリングに復活しませんでした。

選挙ポスター.bmp
国会議員として初登院
明治大学の学生服を着用して登院しようとして、
門の入口で制止され、スーツに着替え直して登院しています。

「ルール」の不勉強では、トリノ冬季五輪の原田雅彦と互角ですね。

ハマコーのカ責.jpg
郵政民営化
昨年8月8日の郵政民営化法案の参議院本会議では
ただ1人着席したまま投票せず棄権しています。

法案否決直後は涙まで流して小泉首相の強権的手法を批判し、
衆議院が解散されたら離党すると発言していたのに、
昨秋の衆院選挙で自民党有利の情勢が伝えられると、
手の平をかえして「民営化こそ改革です」と
自民党新人候補者の片山さつきの応援に出向いたのでした。

「男ってのはなぁ、男ってのはなぁ、
 民営化の為に戦う奴の事を言うんじゃあ。
 戦って、戦って、戦って、日本を全部民営化するまで
 オレは戦うんじゃい、ファイアーッexclamation


杉村太蔵衆院議員の教育係
頼まれてもいないのに、勝手に「教育係」に名乗りを挙げて、
激励文まで送ったのですが、太蔵議員に完全無視され続けて
「男として最低だ」
「のぼせるんじゃねえ」
「なめてんのか、バカヤロー」
などとブチ切れしていましたね。

太蔵教育が天命だと思っていたわけではなく、
大仁田独特の「目立ちたがり的パフォーマンス」だけなんです。

「太蔵の教育係」と騒ぐなら、「大仁田の飼育係」の方が必要でしょう。

大仁田の飼育係は、同類の山本一犬が適任です。

長崎市長選
昨年12月に、今年2月の長崎県知事選に
大仁田が立候補を検討していることが報道されました。

多くの人は、もうわかっていたはずです。
大仁田が本気ではなく、いつものパフォーマンスだということを。

先月の1月10日には長崎県知事選への立候補見送りを表明しています。

理由は
「金子知事が自身の掲げた政策の取り入れを検討する」
としたためでした。
バカバカしくていきさつも省略します。

ゴージャス松野.jpg
5年前のテレビ朝日の年末番組に出演し、
ゴージャス松野(沢田亜矢子の元夫、松野行秀)が
生意気な発言をしたことで、大仁田が激怒し、
松野にパイプ椅子を投げつけて、襲い掛かったことがありました。

大仁田は「正義感」を見せようとするあまり、
彼なりの充分な計算づくでパフォーマンスを演じたつもりでしたが、
共演者がクセモノ揃いで、
デーブ・スペクターやデビ夫人、美川憲一などから
逆にケチをつけられる羽目になって、
立場がなくなってしまったことがありました。

ゴージャス松野2.jpg
そういえば、ゴージャス松野はその後どうしているのでしょうかexclamation&question
あのキモい顔が懐かしいです。
沢田亜矢子と離婚後、
福岡市の大繁華街・中洲の橋の上で人生相談(易者)をしたり、
ホストやプロレスラーになった話を発言していましたね。

新聞記事.jpg
大仁田は、扁桃周囲炎から急性肺炎を併発して
一時生命の危機がありましたが、
このときの高熱で、猿人並みのIQがさらに悪化したのかもしれません。

あの「きっこのブログ」でも、大仁田を扱ったことがありました。

ネタ切れの大仁田の今後
「ファイアー!」と叫んで、
電話帳を引き裂いたり
有刺鉄線のオリの中で、熊やイノシシと戦ったり
新潟地震の崩れた岩を「ウリャーッ!」と投げ飛ばしたり
万景峰92号を爆破するとか、
議事堂に放火するくらいのパフォーマンスを見せつけてほしいものです。

もしかしたら、9月の総裁選に出馬するかもしれません。
「太蔵、おい、太蔵よ〜。
 男が、いいか男が、男が心を、男が心を語るときは、
 男が心を語るときは太蔵〜、腹から声出すんじゃ。
 おい〜、おい太蔵〜、
 総裁選出馬を、大仁田厚の総裁選出馬を、
 大仁田厚の総裁選出馬を太蔵〜、
 本心で見たいかっどんっ(衝撃)


救いようのないバカexclamation×2もうやだ〜(悲しい顔)

posted by RIUさん at 17:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本の政治・経済ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その4

2月11日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!
2月12日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その2
2月13日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その3

ホント?.jpg
やはり加藤条治でもダメでしたね。
いよいよ日本はメダルなしで終わりそうです。

困っッチング.jpg

今日の見所
スピードスケート女子500メートル
吉井小百合、大菅小百合の“小百合”コンビと岡崎朋美の登場ですが、
吉井と大菅にはかすかにメダルの希望があります。

この種目は今季W杯3勝の中国の王曼利の実力が抜けていて、
その他の選手は日本代表3名も含めて7人ほどが横一線状態なのです。

岡崎は現地でインフルエンザにかかり、体調を崩してしまいました。

女子は男子以上に体調管理が難しいようで、
スタートしてみないとわからないところがあるのです。

そういう意味では、“小百合”コンビに期待したいですが、
果たしてどうでしょうか。

その後どうなった?.jpg

カーリング
誰も期待していないカーリングに予期しないメダルの可能性があるのです。

日本の世界ランキングは8位ですが、
昨年の世界選手権5位のロシアを下しています。

カーリング代表は、前回のソルトレークシティ五輪での
2勝7敗の8位で予選敗退に屈辱感を覚えていて、
「何としてもメダルを取ってやる」
と燃えているのです。

その気構えが、
モーグルの上村愛子やスピードスケートの加藤条治にあったでしょうかexclamation&question

日本代表の司令塔・小野寺歩は前回のソルトレークシティ五輪後、
地元の北海道常呂町に戻ったところ、
「基幹産業は畜産とホタテ漁」という過疎の町に若い女性の就職口はなく、
引退して嫁に行くかどうかを考えたのだそうです。

そんな時、
「青森市が市民の生涯学習の一環として専用カーリング場を造る」
という話を聞きつけ、
ソルトレークシティ五輪からの同僚・林弓枝と2人で施設運営会社に就職し、
カーリングを続けることが出来たのです。

就職と言っても身分が嘱託なので、給料は一般のOL以下でしかなく、
スポーツ専門員という肩書きでコーチをしたり、
スポーツ会館の受付業務なども兼任して生計を立てて
五輪を目指し厳しい練習を続けていました。

海外遠征費などの捻出に資金がかかるため、
爪に火をともすような生活をしていたはずです。

飲み屋でワイワイ騒ぐことも、お付き合いする男性ももちろんないのです。

地元ではない青森市でも、
さすがに青森市内にひとり暮らしして苦労しながら
オリンピックを目指す彼女のひたむきさに心を打たれ、
青森県・青森市・地元商工会が先頭に立って、
街頭募金で1千万円の遠征費用を集めてもらえ、
その資金を基にチームのメンバー5人は
昨年9月から3ヶ月以上もカナダ・バンクーバーで合宿を張ることが出来、
世界選手権5位のロシアを下しているのです。

昨年11月に、
小野寺はスキップ(主将)として国内最終予選で
「チーム長野」との激闘を制し、
2度目の五輪切符をもぎ取り、
トリノには前回五輪の雪辱にやって来ているのです。

意外と大きなことをやってくれるのかもしれません。

カーリング連盟は赤字団体ですから、
万一メダルを取っても、連盟やスポンサーからの報奨金は一切ありません。

報奨金はJOC(日本オリンピック委員会)から出るだけですが、
それは下記の通りです。
・ 金メダル 300万円
・ 銀メダル 200万円
・ 銅メダル 100万円
ちなみに報奨金には所得税がかかります。

カーリングには選手の奮起を期待したいところです。


posted by RIUさん at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その3

2月11日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!
2月12日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その2

今回のトリノ冬季五輪では、
日本人選手のメダルはゼロになるかもしれませんね。

気合を入れろ!.gif

今夜の見所
スノーボード女子ハーフパイプ(HP)では
期待されていた今井メロが
予選1回目(バルドネッキア)のジャンプで転倒したことが影響して
予選落ちしてしまいました。

ネコの食事.jpg
今日はこれからスピードスケート男子500メートルに、
金メダルの期待がかかる加藤条治が登場します。

世界一巧みと言われるカーブワークで
昨年11月のW杯第1戦で34秒30の世界新記録をマークしています。

それまでの清水宏保の記録を4年ぶりに0秒02更新した成長株で、
世界が注目しているわけです。

五輪本番前に優位になると、精神的に重圧がかかります。

過去には世界スプリント王者の黒岩彰が
サラエボ五輪では10位に惨敗しています。

ダン・ジャンセンも
アルベールビルでは世界記録保持者として出場しましたが、
4位に終わっています。

今日の500メートルという種目は、
技術・体力以上にメンタル面やコンディショニングが大事なようです。

今季W杯総合1位の韓国の李、
総合2位のカナダのウォザースプーンの方が
安定感では加藤を上回っています。

加藤は良くて銅メダル、
プレッシャーがあるようだと4〜6位くらいになるかもしれません。

清水はとっくに全盛期が過ぎていますから、上位入選は困難でしょう。

日本のメダル獲得の可能性は加藤1人にかかっていますから、
加藤がもしコケたら、
今回のトリノ冬季五輪では日本人選手のメダルはゼロになるでしょう。

もちろん、フィギュア女子もメダルには届きません。
そしたら、城田オバンはどーすんのexclamation&question

犬語翻訳機.jpg
厚顔無恥の城田ですから、
日本スケート連盟の上層部のジジイの弱みでも握っていそうな城田ですから、
言い訳でも考えているのでしょう。


posted by RIUさん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!〜その2

2月11日 浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!

昨日の予想通り、モーグル女子は上村愛子が5位、里谷多英が15位と、
メダルに届きませんでした。

でも、上村も里谷も、自身の持ち味を十分出して大健闘だったと言えます。

里谷も決勝で一発勝負をかけて失敗したことは、
彼女自身後悔はなく、完全燃焼できたはずです。

里谷とジャンプの原田雅彦は、過去の実績と経験を買われて
年功序列式に五輪代表枠に選出されたベテランですが、
里谷が15位とはいえソコソコの結果を出したのと対照的に、
原田は「ルールミスで失格」という初歩的ミスで幕を下ろしてしまいました。

引き際はもっと早くても良かったのかもしれません。

結果論ですが、代表枠の“辞退”の道もあったのかもしれません。

何しろ37歳の原田は、
ここまで第一線の現役としてやってきたことは立派ですが、
直前まで絶不調でした。

直前の全日本選手権ジャンプのラージヒルでは、
五輪出場組でただ1人出場し39位、
前日も得意のノーマルヒルで13位に惨敗して、
調整のはずの大会で不安ばかりを残していました。

とても五輪に出場するレベルにはなかったのは明らかでした。

シドニー五輪の想い出.gif
今夜の見所
スノーボード・ハーフパイプ男子にメダルの期待が寄せられていますが、
果たしてどうでしょうかexclamation&question

今日はこの競技以外でのメダルの可能性はゼロです。

ハーフパイプ男子には、
昨季W杯総合3位の国母和宏(17歳)がかなり期待されていますが、
この競技は圧倒的に米国とフィンランドが強いのです。

W杯で国母和宏や女子の今井メロが優勝した時は
米国などの有力選手が欠場していましたから、
国母は意外と苦戦するかもしれません。

モーグルの上村と同様に4〜6位くらいの
善戦で終わったとしても、悔いのない会心の滑りをしてほしいです。



posted by RIUさん at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

浅田真央の出ないトリノ冬季五輪大会なんて!

ついに、イタリアのトリノで冬季五輪大会が開幕してしまいました。

060211意地悪ミキティ.jpg
浅田真央の出ないトリノ冬季五輪は、
昔風に言えば「クリープを入れないコーヒー」、
今風に言うと「堀江のいないライブドア」のようで、
060211スッテンミキティ.jpg
最大の見所は、女子フィギュアの
・ 妖怪荒川
・ 穴熊パンダ村主
・ 爬虫類ミキティ
がメダルに届かず、
「それ見ろっ!」と声を大にして言いたいことと、
利権の雌豚・城田の第一声を聞きたいというだけにあるなんて
情けない五輪になりました。

しかも、各テレビ局のキャスターの顔ぶれも最悪です。
フジテレビ
・ お笑いの浜田雅功

日本テレビ
・ アイドルの上戸彩

TBS
・ SMAPの中居正広

テレビ東京
・ お笑いの藤井隆とブログの女王・真鍋かをり
・ 真鍋は2月13日の「スノーボード女子ハーフパイプ予選」から
  26日の「アイスホッケー男子決勝」まで担当することになっています。
・ 藤井にはおちゃらけでキャスターを担当してほしくないですね。

これら民放がバラエティー番組のノリで、
緊張感と集中力で出番を待つ選手たちを困らせています。

昨日もTBSでは中居正広が
バラエティー風にバカバカしく構成していましたね。
060211性悪ミキティ.jpg
「ミキティと氷上デート」とか「岡崎朋美の感動レター」だとか。
バカバカしくて観ませんでしたけど。

テレビ局側がこれだけ必死に頑張っても、
視聴者の関心が高いかどうかは疑問でしょう。

前回のソルトレークシティ冬季五輪では
NHKの平均視聴率は、五輪としては過去最低の7.0%、
民放各局平均でも5.6%でしかなかったのですから。

ましてや、今回は
最もメダルに近かったはずの浅田真央が出場しないのですから。


五輪の放映権料は、
NHKと民放各局で構成するジャパン・コンソーシアム(JC)が
IOCから、シドニー五輪から北京五輪まで5大会分を
5億4,540万ドル(約643億円)で一括購入しているのです。

誰が考えても法外な料金で買った失敗を棚に上げておいて
「五輪は4年に1度のお祭りだ」
とばかりに昼も夜も五輪を中継するのです。

NHKの番組では「受信料支払い」を促すお知らせを再三入れて、
トリノ五輪を受信料対策のチャンスと一儲けをたくらんでいるわけです。

トリノ五輪をNHKと民放キー局5社は、
延べ860時間という、
冬季五輪としては過去最大の放送を予定しているのです。
NHKは、
・ 総合テレビで長野冬季五輪を上回る124時間
・ 衛生第一で300時間
・ ハイビジョンで233時間
と、
17日間の大会期間中、のべつ幕なしに五輪中継を垂れ流し続けるのです。

国民の受信料でムダな予算組みしたわけですね。

危険な牛肉の名産地である米国では、
NBCが過去最多の中継を行うのですが、
それでも420時間でしかありません。

イタリアのトリノと日本の時差を考えると、
注目競技が深夜から早朝にかけて行われる日本が、
米国より長時間放映するメリットがどこで出てくるのでしょうかexclamation&question
大会終了後の視聴率が楽しみです。


大日本選手団
日本は総勢239人の大所帯で、
長野五輪を除くと、日本史上最大規模になります。

開会式も大名行列のようでしたね。

メダル確実な浅田真央を出場させないくらいですから、
「出場枠があるから」と年功序列や水増しで選ばれた選手も
多数紛れ込んでいるわけです。

「ジャンプ」の原田選手も痛々しいですね。

日本の選手団は、選手が112人なのに対し、
役員・コーチが127人もいるのです。

例えば、フュギュアスケートは、
選手6人に対し、
トレーナーや総務担当といった裏方が13人も
ゾロゾロと金魚の何かのように付いて行っているわけです。

JOCの年間予算は例年60億円前後で、
半分は国などからの交付金や補助金です。

予算を余すと翌年の補助金額に影響するので、
公務員感覚で「使いきり予算」化しているのです。

今回の大名行列も無関係ではないのです。

選手団とは別便で行く幹部役員も多く、
現地の高級ホテルに泊まり、スポンサーの接待を受け、
大量のお土産を抱えて帰国する越前屋が多いということです。

五輪を観光・接待旅行と勘違いしているのですね。

こういうヤツはトリノではなく、
国内の雪国で“雪かきツアー”をしてほしいものです。


テロの危険
日本のマスメディアが「選手情報」や「メダル予想」に浮かれている間にも、
五輪がテロの標的にされる可能性もあるのです。

イタリアのピザヌ内相が
「具体的なテロ情報はないが、その可能性は排除できない」
と注意を呼びかけています。

イタリアは米・英に次ぐ約2,600人の部隊を
イラクに駐留させています。

国民の反対で派兵を拒否したギリシャと違って、
アルカイダの標的になる可能性は高いのです。

イタリア政府は、五輪期間中は地元警察のほか、
約9,000人の警察官を警備に動因しているのですが、
五輪関係予算が6,400万ユーロ(約89億円)も不足している影響で、
警備人数はアテネ五輪の7万人と比べると、8分の1でしかないのです。

警備範囲は山岳地帯を含む12の競技施設、3つの選手村、
プレスセンターなど広範囲に及び、警備は手薄となっています。

何事もなければ良いのですが。


深夜のモーグルの見所
上村は空中で身体を横に2回転するセブン・オー(7o)という
高難易度の3Dエアが最大の武器で、メダル候補に上がっています。

この技を使えるのは世界でも4〜5人しかいないと言われています。

上村はトリノ五輪のために、セブン・ツー(72o)という
身体を斜めにしたまま横に2回転する新技のチャレンジは断念して、
安定感を優先して旧来の「セブン・オー(7o)」で本番に臨むのですが、
この辺に上村の気の弱さが垣間見れます。

海外の有力選手は、五輪本番に向け、
より難易度の高いエアを特訓してきていますから、
上村がエアで差をつけられないとすると、
メダル奪取は苦しいのではないでしょうか。

メダルが期待される上村には相当なプレッシャーがかかっています。

2度目の五輪出場となった前回ソルトレイクシティー五輪でも
メダルが確実視される中で結局6位に終わっています。

ここ一番でめっぽう弱いのが上村の精神力なんですね。

適当に美人で発言にもソツがなく、優等生っぽくて、
なんだかNHKのようで私は好きになれないのですが、
悔いの残らないように滑ってほしいものです。

むしろ、里谷の方は「心臓に毛が生えている」と言われるほど、
図太さ、ふてぶてしさ、度胸があります。

昨年の六本木のクラブでの暴行事件もありましたね。

事件後、里谷は離婚も経験し、五輪強化選手からも外され、
人生のどん底から這い上がってきました。

騒動後の昨年7月に、
オーストラリアの大会で里谷と再開した全日本スキー連盟の林会長は
「里谷のあまりの精かんな顔つきに驚いた」
と言わせるくらい、精神的なタフさを兼ね備えているのです。

里谷の「前方宙返り」の大技は、
調整の遅れからこれまでほとんど失敗続きで、
里谷自身も腰も強打し、とても万全ではないし、
エアには弱いのであまり期待はできないかもしれません。

上村・里谷は現地や大会組織委員会の展望でも
「メダル圏外」という予想が出ていますから、
上村羅もも里谷も、もう開き直って100%の力を出し切ってもらえれば、
メダルよりそのチャレンジを評価したいと思います。

posted by RIUさん at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?冬季スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

品行不良は高校球児の専売特許だけではなかった!

隣の親父は注意しろ!.jpg
子供っぽいキャラの元モー娘も不良でした。もうやだ〜(悲しい顔)

発覚!.png
有名人になるに従って
・ 自覚
・ 模範意識
が必要になり、頭が悪いなら
隣の親父は喫煙ほう助だ!.jpg
周りの大人がサポートしなければいけません。

高野連も必要悪ですから、これはこれで問題ですよね。

不祥事を再三起こすバカ球児を裁く「奉行所」化しています。
ストレス解消!.jpg
高校球児も技能だけでなく、人間教育をしてほしいのですが、
教える側にも問題があるため、共倒れ状態になっているのです。

春の選抜高校野球も出場校から不祥事が暴かれることなく、
無事に閉会式を迎えられるのでしょうかexclamation&question
タバコはダメよ!.jpg
NHKも、半世紀前の高校生の基準で
「汗と涙」を強調して美化するだけの偽善的解説で
盛り上げてくれるのでしょう。


posted by RIUさん at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の?スポーツ「野球」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

ネット界のカリスマ“きっこ”危うし!〜その2

060208賞味期限切れの豚親子.jpg

報道のウソ!
1月18日に沖縄県那覇市のカプセルホテル3008号室で、
豚エモンの側近・野口英昭氏が殺害された事件で、
各テレビ局が
「財布の中から雑貨店で包丁を購入した際のレシートが発見された」
という報道を連発するようになりました。

それに伴なって、国際通りのカプセルホテルから700m離れた雑貨店で、
「包丁と水回り用品が買われた、買った人は覚えていない」
という報道が飛び交っています。

ひねくれ者の私でも、こう度々報道されると
「あれっexclamation&questionそうだったかなexclamation&question
と勘違いしてしまいますが、
時々痴呆から正気に戻るときがあって、冷静に分析すると、
何やら操作された報道が見えてくるのです。

報道は全てが正しいわけではないので、
真贋を自身の目で見るようにしなければいけません。

1.財布の中には包丁などのレシートは無かったexclamation
・ 殺害翌日の19日に、雑貨店の店主は県警から
  事件の包丁の写真を見せられましたたが、その時は
  「同じものを店で売った覚えはない」と答えています。

・ 1月26日の週間文春では、
  遺留品である財布の中身について
  「ANA便の航空券の半券と
   八重洲から羽田空港まで乗車したタクシーの領収書が入っていた」
  と書かれていて、包丁のレシートは無かったのですが、
  週間文春の情報は事件直後に沖縄県警が報道関係者に開示したものなので、
  デタラメではなく、それが本当なのです。

・ 沖縄県警の意図に忠実に従った操作報道で、
  “自殺説”を後押しして既成事実化しようとしていますが、
  これこそ「風説の流布」で、
  沖縄県警は警視庁の指示に忠実に従っているだけです。

・ 昨日2月7日には衆院予算委員会で
  沓掛哲男・国家公安委員長が細川律夫議員(民主)の質問に対して、
  「(野口英昭氏の死因は)犯罪に起因するものではないと承知している」
  と“他殺説”を否定しましたが、なぜ言い切れるのexclamation&question

・ 3008号室が、テレビ朝日の番組では3004号室になっていました。
  「3008号室」は、事件直後に沖縄県警が
  報道関係者に開示した情報なのです。

2.非常ブザーは押されていないexclamation
・ 部屋の内鍵はかかっていなかったし、非常ブザーも押されていません。
  第一発見者であるカプセルイン沖縄の従業員は
  誰かに意図的に証言を言わされています。
  「ロッカーが扉の内側に立て掛けられていた」というのも嘘のようです。

3.ライブドア強制捜査と同時に沖縄最大の地元暴力団幹部が殺害されているexclamation
・ 殺害された暴力団幹部は野口英昭氏と顔見知りでした。
・ その幹部はカプセルイン沖縄の常連でした。
  どう考えても偶然とは思えません。

パンダのウソ
.jpg
世の中はウソだらけですから、うっかりするとダマサレてしまいます。

あややのウソ
あやや?.jpg
真贋の目目を持たないとダマサレてしまう世の中です。
これが「あやや」だと、100回聞かされると、
これが「あやや」になってしまうのですexclamation

“きっこ”は大丈夫かexclamation&question
昨日、今日の「きっこのブログ」は、
何事も無かったような無難な書き方をしていますが、
敢えて言うと、いくつかの異変を感じました。

・ 記述する文章が短い
  いつものうんざりするような長い文章ではない

・ にわかに周辺が騒がしいことに触れない

・ “きっこ”が2月2日に
  ライブドアと深い関わりがあるようなことが書かれ、
  株価が一時暴落して“きっこ”を名指しして
  警察や弁護士と協議している沖縄のサイバーファームの件に
  一言も触れないのもおかしい。

・ 昨日の「37.9度の発熱」はホントなのかexclamation&question
  ブログはパスワードやID番号さえ忘れなければ、
  どこでも記事を送信できるのですが、
  “カゼ”から病気を理由に一時休業するのではexclamation&question
  という心配もしています。
  だとしたら、
  「“きっこ”の周辺に何か異変がある」ということになります。


豚エモンの全面否認の理由
豚エモンは1月25日にライブドアや関連会社の取締役を辞任し、
ライブドアグループを経営する立場から完全に離れましたが、
ライブドア株式を1億8097万8,000株を保有し、
比率にして17.2%を持つ筆頭株主に君臨しています。

豚エモンと共に逮捕された宮内亮治、岡本文人、中村長也は
「堀江社長の指示」と全面自供をして、
それを裏付けるメールも押収されていますから
逆転の秘策があるとは思えないのに、
なぜか豚エモン1人が全面否認+供述証書のサインもしない、
という異常な徹底抗戦に出ています。

全面否認を続けると、保釈や執行猶予の道を封じてしまいます。

ふつうなら一部を認めて供述調書にサインし、
保釈金を出して保釈し、裁判に備える場面です。

保釈中に隠し資産を守り、残る証拠を隠滅して、
豚エモン排除の“新生ライブドア”と対決する方が得策なはずですが、
それが出来ない理由がある、ということです。

豚エモンの供述拒否には、
口封じのために殺された側近・野口英昭の死が大きく絡んでいるわけです。

投資事業組合や海外送金で粉飾するスキームを考え出したと言われる
野口がいない今、
豚エモンが口を開かない限り、検察は全体像の解明や立件はできない、
という考え方もありますが、
うっかり検察にベラベラしゃべり、保釈されて外に出ると、
野口のように自分も狙われる危険があるので、
全面否認をして状況を判断しようと頑張っているというわけです。

シャバに出るより、個室の拘置所の方が安全ですからね。

実刑になって“堀へ門”として塀の中に入っても、
中はヤクザだらけで必ずしも安泰ではありませんから、
豚エモンはほとぼりの冷めるまで
個室の拘置所に延々と長く留まっていたいわけです。


posted by RIUさん at 15:26| Comment(1) | TrackBack(2) | 社会ネタ(「きっこ」) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

ネット界のカリスマ“きっこ”危うし!

060206豚親子.jpg

“きっこ”は逮捕されてしまうのかexclamation&question
「“きっこ”ってなにさexclamation&question
という人は、
2月2日の「きっこのブログーはじめてのおつかい」
をまず見てください。

「きっこのブログ」は、
日本ブログ大賞も受賞した1日に8万人がアクセスする超人気ブログです。

ライブドア事件や耐震強度偽装問題など、
新聞よりも詳しいスクープ情報を、
いち早くリークするカリスマ的ネットライターなのです。

記事の書き方は極左的で小泉批判が中心なのですが、
MAXやF1、ネコ以外の時事ネタのときは、私もよく見ています。

上記の2月2日以前から、“きっこ”は、
沖縄のカプセルホテル3008号室で殺された豚エモンの裏資金担当の側近、
野口英昭が殺された背景を少しずつ暴いていました。

殺された野口英昭は沖縄のIT会社「サイバーファーム」
上場させるための中心的人物で、一時役員もしていたようです。

「サイバーファーム」への出資に際しても、
いろいろと噂が出ているのは私も聞いています。

2月2日の「きっこのブログ」の下の方で、
「サイバーファーム」が登場してきますが、
ライブドア事件に深く関与しているかのような
ニュアンスで書いていました。

何せ「きっこのブログ」は1日に8万人も見る超人気ブログですし、
東証も一見落ち着きを取り戻しつつあるようですが、
ライブドアの底なし暴落を出血体験している素人投資家からしたら、
「またまた株価が下がるのではexclamation&question
という危機感が出たようで、
「サイバーファーム」の“売り”が殺到して
暴落になってしまった
のです。

日経ネットの「サイバーファーム」の株価を見ると、
左グラフの日足チャートの下の棒グラフで明らかのように
2月2・3・4日に急激に取引がありました。


怒り狂った「サイバーファーム」側は、
自社の公式サイトで“きっこ”を名指し批判(今は消されている)して、
「警察と協議中」だと書いたのです。

刑法第230条(名誉毀損) 
公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、
その事実の有無にかかわらず、
3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。

刑法第233条(信用毀損および業務妨害)
虚偽の風説を流布し、または偽計を用いて、人の信用を毀損し、
又はその業務を妨害した者は、
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

会社側は、その後ある探偵を使い、“きっこ”を探し出したらしいです。

怒り狂った会社側がリークしたとは限らないのですが、
昨日から“きっこ”やその黒幕の招待についてのウワサが
飛び交うようになりました。

情報通の“きっこ”も、んなことは十分知りえていることと思いますから、
明日以降の「きっこのブログ」がさらに楽しみになりました。

黒幕のウワサの1人は、本当かどうかはまだ不明ですが、
数年前のイラクの「人質」になって、
無事開放されたヤラセ事件の1人でカメラマンです。
この人も極左でしたよね。

「サイバーファーム」とカリスマ“きっこ”の全面戦争という構図は
避けられないかもしれません。

にしても、2月2日の「きっこのブログ」では
「サイバーファーム」はたった1行しか出てこないのです。

“きっこ”は、1月にヒューザーの小嶋と一蓮托生の伊藤公介についての記述で、
ある建設会社からクレームがあって謝罪していましたが、
それ以外は、膨大な根拠に基づいて、
優れた洞察力で文章を延々と書きつづる、
一種の天才ですから、
だとすると「サイバーファーム」にしても
全く根拠がないと書かないと思われるのです。

また、上場企業である「サイバーファーム」側も、
たかだかネットのブロガー1人を相手に大騒ぎするなんて
大人気ないと思うのです。

大騒ぎすることは、
「ホントは何かあるのではexclamation&question
と、逆効果だと思うのですが…



posted by RIUさん at 18:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会ネタ(「きっこ」) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

ホームレスの社会経済学〜その5

060205将軍様.gif

12月11日 ホームレスの社会経済学〜その1
12月12日 ホームレスの社会経済学〜その2
12月18日 ホームレスの社会経済学〜その3
 1月31日 ホームレスの社会経済学〜その4

ホームレス問題のシリーズの最終回になりますが、
思い切り長文になってしまいましたので、もうやだ〜(悲しい顔)
ホームレスに興味がない方は、今日は飛ばしてしまって下さい。


「ホームレス」支援の法律はホームレスのニーズと異質なものになっている
4年前の2002年(平成14年)8月7日に、
ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法(ホームレス支援法)
が公布され
3年前の2003年(平成15年)7月には、厚生労働省による
ホームレスの自立の支援に関する基本方針(「基本方針」)
が明示されました。

これらの施策によって就業機会の確保や支援活動をする民間団体への財政援助、
「自立支援センター」や「シェルター」といった施設の建設など
国と地方自治体の役割を規定しましたが、
抜本的な解決には程遠いのが現実です。

そもそもホームレス支援法の根幹は、ホームレスを3つのタイプ、
・ 自立志向(働く意志のある者)
・ 福祉志向(福祉が必要な者)
・ 社会生活拒否志向(社会生活を拒否する者)
に分け、それぞれのタイプに応じて、
・ 「就労自立」
・ 「福祉」
・ 「社会復帰」
の対応を取るべきとしています。

政府はホームレスを「使える者」か「使えない者」なのかという観点で
分類するのが基本となっていると思われます。

ホームレス支援の中心は、
「自立支援センターを利用した施設中心の施策」であり、
そこにホームレス支援団体・当事者団体といった民間団体の活用が
盛り込まれています。

ここでは「自立の意思あるホームレス」が就労によって自立を遂げる、
というシナリオが描かれているのですが、
「施策」は失業問題を根本的に解決しようとするものではなく、
国や企業の責任を棚上げにしたところで
ホームレス当事者に再就職のための「自助努力」を強いる内容に
なっているのですから、
その「施策」でまともで安定した就労ができる人は
非常にわずかなのが現実なのです。

「多くのホームレスが自立支援センター入所を希望しているのかexclamation&question
というとそうでもなさそうです。

就労自立の可能が高い
・ 若年層
・ 野宿生活の短い層
が自立支援センター入所者の多くを占めています。

野宿生活の長い人々は、
自立支援センターの入所よりも
野宿生活の継続を選択する事が多いようです。

というのは、
12月11日に記述したように、
すでにホームレスの約6割が就労“自立”を遂げているのです。

資源ゴミ(空缶など)回収、建設日雇い、運輸日雇い等で
月額1〜5万円以下の程度の現金収入を確保するホームレスが
約5割近くを占めていて、
テントを自分の住居として立派に“自立”を遂げているというわけです。

現在の“自立”状態を放棄してまで自立支援センターに入所しても
確実に就職できる保障は全く無く、
就職できなければテント生活以前の、
何もないお先真っ暗状態に戻る可能性があるのであれば、
はたして自立支援センターにチャレンジするメリットはあるのかexclamation&question
という疑問が湧きます。

野宿生活を続ける人のニーズは、
社会福祉制度の提供するサービスに対するニーズとかみ合っていないのです。


また、路上や公園で生活しているホームレスは、
常に行政からの追い出しを受けています。

ホームレス支援等の11条では
 「(公園その他公共の用に供する施設の)適正な利用が妨げられているときは、
  (中略)当該施設の適正な利用を確保するために
  必要な措置をとるものとする」
とあり、
条文で施設管理者に排除を義務付けているところに
法律作成側の意図(悪意)が感じられます。

大阪の長居公園、西成公園、大坂城公園では、
相次いで設置された「シェルター」によって、公園のテントがつぶされ、
ホームレスを施設に一時的に、一律収容することが
主目的となっているわけです。

「追い出し」と「自立支援施策」が一体のものとして行われていること、
まず「排除ありき」が大前提であることが問題なのです。

以下にいくつか問題点を上げてみました。

現在の支援対策で「ホームレス」問題の解決には至らないので、
小泉将軍様の弱者切捨て方針では、
ホームレスは今後も増加してゆくのは間違いないでしょう。

沖縄県でも行動は鈍く、
「ホームレス対策」の具体的な計画は、これから策定する段階なのです。

もっとも、沖縄県自体が貧しい県で、金の使い方が下手クソですから、
「余ってる予算なんかないexclamation余分にあったら公務員退職金に回すさ〜」
で片付けられてしまうのがオチですから、
行動が鈍い=やる気無い度99.9%になってしまうんですね。

那覇市では3年前から健康状態の悪いホームレスの人たちに
救急箱や衣類、毛布などを配布する「緊急援護事業」を始め、
ホームレスにどうやって情報を周知させているのか不明ですが、
これまでに40人程度しか利用していないようです。

県内の他の市町村でも
本当の支援事業を早期に展開してもらいたいと思います。


ホームレス支援法の問題点
ホームレス支援対策は、自立支援センターを中心とした
「自立の意思あるホームレス」の就労支援が柱となっています。

それを補足する形で、かなりの制限付きながらも
「生活保護制度」が適用されてきました。

1.「自立の意思あるホームレス」という問題
そもそも「自立の意思」の有無を判断するのは、
いったいどこの誰なんでしょうかexclamation&question

「自立の意思」を示すには、どうしたら良いんでしょうかexclamation&question

という疑問もありますが、
「就労」は自立の基本ですから、
まずは「就労への意欲」を示して「常勤の雇用を探すこと」ことになります。

しかし、現実的に「就労」したくても
・ 高齢者
・ 障害者
・ そもそも常勤の仕事がない
等の本人の頑張りだけでは解決できない問題が山積していて、
行政はその解決策をまるで用意する気がない、
というところに問題があるのです。

このあたりは、
「働かざるもの食うべからず」という思想が
公務員に渦巻いているものと思われます。

・ 労働する意欲のある「価値ある貧民」には支援を
・ 労働する意欲のない「価値なき貧民」には懲罰を
といった道徳的・倫理的な判断基準に近いものが
潜んでいるように思われるのです。


2.移動型ホームレスの支援策をどうするのかという問題
「ホームレス支援法」第2条では、ホームレスを
「公共空間を故なく起居の場所とする者」と定義しています。

これは、テントを張って暮らす定住型ホームレスに限定して
支援の対象として取り扱い、
特定の住居を持たない移動型のホームレスに対しては配慮不足の内容です。

ホームレスの中でも、最も“弱者”なのが
「移動型のホームレス」だと思われます。

行政の「実態調査」では、
地方(痴呆?)公務員の勤務中の時間帯である平日の午前中か午後の
一定期間に目視等でホームレス数を計測していますから、
特定の住居を持たない移動型ホームレスの把握には、そもそも問題があるのです。


移動型のホームレスは、移動することを好む人もいるでしょうが、
多くはテントを張って定住することも出来ない“弱者”のはずです。

彼らはビルの下や地下街、夜の商店街、終電間際の駅などに
段ボール・毛布を持って
どこからともなく現われ、朝になるとどこかへと消えて行きます。

そんな彼らは、ホームレス生活を送る上での情報
(炊き出しの場所、支援の拠点、基本的な生活方法など)が
欠如していることが多く、
ゲルマン民族の大移動、というより「放浪」ですから
最も生存の厳しい“弱者”と言えるでしょう。

ホームレスは刑事犯罪を起こして、実刑で刑務所送りにされるほうが、
不安定な放浪生活よりも規則正しい3食付きの生活に成り得るいう
考え方も出来るのですから、
「移動型ホームレス」に対する具体的な支援策を打ち出すことが
本来必要なことではないかと思うのです。


3.ホームレス支援のアフターケアの問題
ホームレス支援は、ホームレス自身が「就労自立」を遂げれば終わる、
というものではないはずです。

仮に屋根付きの住居を確保した後でも、
・ 孤独によるアルコール依存やひきこもりを防止すること
・ 住居のある地域社会の一員として活動できるようにすること
も必要となるでしょう。

ホームレス生還者・元ホームレスを支える支援活動は、
野宿生活を送っていた時から交流のある
民間団体(NPO・ボランティア団体)が支援できれば、
一番良いと思われます。

ホームレスから生還したOBをホームレスを支援する側に回し、
野宿生活やそこからの生還の経験を活かすことが出来るようにすることも
必要だと思われます。


4.ホームレスに対する地域社会の理解の問題
ホームレスを見かけると、
・ ホームレスは怠け者であるとか
・ 好き勝手に暮らしているのだから自業自得であるとか
・ 自分とホームレスとは関係ない
とおそらく多くの人が思うはずですが、
・ なぜホームレスが生まれたのかexclamation&question
・ なぜホームレスを支援しなければならないのかexclamation&question
を時には考えてほしいのです。

現在のホームレスの中核は中高年の男性で、野宿に至った主な理由は失業です。

仕事をすることによって自立する意欲はあるのに、
身体の不調や障害があったり、
身元が確かではないことで働くにも働けない状態にあります。

家族や親族、友人との交流がなく、
孤立しているためそのサポートも受けられません。

「自立の意思があっても実際にはそれが難しい状態にある」
と言う人々が大半なのです。

ホームレス問題は、「個人的な問題」であると同時に
「社会的な要因がからみあった問題」であって、
貧困、雇用、家族にまたがった人間の生活全体に関わる大きな捉え方をしないと
解決しない問題なのではないかと思うのです。

ホームレスは仕事や家族、社会保障の関係から排除された
「社会的排除」の結果陥ってしまった「掃きだめ」状態であって、
誰もがその状態に成りうる可能性もあるのです。

生まれつきホームレスである人はいないはずですよね。

ホームレス状態にある人々と排除しあいながら
「共生」する防衛社会を作るのではなく、
ホームレス状態を防止できるような「共生社会」を
目標にするべきではないでしょうか。


5.収入源を断つ「資源ゴミ(空缶など)回収」の問題
10年前に経団連が循環型社会の構築に向けた課題
「循環型社会の構築(廃棄物対策の促進)」
を提案し、徐々に全国的に波及しつつあります。

環境問題の深刻化を踏まえて、
廃棄物対策については、資源の浪費につながる使い捨て型の経済社会を見直し、
循環型の経済社会に転換すべく、
“廃棄物”ではなく“資源”
あるいは“副産物”と位置づける発想の転換が必要だとして、
“リサイクル”を企業経営上の重要課題と位置づけ、
計画的に廃棄物削減・リサイクルに取り組むことを経団連が表明したことで、
行政、事業者、処理業者、消費者の間で
各々の責任分担が法規かされるに至ってきたのです。

しかし、ここで大きな問題が発生しています。

“リサイクル”というと、
何か環境問題に貢献して節約出来ているように思えるのですが、
実際にはそれまでの「焼却」より、
“リサイクル”の方がはるかに膨大なコストがかかってしまった事例があって、
これはこれで問題なのですが、
もう1つの大きな問題は
資源ゴミとして出された空缶を、
行政側が取り仕切るようになったこと
です。

12月12日 ホームレスの社会経済学〜その2
で記述したように、
ホームレスは廃品リサイクルの回収・現金化を
主な日銭にして生計を立てていますから、
行政が資源ゴミを取り仕切ることは、
ホームレスにとって死活問題となってしまうのです。

行政は条例を施行するなどして防止策を強化する傾向にあります。

現在の相場だと100円稼ぐためには空缶50個必要ですから、
・ 1,000円なら空缶500個
・ 2,000円なら空缶1,000個
・ 3,000円なら空缶1,500個
集めなければならないのです。

5個や10個なら誰でもその辺で拾い集められるでしょうが、
100個以上となると、相当な難儀です。

公園や道端で空缶を拾い集めるより、
資源ゴミ集積所で集めた方が効率的です。

特に大きなビルや団地から出される空缶の量は多く、
ホームレスにとっては「旨味のある」場所として
一種の利権(縄張り)争いにもなっています。

近年「循環型社会」が確立してからは、
行政が週に数回回収するようになったことで、
ホームレスがゲルマン民族の大移動のように、
移動型ホームレスを生み出す要因にもなっているのです。

自治体が空き缶の持ち去りを禁止する理由は、
1つはホームレスに対する意地悪ですが、
もう1つの理由があって、
アパッチ≠ニ呼ばれる悪質な回収業を締め出すこともあるのです。

袋の中からアルミ缶を抜いていくホームレスと違い、
金網や鍵を壊し、
容器(空き缶入れの金属製のカゴ)ごとひっくり返して
軽トラックで持ち去って行く強盗のような悪質さです。

もちろん、ホームレスでも地域住民とトラブルを起こす人がいるので、
取締りが強化される傾向にあるわけです。

「無断持ち出しは窃盗罪で警察に通報する」
といった内容の看板を集積所に掲示して、
金網で厳重に囲ったり暇な役人はパトロールをしたりしています。

そういう循環型社会の“リサイクル”運動の中で、
行政が空缶や段ボールなどの資源ゴミを取り仕切り、
片方では「ホームレス支援法」とは、一体どういう意味なのでしょうかexclamation&question


6.「排除ありき」が大前提の法律ではホームレス問題は解決どころか悪化する
今から丁度2年前の2004年2月に、
東京都は月に3千円の家賃と、
月に4万円の収入を確保できる就労を斡旋する地域生活移行事業を
打ち出しました。

これは、公園のテント暮らしの人々を住居に移行させるための事業で、
当時6億円規模の予算が計上されました。

問題は、テントを撤去した後、
その場所にはもう誰もテントを張ることが出来ないことです。

この事業は、表向きはホームレスの支援のように見えるのですが、
同時に「社会的排除」を意味しているのです。

明治35年に
日本陸軍第8師団青森歩兵第5連隊と弘前の第31連隊が
冬の八甲田山を踏破する行軍訓練に出発し、
210名中199名が亡くなるという大惨事や
太平洋戦争中、昭和18年にフィリピンのバターンで起こった
米軍捕虜を70kmも歩かせて多くの死者を出し、
指揮官は後に戦争犯罪として告発され有罪になりました。

「支援」という大義で、
一時的に収容されたホームレスは、一定期間後外に放り出されます。

ホームレスの「追い出し」は、移動型ホームレスを生み出すだけで、
根本的な解決策とはほど遠いところに問題があり、
上記のような「死の彷徨」が思い出されてしまうのです。

私はホームレス問題について、エラソーな書き方をしていますが、
実は私も最近までホームレスに対しては偏見の目で見ていたのです。もうやだ〜(悲しい顔)

そういう「自責の念」もあって、このシリーズを書いているのです。もうやだ〜(悲しい顔)

ホームレスを襲撃したり、資源ゴミをあさっているのを邪魔したりは
さすがにしませんでしたが、
・ 怠けている
・ やる気があれば生還できるのに
・ ノラ犬と同じだ
・ 関わりあわないようにしよう
という差別や偏見の目でみていたのです。もうやだ〜(悲しい顔)

さすがにNPOとかの具体的な支援活動まではしないのですが、
少なくとも偏見の目で見ることはなくなりました。

今回の大阪市での市側とホームレスの衝突を見ていて、
「テントやダンボールでの住居が合法であるかないか」
という問題よりも、
“人権”として考えると「居住権」という生き抜くための住居権利は、
困窮した人々がたとえ野宿であっても
自らの住居を確保し、生き抜いていくという権利は
認められて当然だと思うのです。

060205ネコ.jpg
7.ホームレス問題解決の糸口
「ホームレスを甘やかすな」というお叱りを受けそうですが、
以下は1つの「叩き台」として捉えてください。

・ ホームレス対策は住宅政策を優先させて、
  行政が具体的な対策案を打ち出すべき、という考え方

日本の国家自体が700兆円の借金を抱えていますから、
国が株式会社ならとうの昔に破産している状態で、
経済学者の中には「デフォルト」を論じる人も出ています。

当然地方財政も逼迫し、すでにデフォルト状態の市町村も出現しています。

小泉将軍様は中央優先・弱者切捨て方針ですから、
「生活保護」すら縮小化の方針でいることもふまえて、
あえて「住居確保を優先させるべき」という理由は、
住居の確保は生活保護受給につながり、就職の要件になる
ためだと思うからです。

しかし、住居の確保のためには保証人が必要で、
ホームレスはその保証人が確保できません。

したがって、ホームレスを支える人間関係=社会的ネットワークづくりが
問題解決のはじまりであり最終目標になるのではないか、と考えたわけです。

ホームレス対策に本気で取組むのであれば、
社会的サポート体制づくりを基本として、
住宅、就労などの具体的対策を組み合わせていく
総合的対策を取るべきだと思います。


「就労自立」を基本とするホームレス支援法のシナリオは、
就労可能な一部のホームレス支援対策にしかなりません。

高齢ホームレスや障害をもって
自立の意思があっても就労の出来ないホームレスには、
最後の砦として「生活保護」という社会的安全網が用意されているのですが、
これは
「65歳以上もしくは住居がなければ生活保護の受給が出来ない」
という違法な運用がなされているのが現状で、有名無実と化しています。

住宅の確保が出来ないホームレスたちは、
65歳以上になるまで野宿生活でしのぐ以外に方法はない、
ということなのです。

今後はホームレスが高齢化するにしたがって
(現在の平均年齢は約55歳と言われています)、
ますます福祉制度(生活保護の利用)が必要となるでしょう。

野宿生活が長期化して、それなりの“自立”を遂げているホームレスは、
自立支援センター中心の対策には乗りにくいのが現状ですが、
高齢化の進行によって、いずれ野宿をやめざるを得ない日が来るわけです。

野宿生活が長期化ホームレスが野宿生活で得た資源を生かした支援策を打ち出して、
野宿生活を中止する方策を考える必要があると思うのです。

そのためにも現行の住居の確保がなされないままに就労を求める支援方法は
是正されるべきでしょう。

まず住居の確保をした上で、
公的対策による雇用創出の必要があろうかと思います。

例えば、
・ 資源ゴミの回収
・ 街路樹の剪定作業
・ 公園や道路、公共施設の清掃作業
・ 雪国では雪下ろし・雪かき作業
などは、
市町村行政の公的対策で雇用創出の道はあるのではないかと思うのです。

支援団体やNPOが予算の半額で入札すれば、落札可能ですから、
行政のムダな予算も圧縮できる可能性もあります。

また、高齢ホームレスや障害をもつホームレスには、
生活保護を受けたうえで仕事をする「半福祉・半就労」といった、
就労意欲を生かした支援のあり方や生活保護制度の適正な運用も求められます。

ホームレスとは、
 「一時的にホームレスの状態に甘んじてしまったが、
  人間としての“誇り”があって、
  いつか普通の暮らしに戻りたいと願っている人たち」
と定義したいと私は思っています。


ホームレスのシリーズは、とりあえず今回で終了します。

何か社会的に大きな変化や事件があったときに、また触れてみたいと思います。

ここまでご覧になられた人は、なかなか忍耐強いですね。
私もシリーズの最終回がこんなに長くなるとは思いませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)


posted by RIUさん at 12:28| Comment(0) | TrackBack(1) | ホームレスの社会経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

ヤツの周りは“サギ”だらけ!

今日は朝から忙しくて、しょーもない内容になってしまいました。

普段でもあっち飛び、こっち飛びの精神分列気味の内容なのですが、
今日のは特に次元が低くなってしまいました。

ヤツ犬は、毎朝天気に関係なく海への散歩は継続しています。
060203白サギ1.jpg
海には白サギがいて小魚を食べているのですが、
ヤツ犬にとっては、縄張りである海岸にサギがいることが気に食わないので、
近くで見つけるたびに追い立てに行きます。
060203ヤツとサギ.jpg
白サギはヤツ犬より賢いので、
ヤツ犬が近づいた気配だけで飛んでいってしまいます。

よく考えると、ヤツ犬の周りには白くないサギがたくさんいます。
060203豚親子.jpg
最近の豚親子もサギになりますよね。

060203ニセモノ5.jpg060203ニセモノ12.jpg
これもサギでしょうか。

0602031ニセモノ10.jpg
これもサギ。

060203ニセモノ8.jpg
これもサギ。

060203ニセモノ4.jpg
これもサギ。

060203ニセモノ9.jpg
これも。

060203ニセモノ3.jpg
残念ながらこれも?

060203ニセモノ2.jpg
これも。

060203ニセモノ1.jpg
これも。

060203ニセモノ9.jpg
ここにもサギが沢山います。

飛べないサギは、いずれ暴かれる運命にあるのです。

posted by RIUさん at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 詐欺事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

今日の「節分」で、ヤツは当然“鬼”の役

060203節分5.jpg
節分とは「季節を分ける」と書きますから、
季節を分ける意味の
・ 立春
・ 立夏
・ 立秋
・ 立冬
の前日は、本来“節分”というらしいです。

現在の“節分”が「立春」の前日に落ち着いた由来は、
旧暦の時代から、冬から春になる時期を一年の境として、
現在の大晦日と同じように考えられていた習慣(「立春正月」)から、
特に「立春」前の“節分”が他の“節分”よりも
重要視されたのではないかと言われています。

060203節分2.jpg
「立春」の“節分”に豆をまく「豆まき」の行事は、
「追儺(ついな)」という、中国から伝わった風習です。

「追儺」の行事は、俗に
・ 鬼やらい
・ なやらい
・ 鬼走り
・ 厄払い
・ 厄おとし
・ 厄神送り
等と呼ばれて、
疫病などをもたらす悪い鬼を追い払う儀式で、
今から1300年前の文武天皇の慶雲3年(706年)に、
疫病が大発生して多くの百姓が死んだため、
その疫気を払うために「土牛」を作り、
宮中で「追儺」の儀式が初めて行われました(日本書紀)。

この「土牛」を使う儀式は
中国の礼記に「土牛を作りて寒気を送る」とあることを
参考にしたものらしいですが、
数年前にTVや映画で仕掛けられたブーム・陰陽師(おんみょうじ)たちによって
やり方が確立されていったようです。

そもそも「鬼」という字は「おに」と読みますが、
「おに」という日本語はもともと「おん」つまり「陰」のことなのです。

目に見えない気、主として邪気のことを「おに」と言ったわけですが、
十二支の丑(うし)というのも陰陽でいうと陰になりますから、
いろいろととこの行事には符合があるわけです。

ちなみに鬼が牛の角を付け、
虎の皮のパンツをはくようになったのは後世のことです。

このときも鬼門が丑寅の方角なので、
牛と虎に関したものを身に付けるようになったというわけです。

平安時代の宮中の追儺(ついな)の儀式では陰陽師が祭文を読み、
黄金の4つ目の怖い面をつけた方相氏が“矛”と“盾”を持ち、
その矛を地面に打ち鳴らしながら「鬼やらい、鬼やらい」と言って
宮中を歩き回るのだそうです。

そしてその後には殿上人たちが桃の弓と葦の矢を持って続くのです。

桃や葦にも古来より邪気を祓う力があるとされていました。

「矛盾」という、正反対の言い方の言葉も、このあたりから出てきたのですね。

恐るべき陰陽師exclamation

060203節分1.jpg
節分の日には、炒った豆を年神に供えたあと、
その豆を年男(その年の干支の生まれ)が
「鬼は外、鬼は外、福は内」と口では言いながら、
頭の中では後始末し易い場所を選んで豆を蒔きます。

このとき蒔かれた豆を自分の年の数だけあるいは、
年の数+1だけ拾って食べ、一年の無病息災を願う風習があります。

この「鬼は外」については、
宮中で行われていた「追儺(ついな)」の行事と
寺社が邪気をはらうために行った「豆打ち」の儀式が
融合したものだと伝えられています。

追儺(ついな)は「弓矢などで悪鬼、厄神などを追い払う行事」で、
年の暮れに行われていました。

豆打ちは豆まきともいわれ、
その言葉通り豆やカチグリを蒔いたもので、節分の日に行われていたのです。

昔は、穀物や果実には「邪気を払う霊力」があると考えられていたので、
「豆を蒔くことで豆の霊力により邪気を払い、福を呼び込む」
と考えたようです。

恐るべき陰陽師exclamation

古代?高天原に住むイザナギ(男神)が
黄泉の国の亡者を追い払うのに桃を投げつけるなどの神話も、
穀物や果実の霊力によって邪気を払うという点では同じなのですね。


060203節分4.jpg
節分に巻き寿司を食べる風習は、
・ 「福を巻き込む」という意味
・ 「縁を切らない」という意味
が込められていて、
その年の歳徳神(吉神)が鎮座する恵方(えほう)に向かって
巻き寿司を丸かぶりするようになったといわれています。

キュウリが「青鬼」。ニンジンが「赤鬼」、
卵焼きが「毛糸のパンツ」を意味しているのでしょうかexclamation&question

今年の恵方の方角は「南南東」ですから、
方位磁石に従って、「南南東」を向いて食べてみて下さい。

今日だけは適当ではダメなのです。

節分に巻き寿司を食べる風習は、主に関西地方で行われていたものですが、
昭和30年代に大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行った
「巻き寿司のまるかぶり」の行事をマスコミが取り上げ、
それを見た全国の食品メーカーが便乗して全国へ普及したようです。

バレンタインデーやホワイトデー、
クリスマス(日本はキリスト教徒は少ないはず)、ハロウィン、
みんな仕掛けられた記念日ですね。

だからバレンタインデーにチョコなんか買っても、
喜ぶのは菓子メーカーと売り場だけなんですよexclamation

チョコを貰った人も、ホワイトデーのことを考えると
ありがた迷惑なんですよexclamation

最近貰ったことがないからどーでもいいんですけど。

沖縄でも「恵方(えほう)巻き」が、
節分に限らず、スーパーの惣菜コーナーでは一年中売られていますが、
沖縄では一年中福を巻き込みたいからなのでしょうかexclamation&question

060203節分3.jpg
節分の風習
・イワシの頭
 「鰯(いわし)の頭も信心」などといわれる鰯(いわし)の頭を焼いて、
  ヒイラギの枝に刺し、家の入り口に差す風習があります。
  これは鰯の頭の悪臭で、邪気が家に入るのを防ぐという
  魔除けの意味のようです。
  「邪気」も悪臭は苦手と見えます。

・全国から追い払われた鬼を救い、仏門に帰依させる場所
  群馬県鬼石町
  奈良県吉野の蔵王堂の節分会

最後のヤツ犬の画像は、郵便配達の方に
威嚇している“雄姿”です。
相手が攻撃してこないと分かっているから、
小心のヤツ犬はますます凄みます。もうやだ〜(悲しい顔)

そういえば、我が家も「鬼は〜内!福は〜外!」状態でしたexclamationもうやだ〜(悲しい顔)
posted by RIUさん at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | RIUさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。